FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/-- --:-- | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無農薬栽培に有効 トウガラシの酢漬け
2015/12/16 10:29 | 農業 | C:12 | T: 0
こんにちは。
水菜は虫がつきやすいなあと思っていました。
東京にいるときは虫がついて食べられなかったことがありました。

中国地方に引っ越してから、同じ種で再び栽培をしているのですが、以下の方法で、ほとんど虫がつかず、おいしく食べられています。
去年漬けこんだ、赤唐辛子の酢漬けです。

単に、赤唐辛子を買ってきて、売っている酢の中に漬けておけばよいのです。

酢が赤色になってきます。(うちでは漬けこんで一週間後に使い始めました)
使って減ったら、また酢をたしておきます。

20151215 (4
この、赤くなった酢の部分を2CCくらいとり、霧吹き(300CCくらい)の中で水で薄めて噴霧します。

その都度、使うたびに薄めて使うようにしています。

あまり濃くすると、刺激が強いみたいで水菜の葉色が悪くなったことがありますので注意です。

元は、雑誌に下のような記事があったのがヒントです。コピーを撮った画像を載せておきます。
今となっては雑誌名も思い出せず、、、

20151215 (7)

水菜に秋口に黒い虫がつきましたが、目につく虫はとった後にこのトウガラシスプレーをしておいたら、以降付きませんでした。
今のところ全く虫無しで、他の植物にもこの方法がすごく効いています。
白菜、かつお菜も効きました。

20151204 (11

ご近所の方はこの方法を使っている人が結構いるようです。
だけど、まだこの事をしゃべると、「えー!知らなかったー」と言っている野菜を作るご近所さんもいらっしゃるのでご参考になればと思い、一応書きました。

その他 家でやって効果があった方法は、

株もとにコーヒーがらを蒔く、 トマトなどは匂いの強いハーブ(バジルなど)と育てる。 肥料をやりすぎない、土に肥料をすきこんでからすぐに種を蒔かない、などです。
バジル、ローズマリーなどの匂いの強いハーブ類は、枯れた枝を切って野菜の周りに置いています。

今のところはほとんどのお野菜は虫で全部やられてしまったということは一つも無く、何とか無事に育っています。

ではでは、また情報があったら書きます。


スポンサーサイト
福島県の農地と全国の耕作放棄地の面積を比較してみると
2015/02/06 14:47 | 農業 | C:0 | T: 0
こんにちは。

先日何気なく、全国の耕作放棄地の面積を見ていました。
http://www.maff.go.jp/j/nousin/tikei/houkiti/pdf/genjou_1103r.pdf

上の農水省の資料によりますと、全国の耕作放棄地は年々増えている傾向であり、とても困っているようです。
なんと、耕作面積の10%以上になっていたのですね。
食料自給率の問題などで、対策が急がれているようです。

kousakuhoukimensekisuii

具体的な面積はと言いますと、これがまた相当広くて、農地として復元利用すべき耕作放棄地は、137580haとのことです。(H22年度)

http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/hokiti/pdf/120113_1-02.pdf

(画像はクリックで大きくなります)

kousakuhoukichi22

この全国の農地として復元利用すべき耕作放棄地は、福島県以外の県を考えても、129737haとのことです

137580-7843=129737

一方現在の福島県の耕地面積は、福島県ホームページによりますと、144600haとのことです。(H24)

http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/11045b/nenkan128.html#4

kouchimensekifukusimaken

これを見た印象は、福島県の全耕地面積と、全国の福島県以外の「農地として復元利用すべき耕作放棄地」は、あまり桁的に大差ないのだな、ということでした。
比率を計算しますと、年度が揃えられず、各々最新を使って計算すると、全国の農地として復元利用すべき耕作放棄地面積は、福島県の耕地面積の約90%の面積に当たることになります。

129737/144600=0.8972...

最新のデータが欲しくて、手に入らず、推測になってしまいますが、(震災もはさみましたしね) この二つの面積はそんなに差がありません。
多分、福島県の全耕作地を、福島県以外の、全国の「農地として復元利用すべき耕作放棄地」に移動させても、面積的には、8~9割くらいはそのまま移動させられそうな気がしました。

もちろん、この数値は畑、水田混合ですし、気候が違えば作物の種類も違い、面積だけでは言えないことはわかっています。

しかし、昨今の状況を見てみますと、相変わらずセシウムしか規制しておらず、しかも福島原発事故が収まる気配も全く見られません。
消費者はお米の産地が不安であれば、余計米の消費を控えると思います。

セシウム低吸収イネの研究なんかするより、

どんどん汚染地帯の農家さんがスムーズに移住して

新しい汚染の少ない農地で農業が再開できるように支援する研究をした方が、

みんなのためになるとおもいます。


データを見れば、面積がほとんど足りていることはわかります。
私の住んでいる、西日本でも、結構な広さの耕作放棄地が見受けられます。
お米の値段はどんどん下がっています。

20150201 (1
写真は岡山県産白米 5kgで1300円台でした。(税抜き)
食べたらとてもおいしかったです!

もし無農薬などのお米があれば、もっと高くても買っています。

本当は、お米を使ったお菓子類、米粉などももっと食べたいのですが、産地が不明なものが多くて買い控えています。
お米の産地を明記した米菓子などは喜んで買っていますが、値段がとても高いです。
普通のおせんべいの倍くらいの値段でしょうか。それでも買っていますし、とてもよく売れています。

消費者はどうして安心して買えないのでしょう。
どうしてお米の産地を明記した米菓子は、高くても売れるのでしょう?

更に、なぜ今でも、給食に、わざわざ産地が不安だという声の出るお米を使うのですか?

作った農作物は、誰かが食べることになります。
苦労して作った農作物を、汚染があるからと廃棄するのは、人間の心を捨てることになりますから、小出先生は、まず、農家さんに汚染の少ない所に移住してくださいと、そしてその次に、年齢の上の人から食べましょうと言ったんですよね!
図書館にあった小出さんの本にははっきりとそう書いてありました。

被曝に敏感な子供たちに、わざわざ放射能汚染のある場所で作ったお米を食べさせる日本という国に、ろくな未来なんかありませんよ!

そのような所でわざわざお米を作らないで、他のもっと汚染の少ない土地でお米を作ってください!




関連のあるブログ内記事
記事題名: 東日本の、土壌汚染の激しい農地の農家さん、西日本に来ませんか。
http://gosenshitosyukiritsu.blog.fc2.com/blog-entry-188.html
記事題名:空いている土地がたくさんあるなあ
http://gosenshitosyukiritsu.blog.fc2.com/blog-entry-118.html
原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。