女王さま今までありがとうございました
2017/06/15 14:20 | | C:2 | T: 0
一人静かに旅に出てしまった女王さま。

今までたくさんたくさん、ありがとうございました。

優しかった女王さま。

To our queen

ここ数日女王さまのことを考えていました。

たまたまか、あなたの好きな馬を見たりして、写真はとれなかったけど送りたいなって思ったり、いつか一緒に来たいなって思ったり。
本当はいつかみんなで私の作ったお野菜やらそこらで買ってきたものやチーズで赤ワインでも飲みたかったんだよ。

それは私の夢だったんです。

私の事心配してくれていたと聞きました。

本当にありがとう。

今までありがとう。そして、いつか会いましょう。

人はこんな風になると自由になってゆくのかな?

私は生きている時に好きだった人は、後から逢いに来てくれても大歓迎なんです。

どうかどうか、少しゆっくり休んでくださいね。

そして、私はずっと今のまま思い続けていますから、それをお忘れなく。

大好きな女王さまへ。

                   タラの芽天ぷらより

~ ♢♢♢♢♢ ~ ♢♢♢♢♢ ~ ♢♢♢♢♢ ~ ♢♢♢♢♢ ~
関連のあるブログ
http://blog.livedoor.jp/minnagenki0518/archives/51495902.html

スポンサーサイト
岡山から高松市へ
2014/06/01 09:13 | | C:8 | T: 0
今日はお天気も良いので、朝から仮想旅行です。
ここ数日、とりだめた写真を眺めながら。

最近の岡山。(写真はみんな、クリックで大きくなります)
20140531 (3).

岡山駅にはいろんな電車が停まります。
在来線はこんな感じです、2両です。
20140531 (2

四国に行く時は、快速マリンライナーに乗ります。
20140525 (31

あ、海が見えてきました!
20140525 (32

瀬戸大橋を渡ります。
20140525 (34

島。
20140525 (35

と、小さな船。
20140525 (2).

もうちょっと大きな船。
20140525 (3

線路の下にも海。
20140525 (42

港。
20140525 (38

四国入りして、坂出駅(香川県)で乗り換え。
2014053104

予讃線普通列車に乗り換えるのです。
20140525 (5

予讃線普通列車からの眺めはのどかで、駅の様子もこんなふう。
20140525 (6).

さて、この日は、予讃線の端岡駅で降りて用事があったのです。端岡駅の駅舎もかわいい。
20140525 (12

駅前の案内板には、こんなイラスト。盆栽の産地のようです。
道理で、歩いていると、立派な松の植木の畑のようなものがありました。
20140525 (13

この近くは、なんだか山の形がポコポコとかわいらしいんです。
20140525 (10

こんな山も。
20140525 (21).

こんなのも。
20140525 (20

用事を済ませたら夕方になっていました。
20140525 (19

川もあります。
20140525 (25

そして、面白いものを見つけてしまった!!!
パチンコ屋さん。
パチンコを売っている、パチンコ屋さん。
20140525 (18

家バチ、家スロ~ (笑)
パチンコ好きな方、おうちでどうですかーぁ、家族でワイワイパチンコ?おもしろそう。

そして、夕方の駅は何となく味わい深いなあ。端岡駅。
20140525 (26

さてさて、日帰りなのであまりゆっくりもできず、食事もサンドイッチを買って帰りの電車で食べる始末だったのですが、お土産にマカロンを買いました。
20140525 (27

これがまた、びっくりするほどうまいマカロンでした!

う~ん!!! 四国、やるなあ。
と、唸った小旅行でした!!!

(この記事は2014/06/06に書き終わりました)


自転車で急須を探しに行く
2014/02/12 23:12 | | C:0 | T: 0
数日前の話なのですが、自転車で家族と急須を探しに行く旅に出ました(って言ったら大げさですけど。。。)
引っ越す前、私は東京の家で、急須を壊してしまい、引っ越してから探そうね、と言って、そのままにしてあったのです。

その日は、当ても無く、ふらふらしながら、何か気に入ったのが見つかればいいなあー、という感じでした。

田んぼの中を自転車をこぎ、太い道路に出たのでしばらくぽつぽつとある飲食店などの看板をやり過ごしながら、進みました。
すると、田んぼの中の集落に、窯元らしき文字を発見。
そちらに向かって細い道に入り、しばらく迷って、個人で窯元をやっているようなお宅を発見しました。
敷地の中に、人のいない、ショールームのような小屋もあります。

近くの家の呼び鈴を押すと、若い女性が出てきたので、焼き物を見せてもらえませんか?と言うと、別棟の初老の男性を連れてきてくださいました。
その方は、今はもう、新しい作品は作っていないんですよ、と言いながら、作品のたくさん並んだ小屋に案内してくださいました。
そのなかに、とても気に入った、すごく丁寧に作られた急須があったので、これを譲ってください、と言ってみました。
その急須は、おちゃっぱを漉すところを、丁寧に100個以上の穴を開けて作るので、もう自分はこれと同じものは、目が悪くて作ることができないんです。だから、これは今、自分が気に入って使っているものなんです。だけど、あなた方がそんなに気に入ってくれたなら、これは差し上げます。お金はいらないよ。

と、言って下さったのです。

たぶん、その急須は、とてもとても普通にお店などにおいてあったら、私たちなどには手の出ないものであったのかもしれません。
だからそう言ってくださったのかも知れません。
それに、私たちが、東京から最近越してきたのです、と言ったら、よく東京からこんなところに引っ越してきたねえと言って、その方はびっくりしておられて。。。

あまりに、申し訳ないので、ちょうど、砂糖壺も無かったので、もうひとつ気に入った、小さな蓋付きの壺がそれにちょうどいい!と思い、では、こちらの壺を購入させてください、と言いました。

結局、急須はただで頂いちゃって、砂糖壺は、購入させていただいたのですが、帰り際に、これをあげるよ、と言われて、ものすごくすてきな湯飲みを二つ、頂いてしまいました。。。

急須、これ本当にすばらしい作品で、湯飲みのほうも、持つたびに、これただものじゃないと思うほどの作品で、これらはただでもらってしまうのは申し訳ない様な作品なんです。。。

その方に、東京で見たいろんな食器のお話などしたら、面白がってくださり、また来て下さいね、と言ってもらったし、そのうちまたお茶菓子もって遊びに行こうよと家族と話しています。

ということで、今毎日、このセットで九州産の日本茶を飲んでいるのですが、もう絶対割ったりしないぞと心に誓っており、おちゃっぱを捨てたりするときも、洗うときも、緊張している私です。。。
それもまあ、楽しい経験ってことで。




雪を見ていたら
2014/01/07 12:57 | | C:2 | T: 0
2つ前の記事で富士山を載せましたが、その前に、雪を見たんです。新幹線の窓から。
写真だけですが、お届けします。

中国地方から新幹線に乗り、岡山を過ぎたあたりでしょうか、雪景色に。

20140107_1

いやあ、気持ちいいものですね。。。♫

20140107_2

次々変わってゆく窓の景色。。。

20140107_3

畑かな?田んぼかな?

20140107_4

電信柱も、ピューンと過ぎて。

20140107_5

電線も、シャーっと過ぎて。

20140107_6

遠くの山が雪。

20140107_7

や、山が。。。

20140107_8

京都のあたりもすっぽり雪ですー。

20140107_9

明るい雪景色。。。どこまで続くのかなー。

20140107_10

名古屋の手前で雪景色は終わりました。

電車に乗って、雪を見ながらお茶を飲むのもいいもんですね~~~♪

雪の写真をアップしていたら、パブロ カザルスのチェロが聴きたくなりました。

鞆の浦への小旅行
2013/12/10 13:47 | | C:0 | T: 0
福山駅を降りたら海の側に降りて、すぐ、バスの案内所があって。
切符(510円)買って。
こんなかわいいイラストマップ、もらえました。
この表紙の絵に、とてもひきつけられました(くちゃくちゃでごめんなさい)。

tomonouramap4

開くと、こんな風。
tomonouramap1

バス停鞆の浦で降りて、南側に海沿いを歩いていきました。そのあたりの拡大図。右側に仙酔島が見えます。

tomonouramap2

アクセス地図もついでに。福山駅からバスで30分。バスは1時間に2~3本くらいはあります。
tomonouramap3

情報欄。泊まるところもありますね。
tomonouramap8

見るところも、お土産屋さんも。
tomonouramap7


港の景色はいい感じでした。バス停のそば、工事もちょっとしていたけど、少し歩けば、こんな景色。

tomonoura7

カフェもあります。

tomonoura6
tomonoura5

街を歩けば時代劇~♪
tomonoura3

この壁すごいなあ。
tomonoura1

お店屋さん。
tomonoura2

このあたりの民家の壁、特徴的です。
この壁、岡山でも見ます。
tomonoura4

小さな路地を入り、街を歩くと、こんなかわいらしい建物が。
tomonoura8

もっとゆっくりしていたいけど、そそくさと、帰りのバスに乗り込みます。
また来たいなあ。



原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.