FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/-- --:-- | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
隠された危険:核兵器施設周辺の集落で放射性のほこりが発見された(ロサンゼルスタイムスより)
2018/10/05 06:46 | 環境問題 | C:0 | T: 0
ロサンゼルスタイムスに、アメリカの放射性物質汚染の記事があったので、勉強のために読んでいます。
紹介のために、粗い不正確な訳ですが読んだ分まで載せておきます(しかもはしょっています)。
あくまで自分用のメモ程度ですので、正確な情報は元記事(英文)を読んでください、よろしくお願いします。
(今全分を書く時間が無いので、また時間ができたら続きを書きたいです)

http://www.latimes.com/local/california/la-na-radiation-hazards-2018-story.html

米国の核施設の周りには今まで知られていたよりもより大きな危険があるとMarco Kaltofenは言う。
核の夜明けにフランクリンルーズベルトの政府(1933-1945就任)は国の主要な核兵器の製造、研究施設を大きな孤立した特別保留地に設置した(外国のスパイから隔てるため、公衆を未知の危険から守るため)。

1980年代後半(米ソ冷戦の終わり)まででSouth Carolina, Tennessee, New Mexico, Colorado, Ohio, Washingtonなどが放射性物質で汚染され、永久に人は住めないと思われた。
最近の調査が正しいとするとさらに複雑な問題が出てくるだろう。
マサチューセッツの科学者らの研究によると、プルトニウム、トリウム、ウランの目に見えない粒子が家庭のほこり、自動車の空気清浄機、半世紀にわたり国の核兵器の備蓄に寄与した工場・研究所の外のハイキング道から見つかった。
この発見は政府が核兵器の放射性副生成物の制御を失っていたという証拠を提供している。

核兵器の法医学の専門家, Marco Kaltofen, によると、集落から収集したサンプルの粒子サイズは広い幅があった。吸い込んだ場合、一生のうちには国の基準を超えてしまう。もし粒子を二つ吸い込んでしまえば、職業基準では、一生分の許容量を超えてしまい、しかもそれが検出される確率は低い。

米国エネルギー省はこれくらいは健康に問題にならないほどの量だとする。この様な自信は、核施設の労働者、組合、環境を監視する活動家により否定された。

大気中の核兵器実験にさらされた「風下の住民」は否定されてきた長い歴史がある。「エネルギー省の自己申告を信用することはできない。低いレベルの放射性物質は危険ではないというのは受け入れることはできない。」

もう一つの監視グループの常任理事, Tom Carpenter, は去年「エネルギー省は、閉鎖された核兵器工場(プルトニウム処理工場)の解体中に未知の量の放射性物質を放出した。」と言った。

2017年に一連の3回の放出を行った後、エネルギー省は解体を一時休業し、再開はこれからだ。52人の労働者がこの件で被ばくした。

「もしあなたが炭鉱で働いたら、石炭の粉を体に付けて家に帰るだろう。」Carpenterは言った。「繊維工場でも同じだ。あなたは綿のダストと家に帰る。これらの労働者たちはプルトニウムのダストといっしょに家に帰ったのだ。」

8月に完了したKaltofenによる2番目の研究の中で、彼は、ワシントン州リッチランド近くのハンフォード核施設の周囲のいくつかの集落から集めた30サンプル中にかなり高いレベルの放射能を見つけたと報告した。このサンプルからハンフォード核施設の中から運転されてきた個人の車両の汚染が見つけられ、この事は整備工たちがこの車両の周りで作業したら被曝してしまうだろう、と、この報告中で述べられた。

Kaltofenはまたあるエネルギー省契約者(ワシントン川保護ソリューションズ 注1)による3月のある内部研究を閲覧し、労働者たちの被ばく量は95ミリレム(mrem)と計算され、それは連邦環境保護庁の基準の大体10倍であることを発見した。
(つづく)



「あなたは入口モニターを、それをオフにすることなく通り抜けられます、だけどかなりの量のエネルギーを体の中の粒子から受けれますよ」と彼は言った。



注1 Washington River Protection Solutions
https://wrpstoc.com/



スポンサーサイト
サーターアンダギーを食べてお祝いしようと
2018/09/30 23:42 | 選挙 | C:0 | T: 0
ああ嬉しい、ああ嬉しい

玉城デニーさん当選おめでとうございます。
嬉し過ぎて、サーターアンダギーを食べてお祝いしよう!!!
と思って。
買っておいて一つ残っていたのを食べようと。
夜中だけど、いいや、だって嬉しいんだもん!

あれ? サーターアンダギーない!!!!!!!!!

食べられてしまっていた。。。。。。。。

-------------------------------
沖縄に旅行に行きたい。
今からでもすぐ行きたいけど、、、そのうち絶対に行きます。
たくさんおいしいものを食べて、大好きな植物を見て。
ゆっくりと街を歩きたいです。
私の様に思う人はきっと多いはずです。
ああ、沖縄の方達がまぶしい!

絶対に、デニーさん当選は、沖縄に人を呼び寄せます!
たくさん人が来て、お店も繁盛します!
いろんな良い効果がたくさんあるはず。

お め で と う ご ざ い ま す



50円隊  もとい 8円隊(五毛党)
2018/09/25 00:00 | 社会 | C:0 | T: 0
たまたまBBCのニュース(英語)を読んでいたら面白いことが書いてありました。

https://www.bbc.com/news/world-asia-china-43198404

さかのぼって今年の2月の記事を読んでいたんですが。
中国は、国家主席の任期を「2期10年まで」とする憲法の条文を削除する改正案を発表して、その後にネットやメディアの検閲がどう変わったか。
っていう内容なんですが。(日本語にBBCサイトではどうもこの記事ないみたいです)
中国のネットは検閲がすごくきついらしく、それについてのネガティブなコメントは検索しても表示されないようになっていて、習主席のニックネーム(軽蔑のニュアンスを含む)である「Winnie the Pooh」 くまのぷーさん も、規制されているそうなんです。
(そして、我が国の首相と習主席が握手する写真の横には、ロバさんとぷーさんの絵が!!! ロバさんが何となくお気の毒です。)

中国は何百万人も、インターネットのモニターと検閲に雇っている。
だから、上の憲法改正の記事にも、「いいね」とか、「賛成」とかばっかり付くようになる。
国営メディアは賛成の学者さんの記事を取り上げる。
そして、何が面白かったかというと、中国にははした金で雇われてインターネットに政府寄りのコメントをするコメンテーターを"50 Cent Party"っていうニックネームで呼んでいるっていうのが。(中国語:五毛党)
(下にその文を引用させてもらいます)
They are likely to be from China's "50 Cent Party" - a nickname coined for internet commentators who are paid small amounts to post messages supporting the government's position.

50セントってまあ日本円にしたら50円くらいと考えると、50円隊とか、50円党 とかでしょうか。
これってまるで日本とそっくりだなあって思ったのです。
日本もネットの世界の規制がものすごくひどくて、メディアの内容が海外と全然違って。
憲法改正、、、日本の今、将来を見ているようでこわいです。


-----------------------------------------
2018 9/25追記

"50 Cent Party"のCentは、人民元が基準で、ドルではないという情報を発見しました。

https://www.voanews.com/a/who-is-that-chinese-troll/3540663.html

Centは100分の1のことだから、50 Cent は、1人民元の半分くらいのことなのでしょう。
今の為替だと 8円くらいです。
政府寄りのコメントを一個すると、8円もらえるんだそうです。
人数は50万~2百万人 だとあります。

角(10分の1元)は口語では毛と言うのだそうです。

http://chugokugo-script.net/kiso/okane.html

だから、五毛は五角のこと、0.5元のことなのですね。
いまだったら、8円隊です。
この記事の題を 50円隊 から改めさせていただきます。
ヨウ素129の半減期 約4回分前には、恐竜がいたんですね。 
2018/09/04 01:49 | 原発 | C:0 | T: 0
こんにちは。
私は生き物の話が好きなので、今日は何気なくニュースでpterosaurs プテロサウルスのビデオ(BBC)を見ていました。

https://www.bbc.co.uk/news/av/world-latin-america-21899635/reconstructed-skeleton-of-giant-pterosaur-unveiled-in-brazil

翼竜ってなんてかっこいいのだろう、こんなのが空を飛んでいたんだー、太古の昔には。
そしたら恐竜っていつくらいまでいたのかなぁ、なんて気になっていろいろ見てみると、大体6600万年前くらいと出てきました。
それくらい前には空を飛ぶ恐竜がいたんですね~

6600万年?

え? これってなんかヨウ素129の半減期で見た数字と近くない???
う、まさかね。
と思ったけど見てみたら ヨウ素129の半減期は、1570万年・・・
前自分のブログでも書いていました。
これって、今太平洋に捨てようとしている福島原発の汚染水に入っているヨウ素129の半減期の約4倍(濃度は16分の1にしかならない)なんだ。
しかも生き物は体にヨウ素を蓄えるし、一度環境に放出したら回収できない、、、そんなものを、たった数十年のあほらしい発電方法の後始末として惑星全体を汚染しようとしているんだね。

事故ってからずっと経過を見ているけど、ぜんぜんまともに保管する気が無いじゃないの。。。あわよくば環境中に流しちゃえって。

なんて人間って馬鹿なんでしょ。
なんて日本人って馬鹿でひどいんでしょ。


---------------------------------------------
関連のあるブログ内記事
福島 空間線量が下がっても元には戻らないもの~ヨウ素129~
http://gosenshitosyukiritsu.blog.fc2.com/blog-entry-250.html
西日本豪雨災害に直面して思う事
2018/08/04 03:25 | 私の日常 | C:0 | T: 0
西日本豪雨災害は広範囲にツメ跡を残し、たくさんの犠牲者の方がおり、いまだほとんどの被害者の方は日常生活に戻れていません。
犠牲者の方々のご冥福を心よりお祈りいたします。
また、被災され大変な思いをされている方達には心よりお見舞い申し上げます。

私の住んでいる地域、知人、友人のいる地域は相当被害が重いところもあり、体力のない自分も何とかお手伝いをしようとできることをしています。
周りの方達の思いやりや実行力はたいしたもので、被災者の方々を確実に元気づけていると思います。

被災って、物質的、金銭的なダメージと、精神的なダメージとあって、「ボランティアや友人知人、地域のネットワークで解決できる問題は後者であることが多い」と感じています。
東日本大震災などの他の災害を思い起こしても感じることですが、被災に占める精神的ダメージってかなり大きくて、生活がめためたになって茫然として冷静に考えられる状態にない被災者の方々を救えるのは、以前よりつながりのある地域の力であると痛感しています。その暖かさ、精神的に支えられることがどんなに大事か、痛感します。

同時に、私が切に今感じていることを書きます。

◆国がだめだってこと。
水害にあったその時に、助けてくれと連絡しても、いろんな事情で救助が来ない(そんな状況でたくさんの方が亡くなりました)、自分は家族とともに死ぬかもしれない、そういうすさまじい状況で、やれあの町、市の防災体制はどうだからなんて、そんな問題をつついても解決なんかできない、そんなときにどうにかできる判断なんて、国、県のレベルじゃなきゃどうにもならない。
国がどれだけだめかってこと。
結局命を救ったのが民間人の自分の命を危険に晒した救助行為で、プロは? 救助のための機材は? 一体その時どうしていたの?
他の所に使うお金はたんまりあるんだから、その水害がある地域に、人材と機材と指示があれば失われないで済んだ人命はたくさんあったと思える状況だ。
こんなの国の怠慢による殺人だと思う。
いったいこんな恐ろしい思いをして人が死んでいっている間に、そういう人たちから税金をむしり取ってきた国の責任ある人達は7/6~7に何していたんだよ!
正に人が溺れ死んでいた時に!!!
水に沈んだら、「2~3日したら助けに行きます」じゃ済まないんだよ!!!
どうか被災地の方々はこんな国じゃこれからも天災から人の命を守れないってことをもっと自覚してほしい!!!
そういう事をしっかりやるために普段税金を払ってきたんじゃないの?


◆ボランティアじゃどうにもならない
被災した知人にお手伝いを申し出ても、「かえって二次災害が危険なのでできることはないです」と言われてしまうことがある。
私は体力もないし、重機も使えないし、あそこまでひどい災害だと素人の出番は無い。
被災者は被災者で、家族の面倒や手続き、仕事や生活の復旧に忙しく、誰に何を頼んだらもっとうまくいくだろうなどと知人の采配を考える余裕も無い。
「ボランティアがもっといたらいい」というボランティアは、相当体力のある人達のことを指す。
そんな人、全人口の中のほんの一部だ。
たいていそういう人たちは普段から忙しいので平日にボラなんて絶対無理、休日に行くのはかなり負担をかける。
ボラの内容も、「重機があったらもっと楽なのでは?」ってこともあり、なんでこれをこんなつらい状況で、重機無しで手作業でやる?って思うこともある。
水の復旧、水圧がある事、それだけでもものすごく復旧は進む。それはボラじゃどうしようもない!!!
水、下水が戻らないと手伝いにも入れない、それがすごく遅い。
国、県の力がたらない分を、重機無しで民間人が補っているという状態に見える。
むしろこんなに「ボランティアがたりません」って宣伝して、元気な人たちを疲れさせ続けたら回っているところさえ疲弊するんじゃないかと思う。


◆この状態で原発(核施設)が事故っていたらどうなったか考えてほしい。東日本大震災では原発が爆発して、下のような問題が並行してあった。

①放射能があって救助に行けない。放射能汚染がひどい地域には救助の人が入れない。福島原発事故では救助に入る人は被ばく覚悟だった。

②飲み水が制約された。(広範囲に放射性ヨウ素が出て水道水が汚染されたので、ペットボドルが売り切れて、乳児のいる家庭では他の災害が無くても給水車) 結果的に、親戚の乳児のいる家庭のためにうちにある水は全部差し出しました。自分たちの飲む分は無くなった。水の汚染は相当長く続いた。

③マスクが売り切れた。マスクする必要があるなんてほとんどアナウンスされていなかった(むしろ要らないと言われていた)、にもかかわらず、しばらく店頭から消えた。

④安全な食べ物がわからない。 災害直後に、地場産の特産品が基準値を超えた放射性物質が検出されて出荷規制を受けた。地震、水害などの被害があって、更に水害などの被害を直接受けていない食べ物まで食べることができなくなった。

⑤国が言っていることが信用できない。 放射能汚染について、原発が爆発した直後に今までは危険とされていたものが急に「大丈夫」になって、子供まで汚染のある地域で運動しても良くなった。とにかく何でも「風評被害」になり、事故ったからと言って人が急に強くなるわけじゃなし、おかしいことの連続!!! 事故ったからといって放射性物質で汚染されたごみを一般ごみと混ぜて焼却したりセメントに混ぜて出荷してみたり、公共工事に使ったり、安全と言い張っていろんなところにばらまこうとする国の態度は全く信用できなかった。

⑥事故っても責任取らないってこと 今の状況を見たらわかること。

⑦環境汚染なんて見向きもしない 今の福島の汚染水放出、計画性の無さを見ればわかること。「風評被害」って言って人のせいにすることしかしない。

原発や核施設の事故は、水害にからめて起こるんだってことをどうか忘れないでもらいたいです!!!水害で電源が喪失したらそれがもとで事故になってしまうんだってこと。
人命救助や復旧で忙しい中、更に放射能漏れがあったら、沢山の人が被曝してしまうんだってこと。
そして、放射性物質は目に見えない、色も無い、匂いも味も無いから、どれだけ被ばくしても気付かない、どれだけ被ばくしたか後で全くわからない、緊急時にそんなことを調べる能力も無いんだってこと。むしろわからなくさせられること。つまり都合よくうやむやにされてしまうってこと。

今回みたいに豪雨の災害があった時に、もし核施設で事故が起こったら、泣き面に蜂どころかその地域がまるまる居住不可能になってしまうんだよ!!! 福島事故を見ていたらそれはわかると思う。
今もまだ帰れない人がたくさんいるってこと、まだたくさんの汚染が残っていてあと何十年、何百年かかるかわからない(恐らくそれでも無理)ってこと。

私は犠牲者の方達には本当に気の毒で言葉も無いけれど。
今回核事故が無かったから不幸中の幸いだったと思っています。
防災の見直しをしてほしい。
もし核関係が事故ったら200~300kmの距離まで充分影響があるってこと。
福島の事故で、千葉県、東京都のあたりまで普通にたくさんの土壌汚染、出荷規制が出たんです。今でも続いている。

絶対に町とか市とかの小さな地域での防災対応だけじゃだめなんです!!!
国を何とかしなきゃだめなんです。


私の周りの方達、防災に一生懸命になって下さっていてすごく素晴らしいけど、ほとんどの方が、「市」に依存しすぎていて怖い!!!
どの市に住んでいるかで防災の対応が違うなんて、命にかかわる事なのにおかしいでしょ!!!
下手をするとそれは、国のだめさ加減を隠す目くらましだよ!
原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。