海外の知りあいに伊藤詩織さん事件を紹介してみた
2018/06/29 23:06 | 社会 | C:0 | T: 0
伊藤詩織さんのニュースがBBCで放送されたそうです。
同じような苦しみを持つ人はたくさんいるから、私はこの放送はとても嬉しかったです。

放送のかなり前から英語の記事はありました。

https://www.tokyoweekender.com/2018/02/shiori-ito-face-metoo-movement-japan-speaks/

↑の紹介記事を、一か月くらい前に海外でジェンダー問題に詳しい知り合い(ヨーロッパ在住)に紹介しました。
特に、日本の司法が死んでいるんだ、ということを強調して伝えました。

返事メールを頂き、その一部を日本語に訳したものが下の文章です。

うん、これは本当にひどいケースのように見えるね。
この事件の劇的な特徴は、変化の中で人々を二度考えさせて動かすのにとても適しているだろう。Shiori Itoが自分の名前を出して活動しているジャーナリストであるという事実は、彼女を必要なすべてのステップ、メディア、政治、裁判システムに踏み込むことができるようにさせて、その中でとても役立つだろう。
私は世界中でこのストーリーがどんな風に広まっていくかインターネットで見ることができるよ。


って返事でした。
彼は20年ほど前に日本に来たことがあり、その頃に比べたら日本のジェンダー問題はLGBTの問題などについては少しずつ良くなっているのではないか、とのことでした。

日本の中だけだとどうだかわかりませんが、世界のニュースを見ているといろいろなところでジェンダーの問題の対応はひっきりなしに変化があり、追っていくのは大変なくらいです。
日本は、進んでいるところに比べると相当に遅れており、恐らく伊藤詩織さんのこの事件も相当に注目されることになると思います。
彼女の身の安全を願いつつ、ご活躍を祈ります。

私は英語もへたくそだし、やっとのことがんばって簡単な会話ができる程度だけど、なるべく、少ない機会を利用して、「放射能問題」と「ジェンダー問題」については、海外の人と会話ができるようになりたいなー。
そして、相変わらず感じるのは、「日本語ニュースの不確かさ」なんです。
日本語で海外の事件を見ていると、恐ろしい誤訳みたいのが多く、いやになる。。。
日本語しか見ていない人は、全員だまされているのか。。。

関連のある過去記事
http://gosenshitosyukiritsu.blog.fc2.com/blog-entry-352.html
スポンサーサイト
戦争より音楽をしたいよ
2018/01/04 23:27 | 社会 | C:5 | T: 0
戦争は殺人です。
武器は人殺しの道具です。
いらない、したくない。

日本は過去に戦争をしていたけれど、そういう話しを上の世代から聞くたびに身の毛のよだつようなぞっとする気持ちになって、ああそんな時代に生まれなくて本当によかったと思った。

福島原発事故が起こって恐らくそれが原因となり日本はかなりめちゃくちゃになった。
思いきり日本を貧乏にした。
そんな国の物は買いたくない、そんなところに行きたくないのは当然だ。
収束にどれくらいお金がかかるかわからない、出し渋っているが補償金額はすごい。
もうこれから斜陽なのがわかっているのでどこまで国民が耐えられるかテストするみたいにいろんなことがひどくなってゆく。

もとより私は絶対に戦争は嫌だ。
人に暴力を振るうとか人を殺すとか傷つけるとかが絶対的に嫌だ。

思い返せば私が学校が嫌いになった一つの原因は小学生の時の男子の暴力だ。
人間はちゃんと指導してもらえないと、暴力によって周りを支配しようと思うんだな、と思った。
自分はあんなに周りの男の子に叩かれたり嫌なことをされても一度もやりかえしたことは無いんだよね、どうしてなんだろうか。
大人になってから嫌な思いをさせられた時もそうだったなあ。

とにかく人の体を暴力で傷つけるなんて、絶対に嫌だ。
国境なんて関係ない、どの国の人だからなんてまったく関係ない。

元から日本人が優れているなんてまったく思っていないし国籍に対する差別感情が実感としてまったく理解できない。
恐らく自分が、アートとか音楽を中心に考えてしまっているからだろうな。

今の日本の音楽とかアートが日本で生まれたものだけでは成り立たないものになってしまっており、音楽だけを見ても世界中で生まれたものを取り入れているから。
クラシックは西洋からかなり来ているしその西洋音楽で使われている楽器は起源を中近東など他の国に持つものもある。
日本にいてもジャズやロックを聴けばアフリカのリズム、様々なパーカッションの音やリズムはアフリカやインド、南米、キューバを思わせる。
日本古来の楽器は中国が起源のものも多いし、韓国やロシアの音楽も素晴らしいし、アイリッシュも聞けるし、音楽だけでなんて豊かなんだろうと思うよ。
普通に音楽やアートを楽しんでいると、自然に人々の国籍は入り混じる。
なんだか最近よく問題になる韓国や中国などの人達も違和感なく混じって一緒に「同じものが好きな人達」になって、もしここに戦争なんかが起こったらこの人達を殺すような力が働くのか? とぞっとする。
まったく、絶対に考えられない。
どんな大義名分があれどそんなことをするのはやる方が悪い。

頭のおかしい暴力好きな人間はどの国にもいるだろうと思う。
もし他の国のそういうやつが私の事を間違って殺しちゃったら、仕返しなんてしないでほしいよ。
それより、「私はあなたの国の人と一緒に音楽するのがとっても嬉しいって思っていた」そういう人間だったんだ。って言って欲しい。

そして、暴力で解決するのはとても幼稚だと思う。
小学校にいた気の狂ったように弱い女の子たちをたたいて悦に入っていた乱暴な男の子と一緒だよ。
あの男の子はちゃんと大人になれたんだろうか。
自分の不満を弱い子をぶつことでしか晴らせなかったあの頭の悪い男の子は今でも弱い者いじめしているんだろうか。

どうも今頃になって、あの小学校の時に見た、イライラしながら先生の見ていない時に弱い子をぶって回っていた乱暴な男の子みたいなのが増えていそうで怖い。
彼も何かに飢えていたんだろうな。

今の日本の音楽やアートが、どれくらい他の国から入ってきたもので成り立っているかは、恐らく音楽に詳しい人じゃないとわからないんじゃないかな。
だいたいね、よくYoutubeとかで出てくるかっこいい一見和風のバンドだってね、音楽詳しい人が見たら見かけだけ和風ってすぐわかるよね。
目立つところだけで日本の楽器使っていたって、全体のハーモニーどの音階使っているの?そのチューニングの仕方思いっきり西洋音楽と一緒でしょ。
あ、隠れたところにドラムセット居るのね、なんだ、見かけだけカッコつけて…ってなっちゃうよ。
しかもそのリズム感って?
私よくね、かっこいいの視ながら笑いこらえているんだよ。
この人達日本風にしているつもりなのね、、、って。

リズムとか音程とかって、大事に考えていこうとすると国籍とか地域とか超えた考えをしていかないといけなくなる、どっちかと言うと物理、数学のからんだ世界になってしまうと思うんだよ。
だから、リズムとか音程とかを重要視したらおのずと国籍なんて超えちゃうところに意識は行くようにできている。
もし一生、せまーい範囲の音楽だけやっていたい、聴いていたいと思う人が居たら別だけど、普段生活するだけでそれはもうほぼ無理だし、今の時代、世界中でこれだけ音楽が混ざった世界になっていてそこに私たちは住んでいる。
音楽が大好きになればなるほど、良いもの、本物を味わいたいと思えば思う程、国境は関係なくなっちゃう。
国境の向こうだからってだけでそんな音楽やアーティストのいる所に人殺しの爆弾落っことすのなんて やめろー! もともと国境なんて勝手に誰かが引いた線だよ。

そして、どの地域にも、その人がミュージシャンであろうがなかろうが、アーティストであろうがなかろうが、誰もが好きな歌があって好きな絵があって好きな景色があるんだもんね。
そんな人たちを殺す戦争は嫌だよ。

そして私はよく最近のテレビが詰まらないと書いていますが、最近のテレビの音楽はほとんど面白くないです。
あれを見続けていたら耳が死にます。

今年日本はどうなってゆくのでしょう。
一年は365日しかありませんので時間は大切に使いたいですから、今年も私はテレビはなるべく視ずに、あやしいと思うものに流されないように、自分の感覚を信じてやっていこうと思います。
ドイツのパイロットが、亡命に失敗した人をアフガニスタンに追放するフライトの離陸を拒否
2017/12/06 11:48 | 社会 | C:0 | T: 0
したのだそうです。””German pilots ground 222 flights after refusing to deport asylum seekers””

http://www.independent.co.uk/news/world/europe/german-pilots-refuse-deport-asylum-seekers-lufthansa-angela-merkel-migrants-a8092276.html

ドイツの航空会社さん、パイロットさん、さすがです。
なかなか私にはうまく訳せないので、ご自分で読んで頂きたいです。
groundっていう単語は動詞で飛行機の離陸を認めない っていう意味があるんですね。

deport 追放する
asylum 亡命者(避難者)に対する保護
asylum seeker  避難者に対する保護を探している人

ああ私も、asylum seeker だったのかもしれない、原発事故の後体調崩した国内の避難民みたいなもんです。そして今の中国地方に来たし。
受け入れて頂けるっていうのは嬉しいものです。
ドイツのパイロットさん、すごいよ、ありがとう。
乗客を運ばないという判断は、ケースバイケースで行われたと、ルフトハンザのスポークスマンさんは言ったそうです。

222回の離陸拒否のうち、140回はフランクフルト空港からのものでした。
残りは、ケルンとボン。

・・・・・・・・・・・・・・・・関係ないけどドイツのソーセージが無性に食べたくなったよ、、、今!!!
だってだってだって! 日本で食べたどのソーセージもドイツで食べた美味しいやつみたいな味がしないんだもんんんん
さっき詰めましたよ、っ的な。

またドイツに行きたいなー。

.(雑談でした)
詩織さん問題と慰安婦問題 原爆被害者と原発被害者
2017/09/25 23:55 | 社会 | T: 0
前、広島長崎の原爆被害者を寿命が来るまで救済せず放っておく日本が福島の被ばく者を救うわけない、と書きました。

詩織さん問題と慰安婦問題でも私は共通点があると思っています。
日本の男性は女性を人間として尊重するってことがわかってない人が多い。
性的に見て自分にとって価値があるかってことだけで判断して、まるでペットでも飼うように力ずくでどうにかすればいいと思っている。
そして、日本の女性はそういうものだと思ってあきらめている。
過去の悲しいあきらめが積み重なって、女性まで、女性側が自衛しないのが悪いとさえ思う。

福島原発が爆発してから、当然の様に経済的にも健康面でも負担が増し、もとよりお金しか頼るものが無い社会がなりふり構わなくなり、日本の政治や社会は目に見えてひどくなってきたけど、詩織さん問題は驚くほどひどいと思う。
そしてそれをそれ程ひどいと思わない国民が多いからこその結果なんだよね。

もう日本は詩織さんが言う所の「司法が機能しているかどうか」が機能していないっていう事だし、今や何も信じられないっていうひどい国だと証明されてしまい、大ウソツキがまかり通ると暴かれてしまい、その状態を国民は容認する国なんだと証明されてしまった。
(詩織さんにはそれを暴いた勇気ある人として国際的にアピールして活躍してほしい。)
こんな国が、同じ、女性が性的な被害にあった問題である「慰安婦問題」をちゃんと解決しようとするでしょうか?
被害者は心から悪かった、もうしませんという態度と気持ちが伝わらなければ納得しないと思う。
今のままじゃ日本はまた戦争になったら同じことをするだろう。
日本の男性は女性を対等な人間として見ていない人が多い(と私は思う 2017 10/2加筆)から、慰安婦問題のどこが問題なんだか理解できないんじゃないか。
自分がもし被害者だったら、お金を払えばいいってもんじゃないと言うだろう。
もう同じことが起こらないだろうと思えなければ被害者は言い続けるしそうするべきだと思う。

言葉でうまく説明するのは難しいけれど、私は日本の男性って異常な人が多いと感じていた。(注1)

やたら電車で痴漢が多い、(自分が学生の時などは昼間通学路を歩いている時でさえ痴漢にあった)、
酔ったら女性に触っても良いものと思っている(バイト中、社会人サークルの飲み会などでそういう事が何度もあった)、
アジアの国に旅行に行って買春してもいいと思っている(普通の人が、同窓会とかでそういう話しをするので驚くよ)。
下品なのが当たり前と思っている、
ネットでしょっちゅう出てくるアニメ絵の女性がどんなに気持ち悪いか理解していない(やたら胸が強調されていて吐きそうに気持ち悪い。。。)、
幼い女性が好き(成熟した女性にはバカにされる恐れがあるから)
ネットなどに女性を暴力的に扱う創作物が多い。

切りがない。
別に一つ一つがその人の趣味だと言えば絶対に悪いこととは言えないこともあるけど(しょうがないっていう意味で)、でもそういうのがあまりに多すぎておかしいと思うし、気持ちが悪い。
その気持ち悪さ、異常さがわかっていない。
私は今まで見てきた日本の年配の男性たちを思い起こすと、日本の人達が慰安婦問題を起こしたというのはものすごくよくわかるよ。(どこの国、とか通り越して女性として被害者に同情する。)

今も、ネットの広告(アニメ絵)にしても、なんでこう吐きそうになるものばかりなんだろう。
そういうのに客が集まるからそういう広告が出るのだろうから、お客の好みが反映されているんだろうな。さもありなんというか、全然変わってないのね。って感じる。

そして、今回このひどい詩織さん事件が起こって、司法も社会も、もうどうしようもないほどひどいと暴かれた。
日本人の男性の多くは異常なんじゃないか?(注1)
(日本の女性であれ他国の女性であれ)女性を人間として見ていない、劣った動物とか、自分の欲求のための道具としか見ていない。
そして、日本の女性は出しゃばったら嫌われると思いあきらめている。
(がんばっている男も女もいる、だけど数が少ない)

そんな人達に慰安婦問題なんか解決できるわけがない。
再発防止のためにも他国から永遠に非難され続ければいいと思います。
むしろ非難されなければおかしいと思う。
「詩織さん事件」の様な、こんなひどい事件が起こる、気持ちの悪い異常な国に日本はなってしまったのだから。
他のどの国の人達も、「詩織さん事件」のことを知れば「日本人はここまでひどいのか、こんな国民が慰安婦問題に正直な対応をするわけない」ってことがよくわかると思う。

(コメント欄無し)

~ ♢♢♢♢♢ ~ ♢♢♢♢♢ ~ ♢♢♢♢♢ ~ ♢♢♢♢♢ ~
以下2017 10/2追記

注1 本当は比率的には、電車の中で痴漢をするような男性はごく一部なのでしょうね。だけどなぜか学生時代ほとんど毎日のように痴漢にあっていた時期があります。
仕事場でも結構な確率で、ぎょっとするような女性蔑視の場面に出くわしました。
そんなこともあり、自分は若いころからまず男性にあったら異常な人かもしれないという警戒心を持って接していたのだと思います。
そうやって生きていくしかなかったのかもしれない。つまりは警戒せずに女性が被害にあった時は今の社会は必ず女性に落ち度があったということになってしまう。
それが当然だと思ってあきらめたら女性にとっては最悪の事態になる。
そして、それが当然だと思わせよう、あきらめさせようとしているのが「詩織さん事件」だと思います。
本当に異常な事件です。

「日本人で良かった」ってのを見るたびにその心の貧しさを想う
2017/06/18 12:47 | 社会 | C:9 | T: 0
最近よく見かける 「日本人で良かった」
それを見ると愕然とする。

本当に日本人で良かったって思っているなら、内心思っていればいいことで、それをポスターにしたりのぼりにしたりする必要はない。
むしろそんな大切な思いはポスターなんかにされたくない。
それをわざわざ、日本にいる外国から来た方にも読める状態でポスターにする心のあさましさよ。

いったい誰に向けてポスターにしているんだろう。
観光客とか日本で働いたり勉強したりしている外国の方がそれ見てどんなに日本人あほだと思うか考えないのかな?

私がもし海外に行って、その国に「○○人で良かった」 なんて書いてあったら、「うへ~~ なにこれ!!! 気持ち悪い」って思う。
どこの国に生まれるって、その人に選択権は無い、しょうがないこと。
それを誰でも見れる状態でさらすのはデリカシーの無さを感じるし、 はっきり言って、、、ばかっぽい。
そういうの好きな人とは近づきたくない、って思う。
そういう人たちは、その○○人だけの中で「僕たち○○人でよかったね~」って言ってればいいよ、それ以外の人は下に見るんでしょ!!! って思う。

ああ、もうあんまりバカを晒さないでほしい…知性がどんどん日本から消えていく。

どうしても、「こんなもの作って表に出すその神経って???」 って思っちゃうから、恥ずかしくて正視できない。


そんなに日本人で良かった!!! と思っているなら、その大切な大切な日本の国土が、原発事故でこんなに恐ろしく広範囲に歴史的に今までないほどの汚染を受けたこと!!!
どう思っているんでしょう?
当然、私と同じように、わなわな怒っているんでしょうね???

そんな「よかった」なんて言ってる場合じゃないのわかんないの? 土壌汚染の数字が読めないのか!!!

私は日本の土壌が大事だから、日本の子供たちの健康が大事だからこんなにあほなブログをやめないで続けている。


福島の汚染した土を全国にばらまこうとしている(注1)、それを見ないでなにが「日本人で良かった」だ、、、国土の汚染を許す偽善者!!!

~ ♢♢♢♢♢ ~ ♢♢♢♢♢ ~ ♢♢♢♢♢ ~ ♢♢♢♢♢ ~
注1 知らない人がまだいたら 「福島除染土 公共事業」 で検索して読んでください。
セシウム8000Bq/kgって大変な汚染である事、しかもセシウムしか測っていない、測り易いからセシウムだけ測っているだけで他に放射性物質の種類は無数にある事、半減期が何万年もある核種もある事、一度ばら撒いたら元に戻すのは不可能であることを知って下さい。

他、参考になるのは
環境省、除染除去土壌の公共事業への再利用を決定(PDFファイル)
http://www.torikaesu.net/data/20160915_watanabe_Kankyo.pdf

原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.