FC2ブログ
中国地方 移住情報
2015/03/14 13:04 | 移住 | C:0 | T: 0
一つ前の記事に中国地方の保養情報を載せてありますが、そこにも移住関係の情報があります。


(岡山県)
おかやま晴れの国ぐらしIJU(いじゅう)アドバイザーのご案内
http://www.okayama-inaka.jp/prefecture/topics/20131118132431.html

岡山市に移住・定住するための情報サイト おかやま生活
https://okayama-life.jp/
仕事 就農支援 のページには、岡山県や岡山市、農業関係団体等が共同で実施する研修制度の紹介があります。
岡山県や岡山市では、新規就農を希望する方のために各種研修制度を設けており、中には研修費が支給されるものもあるようです。

(以下引用)
農業体験・実務研修
岡山県や岡山市、農業関係団体等が共同で実施する研修制度です。
55歳未満の方で、原則、県内に就農しようとする農家出身でない方が対象です。
1ヶ月間農家等で滞在する「農業体験研修」と2年以内の実践的な研修を行う「農業実務研修」がセットになっています。なお、実務研修期間中は、研修費として年間150万円が支給されます。
(引用ここまで)

お試し住宅 格安で借りられる住宅が9戸あるそうです。現在ふさがっているそうですが、空いたら募集とのことです。
https://okayama-life.jp/house/try/

岡山県高梁市 移住・定住情報サイト 住もうよ高梁
http://www.city.takahashi.okayama.jp/site/sumouyo/
体験談
http://www.city.takahashi.okayama.jp/site/sumouyo/iju-taikendan.html

岡山県内の電車の本数が増える計画があります。こちらをご覧ください。
http://www.sanyonews.jp/article/113146/1


(広島県)
広島県 交流移住ポータルサイト 広島暮らし
http://www.city.takahashi.okayama.jp/site/sumouyo/iju-taikendan.html

広島県安芸太田町にはお試し体験住宅があるのですね。
http://www.akiota.jp/kanko/trial_house.html
空き家バンクの情報もあります。見ているだけでほっこりしてしまいます。
http://www.akiota.jp/chiki/akiyabank.html

広島県府中市 移住希望者のお手伝いの情報のあるページ。
http://www.fuchu-albatross.org/

広島県内の可部線の延伸についての情報があります。新駅舎2017年春開業だそうです。
http://response.jp/article/2015/02/10/243973.html

(山口県)
JOINニッポン移住交流ナビ
http://www.iju-join.jp/prefecturepages/yamaguchi
こちらのサイトさんは、日本中の地域で検索ができるようになっているようです。

やまぐちお試し暮らし制度
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a10000/otameshi/otameshigurashi.html

本気に田舎暮らし!!
http://www.mjna50.net/1-yamaguti.html

(島根県)
ふるさと島根定住財団
http://www.teiju.or.jp/

くらしまねっと
http://www.kurashimanet.jp/experience/industry/
余談ですが、こちらのページのイラストで、吉田君(鷹の爪団に出てくるキャラ)を発見して、一人で盛り上がってしまったタラの芽天ぷらです。
私、蛙男商会さんのファンなもので、、、もうそれだけでもこのページ、見る価値があります!(ご興味ない方にはすみませんでした。。。)

(鳥取県)
鳥取県移住定住サポートセンター
http://furusato.tori-info.co.jp/iju
お試し住宅の情報が数多くありますね。
格安で泊まれるものもあれば、中には温泉付きなんていうのも。(ちょっとお高いですが、でも一般のところより安そうです。)


【自分が移住先を探した時に感じた事】

生活に必要な電車バスなどの交通機関は行って確認したり、地元の人に聞くと、確実。うちの近所ではバス路線が廃止になっていたりもしました。(駅が近いので大丈夫でした)

仕事についても、地元で無料の求人誌を集めて見たり、町を歩けばなんとなく傾向がわかったりします。

泊まる場所は、自分の場合は、知人宅、ゲストハウス(2500円/泊)、駅前ホテル(4500円/泊)、外国人観光客用ゲストハウス(3500円/泊)などでした。
(知人がいる方は、頼んでどんどん泊まらせてもらったら助かりますし、情報ももらえます。)

泊まる場所の近くに、すぐ食料が買えるお店がある方がいいと思います。
一度、雨の中を不動産屋めぐりをした後に体調が悪くなってしまい、丸一日ホテルでばてていたことがあります。。。
そんな時も、すぐ近くに食べる物が買える店があれば、心強いものです。

移住先を探す作業は、なかなか時間もかかり大変でしたが、初めて訪れる土地ばかりで珍しさもあり、今思い返すとなかなか楽しかったです!
ゲストハウスやホテルなどのスタッフの方たちはとても感じが良く親切でした。

(情報は、2015年3月上旬現在のものですので、変更もあり得るので再度ご確認をお願いいたします)

スポンサーサイト
空いている土地がたくさんあるなあ
2014/03/12 02:28 | 移住 | C:0 | T: 0
こんばんは。
先日、このブログのジャンルを音楽から日記に変更しました。
あまり音楽の内容を書けない日々が続いていますので、そう判断しました。

こちらに来てから(今年に入ってから東京から中国地方に移住しました)感じることはたくさんあるのですが、その一つに、土地の使い方が東京とだいぶ違うなあ、というのがあります。
私の住んでいるうちはすごく小さくて狭いけど、大体のおうちが、敷地が広くて、家も大きくて、庭にもう一軒建ちそうな家も多く、しかも庭に何にもなかったりするのです。
ここは公園?と思ったら、何にもない庭だったりします。

道路も広くて、田んぼや畑が多いので見通しも良く、近くにちゃんと林や広い境内のある寺が残っています。
広い河川敷のある川もあります。

しかし、たまに、この土地は何に使われているのかな?
って思う場所もあるのです。結構多くあります。

たとえば、駐車場みたいに舗装されているけど、いつ見てもぜんぜん車が止まってない。
とか、空き地みたいだけど、端っこに廃材が積んであって、そのままほったらかされている風。
やたら駐車場が広い飲食店とかコンビニとかホームセンターとか。

自然のまま雑木林になっているのは、私はとても好きで、人が住んでいるスペースも必要。
あれ?って思うのは、その中間の、中途半端に人の手が入って(砂利とか、舗装とか、廃屋とか)そのままほったらかされていたりどう見てもこんな広さいらないのに、って思う土地が多いなあ、と思いました。

家探ししているとき不動産屋さんに聞いた話したのですが、ここらの人は、敷地内に使っていない棟があったりして、「貸家にしませんか?」といっても、すぐに貸さないんですよ。
ご近所もそうしているならそうするけど、そうじゃないならやらないって言うんですって。
別に貸さないと困るわけじゃないし。。。うちだけ人と違うことしたくない、と思うらしいです。

私は以前から、被曝を避けて移住できる人がひとりでも増えて欲しいと思っていたので、そういう土地とか家を見ると、すぐ、もったいないなあ、と思ってしまうのです。

それで今日、福島第一原発から20キロ圏内の田村市都路地区が避難解除されることになったというニュースを聞いて、やっぱりどうしても思ってしまったのです。
同じ国内で、こんなに土地や家があるのに、まだもくもく出ている近くに、また何か爆発でもあったら真っ先に危険を被る地域に、帰還させるんだ。
20kmってものすごく短い距離だよ。
風速10m毎秒だったら、運が悪けりゃ爆発したら30分ちょっと。
それより近いところに住むという事。
帰りたい人はしょうがないけど、汚染のある地域に帰る人ばかりに有利になる補助金って、すごく異常なことだよ。

そういうニュースに以前から狂気を感じていましたが、西日本に来て、中途半端にされている土地を見つけると余計思うようになりました。

移住にご興味ある方は、以下の記事を是非読んでください。(ブログ内関連記事)

記事題名: 東日本の、土壌汚染の激しい農地の農家さん、西日本に来ませんか。
http://gosenshitosyukiritsu.blog.fc2.com/blog-entry-188.html
トイレの工事
2014/02/28 10:57 | 移住 | C:12 | T: 0
さて、田舎への移住を考えている方にとって、住むおうちのお手洗いの問題って、結構あると思うのです。
東京より、やっぱりその点は整備されていないという感じはします。

賃貸の場合でも、交渉によっては、工事させてもらえる場合があります。
もし、自分たちがその物件を出て行くときに、次に住む人にとって、魅力的な設備であれば、残していったほうが大家さんも喜ぶ場合があります。

工事するなら、地元の業者さんのほうが、信頼できるなあという気はしていました。
田舎だと、みんな知り合いなんです。
だから、へんなことができない、というのがあるみたいで、うちの場合も、工事を地元の業者さんに頼んだら、大家さんと知り合いでした。

そして、地方の工務店さん、あまり、インターネットで部品などを検索したり発注したりすることに慣れていません。
なので、全部工務店さんに任せると、結構高額になってしまうため、うちは使用機材などは自分たちでネットで安くて性能の十分なものを探して通販でそろえて、工事だけを地元の工務店さんに頼みました。
これで、かなり経費的には助かりました!

それから、トイレが工事中だと、その間、家族はトイレが使えません。
。。。これは大変ですよ~~~ぉ。。。

ここから先は、お食事中の方は控えてくださいね。。。

人間の排泄物って、もともとは、田舎では肥料なんですよね。。。だから、他人に迷惑をかけないように、上手に自然に戻せればいいとも思ったのです。
男性は、そういう点は、女性よりいろいろ楽ですよね。。。

問題は、「紙」だと思うのです!

で、思い出したのが、タイ旅行したときに学んだ、タイのトイレの使い方です。
タイで印象的だったのが、トイレの中に、水槽とひしゃくがあって、ひしゃくで水をすくって、それでお尻を洗うのです。
要は、、手動ウォッシュレットです!
あ、このやり方なら、紙使わないですむ!!!

というわけで、この方法です!!!
だんだん上手になってきました~~~ぁ!
最後は、タオルでぽんぽんと水気をふき取っておしまい。
すっきり、さっぱり、気持ちい~~ぃ!

冬は、ひしゃくの中に少し温かいお湯を入れて処理すると、楽ですよ!
トイレが使えなくても、風呂場でも物置でも、他人に見られないスペースさえあれば、この方法で、結構楽に処置できるようになりました!
大と小は、別々に処理したほうが、楽みたいに私は感じました。
場合によっては、大きめのバケツとか、すごく安価でカラフルなのが買えますし、大きめな発泡トレイなども、有効利用です。


。。。工夫次第で何とかなるもんなんだわ。。。

こんな風にしてね、自分の排泄、と向き合う、、、これも移住したからこその経験ですねぇぇぇぇぇ
なんだかおもしろいわ!!!

大変ではあるけどね。
さあて、もっと大きなスコップ買ってこようっと~~♪

何か自然災害が起きたときにも、こういうことを考えておくと、役に立つかもしれませんね! 大きめなバケツやひしゃくを用意しておいて、いざというときには風呂の残り湯か井戸水でもあれば長期間でも何とかなる!と思えば、気が楽です。災害に備えて、妙な自信もつく気がしました!

もちろん、何か、心落ち着くような、オリジナルなおまるがあれば、一番いいんですよね。。。そんなことも考えてしまう私です、。。

。。。ご参考までに、経験談でした。





移住に役に立つ情報あるかな
2014/02/09 23:39 | 移住 | C:4 | T: 0
あまりたいした事書けないけど。。。

移住するのに、気にする事は、持ち家の人はやっぱり自分の家をどうするか、ってことです。
これは、うまく知り合いなどに借りてくれる人がいれば、一番いいですよね。
誰も住んでない家は傷みやすいので。

そして、移住したあとも、元住んでいたところに、帰らなくてはいけない事というのは、結構あります。
親戚や友人との関係もありますし。
交通費が結構かかってしまうという心配もあります。
だけど、JRバスなどを使うと、新幹線の半額ほどで移動ができます。
バスは、平日と、休日(休日前)で驚くほど値段が違いますし、早く予定が立てられれば、早めに買って割引料金で乗る事もできます。
工夫次第でかなり何とかなります。

あと、東京で暮らしていたときより仕事が見つけにくい、というのはどうしてもありますけれど、考えてみれば、東京で水を買ったり、マスクを買ったり、保養に行ったり、西日本の野菜を取り寄せたりと、相当余計な出費を重ねていたので、ぽんと田舎にきてしまうと、驚くほど生活費がかからなくなって、気分的にはかなり楽です。

そして、野菜などの物価は本当に、安いです。野菜好きな私は、その点は生活しやすいです。
土地の魚なども。
東京で見かけなかったものなど、結構あります。大変だけど、毎日面白いです。

移住を考えている方へ
2014/01/19 13:09 | 移住 | C:4 | T: 0
今いろいろと、移住について渦中の私です。

同じような境遇の方に、参考になりそうなことを短く書いておきますので、気になったことがあったら、是非調べてみてください。

不動産屋回りをするときは、移住の理由について聞かれることがあります。「放射能から逃げたくて」などと、言わない方がいいかもしれません。(仕事の都合、とか、東京は空気が悪くて、、、くらいの方がいいかも)
というのは、私の経験なのですが、放射能が心配と、そういう風にはっきり言った場合、物件の紹介を頼んで個人情報を教えて東京に帰った後、連絡が来なかったからです。反対に、そういうことを一切言わないで紹介を頼んだ場合は、メールなどで物件紹介をしてくれました。
偶然かもしれません。
だけど、不動産屋さんはすでに、「関東東北からの避難者は、ローンを払いながら西日本で賃貸を探すから、経済的に苦しくて、値切ってくるから大変なんだ」と、こぼしていました。
そういう不動産業の方たちは、慈悲の心が無いのだろうか?と、ショックでしたけど、彼らにしてみたら、それが仕事なので、実入りがいい客の方がいいのです。
それに、西日本の人たちは、すごくのんきに「3年たつのにまだ福島原発事故片付いてないんだね~~~ !!」なんて言ってるんです。
すっかりテレビに毒されています。
なので、元から3年くらいで収束するわけないことをわかっている人たちから見たら、信じられないような状態なんです!!!
でも、それが現実なんです!!!
それで、東京から来たというと、スカイツリーを見に行きたいんだけどー、です!!!
まったくびっくりするくらい危機感のかけらもありません!!!
まあ、福島産農作物が安売りされていて、順調な売れ行きではないようでしたから、内心は少し不安があって、避けられるものなら不安なものは避けたいくらいには考えているのでしょうけどね。

それから、不動産屋さんは、もし、その土地に知り合いがいるなら、紹介してもらった方がいいと聞きました。そのほうが、あこぎな条件を吹っ掛けられないからと。
私は居なかったので、けっこう交渉に苦労しました。
不動産屋さんと交渉するには、以下のことを参考にしてください。

初めに、仲介手数料を聞く(早い段階で見積もりを取るとわかる)
ずっと仲介手数料を言わないでいて、いざ借りるとなると言ってくる業者がいます。もともと、仲介手数料は、払うとしても0.5か月分家賃でいいようですが、双方の了承があった場合のみ、1か月分家賃にしてよい、など、いろいろ取り決めがあるようです。安ければそれに越したことが無く、何も言わなければ、言い値になりますから、注意してください。まずご自分で調べてくださいね。

家賃保証会社 について。
家賃保証会社を通してくれと言われることがあります。これは結構高い場合があるのですが、交渉次第で、省略が可能です。例えば、その分敷金を増やす方がまし、など。
家賃保証会社は掛け捨てですが、敷金は、丁寧に住めばその分返ってくるものです。

契約の時には特約事項に注意して!
国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を、絶対に読んでください!
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/torikumi/honbun2.pdf

よく、退居の時のハウスクリーニング代を借主負担にされますが、それは借主が負担する必要のないものです。
注意していないと、どんどん不利な条件にされてしまいます!
まず、よくネットなどで調べてください。

入居するときは、すでに汚れがあったり設備が壊れていたりするものですから、写真を撮るとかして、退居の時に敷金から余計に引かれないように注意しましょうね。


それから、物件を探し回って思ったのですが、、、都内に比べて、とにかく安い!!!
東京では、学生用物件だって結構高いのに、地方では月額2万円からあるのです。。。
狭くたって、住めるし、空気がきれいなところなら、ずっと家にいる必要もなくて、どんどん散歩とかハイキングをすればよいのですから、小さい部屋だって住めればいいとも私は思いましたー。
なので、まず移り住んでしまって、もしどうしても移りたくなったら、また物件を探せばよい、それくらいに考えました。(家族には申し訳ないけど)
建物が古かったり、下水設備の関係でお手洗いが浄化槽清掃代がかかったり、和式だったり、いろいろするかもしれません。が、工夫次第で結構何とかなるものもあります。
まず、自然を楽しむつもりで、田舎へ行ってしまうのもいいのじゃないか、くらいに私は思っています。

それから、食べ物のことは、野菜とか、魚とか、びっくりするくらい簡単に土地のものが手に入るので、それはとてもうれしいことです!
だけど、加工品は産地が書いてないですから、依然として注意です。

走り書きですが、少しでも参考になればと思って書きました。

では、次の更新は移住後になると思うので、しばらくお休みです。
かなりやることが多くて、でも楽しんでできたらと思っていますが、、、要領がめちゃめちゃ悪い私ですので、いつ次更新できるかもわかりません。

だけど、このブログを見てくださった同じ志を持つ方を、心から、応援しています!


                                 タラの芽天ぷら














原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.