参議院選挙 一票の格差約3でしたね 国会議決で補正したらどうでしょう
2016/07/14 14:11 | 選挙 | C:0 | T: 0
こんにちは。
2016年7月10日に参議院選挙があって、比例代表はともかく、選挙区では一票の格差はどうだったかというと、前よりましとはいえ依然として約3倍あるんです。(注1)

3倍ってすごいですよね、もし町内会で議決するとき、人によって1票持っている人と3票持っている人がいたら異常でしょ。
でも国会ってずっとこうやって異常なまま議員を選び続け、重要な法案を議決し続けているんですよね。
こんな状態で公平な判断できるわけないと思いませんか???

試しに補正方法を検討してみました。
国会議決では、よく見られるように、各議員さんが、賛成か反対の札を一枚ずつ議長に渡して、それで採決をとり、重要な法律などが決められていきます。
国会議決写真
このやり方は、一人一票公平に持たせていますが、本来国会議員の後ろにいる有権者数を考えたらこの一票は公平じゃないんです。
試しに、選挙区の(有権者数/改選数)と比例させてみたらどうなるでしょう?
今回の参議院選挙で、比例をのぞいた、選挙区の改選数の合計は73でした。
合計が73になり、さらに各国会議員のもつ票が(有権者数÷選挙区の改選数)に比例するように補正してみました。

グラフ1
グラフ1

計算は下のやり方です。
各選挙区の有権者数÷選挙区の改選数÷全国の有権者数の合計×73    →この値をグラフ1のA(ピンクの欄)に書きました。

各選挙区の有権者数÷選挙区の改選数に比例させた票数を国会議員に持たせたらどうなるか、という考え方です。
この計算で行くと、一人区同士の比較では、例えば、(小数点4位以下四捨五入)して、

福井県の0.455
新潟県の1.368   
とは、上の国会議決の写真みたいなときに、一人一票じゃなくて、下の図みたいな数字の書いた札を持って投票して、その数字の合計で法律が通るかどうかを判断して初めて計算上一票の格差は無くなるってことです。(埼玉県だったら、3人の議員がそれぞれ 1.374票 って書いた札を提出する、ということです)

グラフ3

こんなのおかしいんじゃない?って思いますか?
でも今の国会議員一人1票の方がよっぽどおかしいです。

上のグラフ1のピンクの部分を棒グラフにするとこんなです。グラフ1と上下逆になっちゃってごめんなさい。

グラフ2
2グラフ
一人1票の国会議員の票は、実はその一票の後ろに隠れた有権者数は、約3倍も違うんですよ!(今までもっと悪かったけど)
現実は、どの選挙区の議員も、等しく1票で採決が行われていますね。

何故、ある地域の有権者(国会議員)だけが、他より力を持つんですかね。

今回の選挙だけで言うと、現行ではグラフ2で棒が短い福井県、佐賀県、山梨県などは、有権者数が少ないのに国会では他地域と同等の1票を持っているということで、意見が通りやすい(有権者が優遇されている)ということになります。
反対に、グラフ2で棒が長い新潟県、埼玉県、宮城県などは意見が通りにくい(有権者の不遇)ということになります。
(東日本が長い、そして、都市部が長い傾向ですね。つまり、東日本、都市部が不遇の傾向ですね。 7/14追記)

そして、今までの選挙はずーっとこの不公平なやり方で議員が選出されていて、違憲状態と判断されているのにほったらかされてきましたよね。
その違憲な状態で、集団的自衛権、安保法案、憲法改正などに関する、最重要な法案成立が判断されていくのは、絶対におかしい!!!
(一票の格差是正には、地方が見捨てられるんじゃないかという心配の声もあるそうです。しかし、憲法や緊急事態条項など地方も都会もへったくれもないです! そういう決定に地方に住む人の一票が都会に住む人より重いという事自体がおかしい。地方を大切にするのは、他の方法で可能だと思います。将来的に、ふるさと納税みたいに、ふるさと投票なんてどうでしょうね。7/14追記)

参院選「一票の格差」訴訟、広島から 全国で提訴見通し (注2)というニュースもあります。
2013年の参院選の一票の格差は4.77だったんだそうですね、こんなのもう論外です!!! その議員がまだ国会に残っているわけです。
もう今の国会自体めちゃめちゃじゃないですか!

一票の格差が無くなり、公平な国会になることを望みます!!!

~ ♢♢♢♢♢ ~ ♢♢♢♢♢ ~ ♢♢♢♢♢ ~ ♢♢♢♢♢ ~
注1
総務省選挙関連資料より
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/data/sangiin23/
の(2)-1
総務省 参議院選挙区選出議員の選挙区及び定数の改正等について
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/senkyo/san_gouku/

注2
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/2016sanin/1-0292155.html

http://www.asahi.com/articles/ASJ7B6HSZJ7BUTIL02P.html

少し関連のあるブログ内記事
http://gosenshitosyukiritsu.blog.fc2.com/blog-entry-194.html
スポンサーサイト
三宅洋平さん これからも応援しますよ!
2016/07/12 14:23 | 選挙 | C:0 | T: 0
選挙が終わって、結果を見て脱力してしまった昨日。

三宅洋平さん残念でした。 そして、これからの改憲の動きが非常に気がかりです。

私は前回の選挙の時も三宅さんを応援していました。

今回残念だったけど、これからも応援しますよ。

三宅さんの演説は、以前から、自分の考えとは異なるところがあって、それがまた嫌になる原因にならないところが好きです。
こういう考えの人が国会議員にいてほしいな、と思わせるんです。

そして、ミュージシャンであるというところが、とても好き。
すべての人ではないけれど、音楽やアートなど、表現を大切にしている人達は、本能的に「国境」というものの虚しさ、意味が無いという意味深さ を体験していると思っているから。

多分、日本はとても遅れている。(もちろんその遅れている中に私も入っています)

日本は素晴らしい、なんて酔っていたらもっと目も当てられなくなる。
日本はもちろん素晴らしい。だけど、世界も素晴らしいんだ。

町境ではなくて、県境ではなくて、国境がそんなに影響力を持ってしまったのは何故でしょう。
音楽もアートも、すべての表現が、否応なく、国境など関係なく交流し合い、本当は武器とか軍事力なんかよりずっと平和のためのツールなのに、誰に聞いても文化にはお金を出さない日本、って言われる現状。
言葉が通じなくても通じ合える、大事なツールを知っている政治家。

だから、三宅さんみたいな方にこれからも出てほしいよ。

まだどこにも立候補する前、三宅さんの演奏を間近で聴いたことがあります。


野菜も花もどんどん大きくなって、時間はどんどん流れていくんですね。

2016071201

ずっと応援し続けるからね!!!

そして、どうか身辺にくれぐれもお気を付け下さい。


原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.