原爆被害者の方のご冥福をお祈りいたします。
2017/08/06 18:30 | 戦争 | C:0 | T: 0
今日は広島に原爆が落とされた日です。

原爆の被害者の方達のご冥福をお祈りいたします。

広島で原爆を経験した私の家族は、とても話せる状態ではありませんでした。

恐ろし過ぎて言葉にできないのでしょう、本人も話せないと言っていました。

戦争のからんだ映画とか見ていると、家族から聞いた話より美化されていて、なんだかうそくさーくて、「火垂るの墓」は別だけど、やっぱり限界があるんだろうと思います。

本当に恐ろしいものって人が作れるものを超えているんだと思います。

初めて広島の原爆ドームに行ったときの気持ちを今でも思い出します。

始めて来たけれど、ずっとこことどこかがつながっているような気がしました。

自然と慰霊碑に手を合わせていました。

今日は被害者の方達のことを想って、ご冥福をお祈りしようと思います。

こんな酷い経験をした国なのに、非核に率先して国は動かず、「平和」っていう大事な言葉すら大っぴらにできないものみたいな扱いになって、しかも放射性物質を国中まき散らして、原爆被害者に顔向けできない。

スポンサーサイト
原爆被害者の方、戦争被害者の方のご冥福をお祈りいたします
2016/08/16 12:18 | 戦争 | T: 0
蒸し暑い毎日が続いています。
けれど、明け方などだいぶ涼しくなってきました。
秋ももう少しです。

2016081602

広島、長崎の原爆被害者の方々、そして世界中の戦争の被害者の方々のご冥福を心からお祈りいたします。
何も心配せずに安らかにお眠り下さいとは言えないような状況が続いています。

8月15日の敗戦記念日は、祖母の事を思い出しながら過ごしました。
祖母は合うたびに必ず、戦争の時の辛かった話、子供たちに食べさせるものが無かったひもじいひどい時代の話をしてくれました。
遺骨も帰ってこなかった南の島で戦死した家族のことも、逢いたくてたまらないように写真をなでながら。
祖母は謙虚で優しい人でした。

祖母は友達を大事にする、人と話すのが好きな人だったから、きっと今生きていたら、また戦争になるような事だけには決してしてはいけない、周りの国の人と仲よくして、困っている人がいたら助けなさいと言うんじゃないかな。

I am against war.

私は戦争に反対です。



原爆の犠牲者の方のご冥福をお祈りいたします
2015/08/06 11:32 | 戦争 | C:4 | T: 0
今日は、広島原爆投下から70年となる、原爆の日です。
犠牲者の方のご冥福を改めてお祈りいたします。

2015080601
(犠牲者の方に、山の中で撮ったシャガのお花の写真を捧げます)

以前、私は素晴らしい活動をされている方にお会いして、賛同して作品を一つ手に入れたのです。
その方は、広島の原爆の被害を受けたある中学校の、犠牲者の中学生の数〈相当な数です〉だけ、その子たちのイニシャルを入れてTシャツを作っていました。
オリジナルの一枚ずつ違うイラストを背中に書いて、そして、前面には、「黒い雨」 (井伏鱒二さんの小説)をモチーフにした装飾を施して。
黒い雨部分も、わざわざ手織りして作った布を使っています。
その方は、その中学生の一人一人のTシャツを全部現代の人達に手渡そうとしています。

Tshirt20150806


私は以前広島に旅した時に、偶然その方にお会いできて、Tシャツを手に入れてホテルの部屋に戻りました。
ホテルの部屋でベッドにあおむけに横になって、自分の胸の上にそのシャツを広げて置いてみました。

そのイニシャルから、どんな名前の子だったんだろう、男の子?女の子?など考えていました。
その中学生はどんな子だったんだろう。
部活動や、恋などに夢中になっていた、小さな喜びと苦しみがぎゅうぎゅに詰まり、今思うと毎日がキラキラとしていた自分の中学生時代を思い出しました。

これから、どんな子供たちも、大人たちも、戦争や核兵器で命を奪われないでほしい。
原発や被曝でも命を奪われないでほしい!!!!!
(核兵器と原発は深い結びつきがあるのですから。)

強く思いました。








戦争は嫌だ! ヘイトスピーチも嫌だ!
2014/11/09 01:50 | 戦争 | C:0 | T: 0
こんばんは。
ちょっと思い出したことがあり、書いておきます。

十年以上前のことでしょうか、栃木県の親戚の家に遊びに行ったときに、おじさんがドライブに連れて行ってくれました。
いろんな楽しいところに。牧場やら、お土産屋さんやら。
そして、その途中、山の中のきれいな木々の中の、ある石碑に案内してくれたのです。
おじさんは昔からその地方に住んでいて、歴史にすごく詳しい人でした。

昔その場所には鉱山があって、そのあたりに坑道があったのでしょうか、でもその時にはすっかり跡形も無く、きれいな緑に覆いつくされていました。
その碑には、戦争中に、朝鮮人が強制連行されてきて鉱山で働かされており、落盤事故があり、数百人無くなった、ということが書いてあり、細かい文章は忘れてしまいましたが、その犠牲者の方たちの慰霊碑だったと思います。
その数の多さにぎょっとしました。
たしか、400人くらいの人数が書いてあったと思います。
ものすごい数の犠牲者の数で、衝撃を受けたのをはっきり覚えています。

あとでいろいろ調べたら、田中正造さんのことを書いてくださっているページに、これに関する記述がありました。
http://www16.ocn.ne.jp/~pacohama/kyosei/asio.html
(↑こちらのページはトップページが不明なのですが、引用したくて調べたら、http://www16.ocn.ne.jp/~pacohama/ の様です。引用フリーと書いてありますので、引用させていただきます。ありがとうございます。)

私が見せてもらったのは、この犠牲者の方たちの碑だったのでしょうか。
戦争で、武器を作るようになって、金属が足らなくなり、鉱山で働かされたということでしょうね。
そして、落盤事故などが起こり、たくさんの犠牲者の方が出てしまったということなのでしょう。

こういうことは、学校の授業では全く教わらないので、おじさんに案内してもらわなければ、私はたぶん一生知ることは無かったでしょう。

そして、昨年ごろまで、東京の新大久保界隈で、ヘイトスピーチというとてもやりきれないような行為がされていて、それに対抗するデモに、私はちょこっと参加させてもらったことがあります。
その時は、自分にはそのヘイトスピーチというのがまったく理解できなくて、そんなものやめてくれ!という思いで参加したのですが。

その後に、ある方から、ヘイトスピーチの起源とも思われる出来事について、こんなことがあったんだよ、と伺ったことがあります。
東京の、千歳烏山というところ、そこに、神社があり、4本のシイノキが植わっているそうです。
それがどうして植えられたか、というお話です。

関東大震災の時に、朝鮮人が暴動を起こすというデマがおこり、そのデマを信じた自警団の人たちが、たまたま震災で壊れた施設の補修工事のために来ていた朝鮮人の人たちに襲い掛かり、15名に重軽傷を負わせて、そのうち一人は殺してしまった。
(おそいかかった地元の人たち12人は、起訴されたということです。)

近くの神社には、13本のシイの木が植えられたそうで、徳富蘆花の書いた文章があり、「烏山神社にたっている椎木は殺された朝鮮の人をとむらって地元の人々が植えた、と書いてあるそうなんです。
それは、まったく罪のない人を、誤解でもって殺したり怪我させたりしたのですから、、、と思いますよね。
そしてその中の4本がいまだに残っていると。

だけど、実は後になって、その木は、おそいかかって殺してしまって起訴された12人の地元の方たち(加害者側)が、村に無事に帰ってきたことを喜んで、記念に植えられた木だという記録が出てきたのだそうです。

そういう出来事があったということ、そんな木が植わっていること、すごいと思いました。
千歳烏山には行ったことがあるので、あの場所の雰囲気なども思い出すと、余計ずしんと来ます。
そして、そのようなことがあったことを、学校では全然教えてもらった記憶が無く、たぶんほとんどの人は知らないでいるのだろうなあと思います。

http://www.huffingtonpost.jp/2014/08/23/september-in-tokyo_n_5702233.html

http://genderlaw.jp/wagam/wagam051514_3.html
加藤直樹『九月、東京の路上で 1923年関東大震災 ジェノサイドの残響』現代書館 2014年
という本があるのですって。
私はまだ読んではいなくて、機会があったら読みたいと思っている本です。

私はこの国の人だから嫌いとか好きとか、そういう感覚は無いつもりなんだけど。。。でも、現実の世ではそういう感情が渦巻いており、よく知らないうちに人をあやめることに加担するのはとても怖いです。
以前韓国を旅行した時に思ったこと、なんだかとても日本人に似ているなあって。

私にはああだこうだと言う知識も十分にありませんけれど、憎む理由も、憎まれる理由も、そして、愛する理由も、探せばいっくらでも出てくる関係。
だとしたら、憎むことばかりほじくりかえせば、みんな争いに夢中になって、人類は滅亡するだけだわ。
政治家さんには、憎んだり武器で解決しようとするところを強調する人じゃなくて、争いにならずにうまくやる知恵を授けてくれる人になってもらいたいものですよ。

人間関係が難しいのは、同じ国の人同士でも違う国の人の間でも一緒だしね。。。

さてまた、ちょっとブログをお休みしつつ、たぶん12月に入った頃にはまた書きたいと思っています。




原爆の犠牲者の方のご冥福をお祈りします
2014/08/06 23:28 | 戦争 | C:4 | T: 0
今日は、広島に原爆を落とされてから、69年目の8月6日です。
犠牲者の方の、ご冥福をお祈りいたします。
今頃、犠牲者の方たちは、今の日本を見て、どう思っていらっしゃるでしょうね。
人工的に大地を汚染した放射性物質による被曝って、バナナだとかガラバリ砂漠だとかと一緒にしていいと思っているでしょうか。

日本って、こんなに豊かな自然に恵まれた国で、世界から羨まれるほどのおいしい水、おいしい果物、豊かな四季、たくさんの植物、動物、おいしい伝統のある日本食、文化、和を大切にする人々、何でもあるのに、どうして、こんなにたやすく破壊しようとするのでしょう。

今日は、ハート形の葉っぱの写真を載せます。

20140729 (24

たくさんの自然の愛を感じていたいからです。

20140729 (23

いろんな形の、生きてるハート。

20140729 (26

↓色の違う、ハート2枚。周りの、よれよれした葉っぱもかわいらしい。これ、全国で見かける葉っぱです。名前は忘れてしまった、前調べたのにー。
20140729 (25

↓よれよれ葉っぱだけの写真。
20140729 (21

そして、先日田植えされた苗が、ぐんぐん育つこと。
20140729 (32

川もよく流れること。
20140729 (11

大昔から流れていたんだろうな。人間が生まれる前から。
犠牲者の方の魂が、自然に癒されてくれますように。


原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.