FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/-- --:-- | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
周期律表から考える原発事故 その2
2013/03/26 17:44 | 周期律表
皆様こんにちは。
すこーしご無沙汰してしまいました。
チダイズムさんが、一日だけ、更新してくださって、とても嬉しかったです!

私のほうは、相変わらず、ソフトの使い方でもたもたしたり、かたつむりですが、何とか元気でやっております。

前回、「周期律表から考える原発事故 その1」でお伝えした通り、大変お恥ずかしいのですが、私なりに考えることをちょっとずつ書いていこうと思っております。
原発事故が起きて、ニュースなどで、元素記号が頻繁に現われるようになり、そのたんびに、こんな図形が頭に浮かんでしまう、ということをお話ししました。


taranome_fig1

この変な絵(Fig.1)は、周期律表(トムセン・ボーア型)の大雑把な形をパソコンに慣れない私が一生懸命書いたものです。
この図をもうちょっとはっきり書いたのが、下のFig.2です。
ちょっとましになった気がしません?
何しろ、ネット上では、素晴らしい画像がたくさんあるからそれを使わせてもらったり、手持ちの本を画像データにすればたちまち完璧な図表が手に入るのですが、著作権に違反してご迷惑をかけてはいけませんから、このようなたどたどしい絵を描いているわけです。

taranome_fig2

さらに、私、番号を振ってみました。
原子番号です!!!
この原子番号だけでも、結構不思議だなあ、と思いませんかー?
だって、103個の元素が、順に並んでいるのではなくて、ピンクの矢印で書いたように、途中で「離れ」に飛んでいるのですもの。
(103より大きな元素は、今は省略させていただいております)

そして、チダイズムさんやほかの測定室の方が測ってくださっており、よくお話に出てくるセシウムですが、どこにいるかといいますと、「55」に居ますよー。
そして、「その1」で書かせていただいた、なぜかよく一緒に書かれてしまうカリウムは、「19」です。
この二つの元素は、周期律表の位置的には、2段ずれているのです。
原子番号は「19」と「55」ですから、ずいぶん違うなー、と、この図を一生懸命書きながら、私は再確認いたしました。
「原子番号」って、普段あまり使う言葉じゃないですけどね、でもとっても大切と思います。
私にとって「原子番号」は元素の識別番号のようなものです。
この数字はそのまま、原子核の正電荷の数であり、同時に原子の持っている電子の数とされています。

内部被ばくを考えるときには、放射性物質が体のどこにあるのか、というのがとても重要だ、というのは、すでにいろいろな方がおっしゃっていますよね。(これについてもまた時間があるときに書かせていただきたいです)
私も本当にその通り、と思っています。
体のどこにあるのか、というのは、その放射性物質の化学的性質が影響して決まることになります。(それだけじゃないでしょうけど)
物質の、とりあえずの一番小さな単位である原子の化学的性質は、原子の電子配置によって決まる、という考えもあります。
一方、原子の電子配置を大雑把に表している「周期律表」というのは、まさに、それ(電子配置)のことがよーくわかるように書いてくれている、と私は思っています。

「あらやーだわ、なんか電子配置なんて、聞きなれない言葉で!!!」なんて言っているそこのあなた!!!
そう言わずにおつきあいくださいませ~~けっこうおもしろいのよ~!!!

ちょっと比喩的なお話をさせていただこうと思います。
こんな数字の並びがあったら、何を思い浮かべますか?

1、3、5、7

私だったら、なんだか縁起のいい数字たちだなあ、と、なんとなく思います。
1は、一等賞!だし、七五三 だし。そうですよね、これらは奇数ですよね。

そして、唐突ではありますが、ある架空のマンションの話をしようと思います。
そのマンションは、ワンルームマンションで、マンションの部屋には、いくつかのタイプがあるのです。

sタイプ ソファーが1個置ける
pタイプ ソファーが3個置ける
dタイプ ソファーが5個置ける
fタイプ ソファーが7個置ける

こんな風に、それぞれの部屋におけるソファーの数が、1、3、5、7個と、決まっているとします。
ソファー以外は置けないんです(架空のマンションですから)。
そのソファーは、二人掛けのソファーなんですよ。

こんなマンションを想像してみてください(Fig3)。

taranome_fig3

sタイプの部屋はピンクで。
pタイプの部屋は緑で。
dタイプの部屋は青で。
fタイプの部屋は黄緑色で書きました。(←黄緑色で書きました。。。読みにくいですよね、ごめんなさいね)

一階には、sタイプの部屋があるだけです。
二階には、sタイプの部屋とpタイプの部屋。
三階には、sタイプ、pタイプ、dタイプの部屋。
という風に、上の階に行くにしたがって、部屋の数が増えていきます。
今のところ、7階までしか書いていないけど、もっと上の階もあるのですが、省略しています。

このマンションの、部屋の中にあるソファーに、人が座ってゆくことを想像してみてくださいね。
一人目が来て、二人目が来て、三人目が来て。。。そのように、一人ずつ人が増えて、二人掛けのソファーにどんどん座ってゆくとします。

この時に、どのソファーから順に座っていくか、ということに、ある規則があるとします。

下の図(Fig.4)をご覧ください。

taranome_fig4

斜めに矢印がひかれていますね。
一番左下にある矢印に注目してみてください。
一階のsタイプの部屋を射抜いています。
その上の矢印は、2階のsタイプの部屋を射抜いています。
さらにその上の矢印は2階のpタイプの部屋、3階のsタイプの部屋を射抜いていますね。

こんな風に、下から上に、順に矢印にぶつかった部屋のソファーに、順々に、人が座っていくところを想像してみてくださいね。

人が座っていく部屋を、順に書き出してみると、こんな風になります。(Fig.5)

taranome_fig5

一階のsタイプ → 2階のsタイプ → 2階のpタイプ というのを、
1s → 2s → 2p という風に、書いています。

実は、この順番は、周期律表の中の元素の、電子配置ととても関係が深いのです。
例えば、先ほどセシウムは原子番号が55で、セシウム原子は55個の電子を持っているという話をしましたが、その55個の電子が、どんな電子配置をしているか、ということを考えるときに、こういう図がとても参考になります。
(実際の電子配置では、原子番号が大きな元素では例外があるため、この規則がぴったり当てはまらない部分もあります。細かいところはここでは触れないでおきます)
(7sからの矢印は書いていませんが、この先は、6dと5fにまたがって入っていくので、今は省略します。)

とてもとても、比喩が行き過ぎているのですがね、先程のマンションに、55人の人が座ってゆくとしたら、どこの部屋のソファーに座るか、ということを考えることが、セシウムの電子配置を考えるのに、参考になると思います。

マンションから、ちょっと周期律表に戻ろうと思います。
sタイプのお部屋には二人掛けのソファーが一つでした。なので、2つ席があります。
周期律表の中で、どの部分が、sタイプの部屋に人が入っていくところに相当しているかというと、下のFig.6のところになります。(図の中の コ という単位は、ここでは席の個数の単位と思ってください)

taranome_fig6

矢印の幅が、二つ分です。
ここは、sタイプの部屋に二人の人が入ってゆくところです。
1sだけ、両側に分割されていますが、これは、一階には部屋が一つしかないので、二人目が入った時点で、一階は満杯になる、ということを表したいがためと思います。(また後で詳しく書きたいです)
(6sの下には、書いてありませんが、7sがあります。)

pタイプの部屋がうまっていくところは、周期律表ではどこに相当しているかというと、下のFig.7をご覧ください。
taranome_fig7

pタイプの部屋は、二人掛けのソファーが3つでしたね、だから6人、入れますね。矢印の幅は、6になっています。

では、dタイプの部屋に人がうまっていくところは、周期律表ではどこかといえば、Fig.8をご覧ください。

taranome_fig8

dタイプの部屋は二人掛けソファーが5個あるのでしたね、だから、10人、入れるのでした。矢印の幅は、10になっています。

fタイプの部屋がうまっていくところは、Fig.9をご覧ください。
taranome_fig9

なんと、「離れ」でした!
fタイプの部屋には二人掛けソファーが7個あるのでしたね、なので、14人、入ることができます。
矢印の幅は、14になっています。

・・・実は、電子配置は、この様な考え方で説明できない部分もあり、このfタイプの部屋へ入っていく入り方には、例外があるのです。
実際には、少し順番が入れ替わる場合もあります。
けれど、大雑把につかむには、この考え方もいいのではないか、と私は思っています。

いろいろとたくさん書いてしまいましたが、最後に、このような言葉の置き換えを想像してみてください。
例えば、セシウム原子には、55個の電子がありますが、これらの「電子配置」というものを考えるときに、まるで先ほど、

1sの部屋に2人、
2sの部屋に2人、2pの部屋に6人、
3sの部屋に2人、3pの部屋に6人、
4sの部屋に2人、3dの部屋に10人、4pの部屋に6人、
5sの部屋に2人、4dの部屋に10人、5pの部屋に6人、
6sの部屋に1人

これで、55人ですね、55人がこんな風にそれぞれの部屋に順番に入っていったと考えたように、

1s軌道に2個、
2s軌道に2個、2p軌道に6個、
3s軌道に2個、3p軌道に6個、
4s軌道に2個、3d軌道に10個、4p軌道に6個、
5s軌道に2個、4d軌道に10個、5p軌道に6個、
6s軌道に1個

こんな風に55個の電子が配置されているという風に考えてしまってよいのかなあ、よいだろうなあ、まあ、などと思う私です。
突然、「軌道」っていう言葉が出てきちゃったけど、「軌道」とは、電子が、ポコッと入る「席」みたいなイメージを今は(今は、ですー)持ってくださってもよいのではないかと、私は勝手に思っています。
現実はもっととても大変なものなのですが、こんな風に単純化して比喩的にとらえるのもありかなあと、まあお許しくださいませ。
セシウム原子の電子配置は、このような感じととらえていただき、更に、次のお話に進みたく思います。

最後の6s軌道に一人ぼっちでいる電子。。。気になりますよね。

尚、このブログは私独自の解釈でかなり比喩的に書いておりますので、きちんと専門的にお知りになりたい方は、よい御本がたくさん出ておりますので、ぜひお読みください。
そのうち、私の好きな御本も紹介したいです。

全然いつまでたっても大した話に進めず、単に雑談が進むだけですね。
それでこんなに長くなってしまいましたが、あまり長いのも読みにくくなりそうなので、この記事はいったんここでおしまいにし、また別の記事として続けます。
お読みいただいた方、ありがとうございました。


続きの記事へ
スポンサーサイト
近況報告です(追記あり)
2013/03/19 19:35 | 私の日常
こんばんは、ガイガーヌさん漫画が好きすぎて、周期律表に向かって思わず「ぼうやー!」と叫んでしまう、タラの芽天ぷらです。

「周期律表から考える原発事故」を書くために、お絵かきソフトの学習を始めたものの、結構大変で、さらにパソコンの不調で買い替え、OSが変わるといろいろ大変なのですね、、、そんなこんなでもたついておりますが。
でも楽しんでやっていますよ!

もともと私はいつもカタツムリのようにしか行動できない人間です。
ゆっくり確実にやっていきたいと思っていますので、これからもお気が向いたら思い出したかのように覗いてやってくださいませ。

チダイズムさんとガイガーヌ柏さんのブログがお休みに入り、とてもさみしくて、毎日のぞいてしまっている私です。
(チダイズムさんはお休みが終わって、また現在楽しい記事をたくさんアップしてくださっています。追記 2015 3/30)


さらに、最近、よく拝見していたyahoo!ブログの「なんでだかこうある」さんが、(ほんの少しだけお休みされて、その間ファンとしては寂しく思っていたのですが、味わい深くて大好きな文章も、深いまなざしを感じる写真も復活されています! 更に光り輝いているようなブログになっている様感じました。これからも読ませてもらうのが楽しみです~♪   追記 2015 3/30)

「なんでだかこうある」さんは、大変なご努力の末に茨城に放射能測定室を開室されて、真摯に農を考えていらっしゃる様子がわかります。
家庭菜園の真似事みたいなのをしていた私ですが、いつも「なんでだかこうある」のブササミさんに、共感しておりました。

お元気であることを祈るばかりです!!!

(上の一文はお休み中に書いたもので、2015年 3/30 現在、ブログにてご活躍中の様子が拝見できておりますゆえ、これからもブログを拝見するのを楽しみにしています! 追記 2015 3/30)

私といえば、これから3,4日は五線紙とにらめっこ。
めっちゃくちゃ大変な、難曲にも取り組みますよーーーーー!

そのあと、またお便りしたいと思います。

ちょこっと近況報告でした。風が強いです、天候が不安定です、どうかどうか皆様、ご自愛ください。


周期律表から考える原発事故 その1
2013/03/15 21:15 | 周期律表
こんにちは。
タラの芽天ぷらです。

「周期律表から考える原発事故」というタイトルで、少し駄文を書かせて頂きたいと思ったのは、このようなわけなのです。
2011年3月に原発事故が起こり、その後、ニュースなどで、いろいろな元素記号が飛び交いました。
そのたびに、私の頭には、このような図形が浮かんでしまうのです。



下手な絵で申し訳ないのですが(ほんとにひどいですね、ごめんなさい)、周期律表(トムセン・ボーア型)の大ざっぱな形です。
元素記号を聞けば、この形が、頭に浮かぶのです。

この形は、本当に、不思議な形をしているように、見えるのですが、この出っ張りやへっこみなどには重要な意味があり、とても私のような者には語る資格がないものかも知れませんが、とてもわかりやすくておもしろい理論も有ります。
このような形の図の中に、たくさんの個性ある元素が位置していて、そして、どこに位置しているか、ということと、その個性には関係が知られており、なかなかおもしろいのです。
ただし、1個1個の元素はみんな違うのです。(あたりまえですよね)
ある性質について、詳しい説明も無しに、この二つは同じ列にあるんだから、同じようなもの!と取れるような扱われかたをするものではない、と、私は思っております。

どうしてこんなことを書くかというと、一見当たり前に思える上記のお話が、原発事故以来、とてもないがしろにされていると私が感じるからです。
福島原発が爆発して、たくさんの放射性核種が放出されました。
何故か、放射性セシウムの話に、無意味に放射性カリウムを持ち出そうとする傾向を感じます。
比較をするのは学問的には意味があると思いますが、中にはきちんと説明をつけずに、単に混乱を招くような書き方をしている場合も見受けられ、この状態はあまり良くないと感じました。

なので、雑談風に、もっと一つ一つの元素の個性をみんなが語るようになれば、誤解が生じる確率も減るのではないかなあ、と思った私です。

あまりきちんとまとまった記事にはできないと思いますが、また時間ができたときに、つづきとして基礎的なことを書いていこうと思っています。

続きの記事
http://gosenshitosyukiritsu.blog.fc2.com/blog-entry-20.html
元気、出そうね
2013/03/14 00:13 | 私の日常
大切に思っていたブログが更新なくなっちゃったら寂しいよね。
でも、元気だそうよ。
まずは自分が元気でいようと思う。笑っていようと思う。
ベクレルフリーのおやつを食べて、ああまた太ったと言われるのね、家族に。
これ一人分じゃないわよ~ 洗うのがめんどくさいから、一つに盛っちゃっただけヨ~~~
ニュージーランドのストロベリーアイスに、よく熟したバナナ、おいし~~~い紅茶!
ほんとはクッキーでも焼きたかったな、でもバターを切らしていたのよ。


icecream

あーあ!原発事故がなかったら、いつもアイスにはミントの葉を添えていたのよ。。。だけど私落ち込まないわよ!!!!!!!!!
あなたさまに私の気持ちが伝わりますように。そこのあなたよ!!!

盛りつけのセンスがないっていうのは一発でバレるわね~~~、平気よ~~~


ガイガーヌマンガ、大好きよ!(追記あり)
2013/03/12 21:28 | 原発
ガイガーヌ柏さんまで、無期限活動休止に入られてしまいました

今日ガイガーヌ柏さんのブログを拝見したら、その旨書いてあり、とてもとても寂しい思いでした。
だけど、お身体の不調があるとのことで、その御快復のために、まずはゆっくりとお休みになられて欲しいです。

私は、ガイガーヌ柏さんは天才!と思うくらい、すごいと思っておりますよ!
ガイガーヌマンガ、大大大好きです!
ずっとずっとずっとファンです!!!

ガイガーヌさん、すっっっっっごくかっこいい!!!!!!!


☆~☆~☆~☆~☆

私はツイッターをしていないので、良くわからないのですが、こんな風に表現活動をされている方達の話を聞く機会が多いので、本当に大変な状況になられたのだろうと、心が痛くなります。

音楽業界でも、本当に、本当に、大変らしく、ここに書けないようなことが、いろいろとたくさんあり、ぎょっとするような話をたくさん聞いております。
力のある人ほど、そういう圧力を受ける、そして、本当に嫌な思いをしなくてはいけないという事。
私も、自分に関わっている方達に被害が及ばないように、徹底的にお名前は出さない、というやり方でやっていこうと思いますが。
私自身は、箸にも棒にもかからない、弱小ミュージシャンだからどうでも良いのですが、共演者が既に名前のある方の場合が多くて、相当慎重になります。

☆~☆~☆~☆~☆

(追記 2013/04/07)
今日ガイガーヌ柏さんのホームページを拝見したところ、新しい記事がアップされており、それによると、今でも、コメントなどの対処に困難が伴われているご様子。。。
本当に、実力があるが故のことなのでしょうが、、、、、、

だって、自分の周りの人を見ても、同様にアーティーストの方で、東電に不利と見られる活動をしている方からいろいろな話を聞いているけど、そういう人って、本当に実力がある人たちなんです。
力があって、その人の発信力に実際に人を引き付ける力があるのですよね。。。
そういう方たちに、無事でいてほしくて、お元気で、ずっと活動を続けてもらいたいです。
そういう方たちが、元気でいてくださるだけで、ありがたい。
そんな祈るような気持ちです。
チダイズム への感謝
2013/03/11 13:12 | 原発
大好きなブログ、放送作家のちだいさんがやっておられた「チダイズム」。
昨日、ちだいさんがご自分のブログを休止してしまわれたことを知りました。

どんなに大変な状況に陥られたのかと思い、気が気でなく、とてもとても心配で。
お身体がご無事でありますように。
早くお元気になってくれますように。
休止のお知らせを読んでから、そうずっと願い続けています。

被曝のことを気にし続けているものの目線に立って、更に笑わせてくれる、心を軽くしてくれる。そんな、ブログはチダイズムを置いて他にありませんでした。
お人柄の良さがあふれ出ていました。
私がこのちっぽけなブログを始めるきっかけを与えて下さったちだいさん(そして、後援者のワイルド社長様)。
本当に、本当に、今までありがとうございました。

ちだいさんが元気になって下さるだけで、これからも元気でいてくれて、「元気にしているよ」ということだけでもわかれば、もう私は安心して、心から良かったー、嬉しい!と思っていられます。

今まで毎日、軽妙な絶妙な素敵な文章で、心の重荷を軽くしてくれてもらっていたのです。
コメント欄にも、ヒントになることがたくさん書いてあり、忘れられないものもあります。

私は「音楽の感動」というものに自分の人生を向き合わせようとしています。けれど、何代先に影響が出るかわからない被曝のことも、これから一生考えていかなければいけない私です。
2年経ったら、とか、5年経ったら、とかではなく、一生のこと、腹を据えました。
これから自分がどのくらい生きられるかなんて、さっぱりわからず、自信もさっぱりありません。
けれど、「チダイズム」で笑わせてもらったおかげで、私の余命は間違いなく、きゅるるるるん!!!と、春になって巻きひげを伸ばしたサヤエンドウみたいに、伸びました。
チダイズムへの感謝を、一生忘れません。
笑うことの大切さを教えてくれた、ちだいさん。本当にありがとうございました!


デモに参加してきました
2013/03/11 01:48 | 原発
今日は国会議事堂前の脱原発デモに、参加してきました。
参加された方は、本当に、砂嵐の中、夜は寒い中、お疲れ様でした。
寒い中立っている真剣な表情の方達を見て、心強く感じました。

今日はすごく変な空の色だったなあ、霞ヶ関は。あずき色だった。この空の色が、何か嫌なことが起こる前触れでないと良いと思いながら歩きました。
かと思うと、知人にばったり会って、つかの間の楽しい会話をしたりもしました。

たくさんの人たちで、歩けないほどでした。
ああ、2年経とうとしているんだ、そんな風に考えてしまい、重く、どーんと差し迫ってくるようなものがありました。
とても早く過ぎてしまった2年間でした。

私は初め、参加された政治家さん、議員さん達の演説を聞いていたのです。
2年経とうとしているのに、まだ故郷に戻れない方達がたくさんいらっしゃる、とか、原発はこんなに危ないものだとわかったのに、原因究明も済まないうちに再稼働した、とか、だいたいそんな内容のことを話した人が多かったです。
選挙の話も出て、自民党が本性を現わして、新原発の建設を認めるだろうとか、建設が中断されていたのに、再開したとか。それは深刻な話題と思いましたよ。
だけど、少しの違和感を感じたのですよ。
だって、各地で子供達の心電図の異常が増えたとか、高血圧の子供が何倍になったとか、甲状腺ガン以外にもそんな話が多いのに、健康被害について、明言するのを避けているように感じたのです。
「再稼働反対」とか「廃炉」とかを、声高に叫ぶだけじゃ、足らないです。
そもそも、健康被害が現れているから、現れそうだから、原発をやめたいのですもの。

5~6人聞いた中で、たった一人、ある女性の政治家さんだけが、「被曝は遺伝子を傷つけるものだ、これから生まれる子供達、何代も先に生まれる人たちに悪い影響が出ないように」という内容に言及して下さっていました。

「再稼働反対」と「廃炉」だけじゃなく、「汚染地帯から子供を避難させろ」って言えばよかった。
「子供達に汚染された食べ物を食べさせるな」って言えばよかった。
子供だけ疎開が不適切なら、一家で移住させて欲しい。
そんなところにずっと住み続けちゃいけないよ、「故郷を失う」とか、「復興」とか言う前に、まず、逃げてくれ!!!!!!!逃がしてくれ!!!!!!!

自分だったら、悲鳴を上げて逃げ出すような、放射線量の高い所に、子供が住んでいる、子供が連れ戻されようとしている。
2年経っても。
放射線管理区域などに接したことのない人は、この恐怖感は伝わらないのではないかと思う。
外部被曝だけじゃなく、測ってもいない様々な核種を、吸い込んで、食べて、皮膚につけて、それで何も影響が無いと思っているのだろうか。
いったい自分はどうしたらよいのだろう、ずっと考え続け、うずくまってしまう、ほんの小さいことしかできず、屑みたいに感じるときもある。

これから自分が心がけようと思ったことがあります。
今まで、被曝を気にしているんだよ、ということをなるべくたくさんの人に、話すようにしてきました。
今まで、自分は、この食べ物には、これくらい入っている検査結果を見たよ、などと、そんなことをよく話していたのです。
これからは、それに加えて、どこの地域で、こんな疾病がこれくらい増えた検査結果を見たよ、などと、話そうと思います。
実際に、確かに健康被害は既に起こっていると思います。
自分の回りのお葬式の多さを見てもそう思うし、知人でもそう言っている人もいます。

「再稼働反対」を叫ぶだけは、もうやめよう。と、思いました。
だけど、もちろん「再稼働反対」です。
大切なのは、デモに行って、その先に何をするかなんだな、と思いました。
すべてのデモは大きな役割を負っているし、参加する方々に深い尊敬を覚えます。
この、私の感じた少しの違和感は、もちろん誰のせいでもなく、私が何か行動すれば、解消するのだろう、そう思いました。
そのために感じた違和感なんだろうと。
今はまだなんだかもやもやしています、だけど、捕まえるまで大事にしよう、と思ったもやもやなのでした。



原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。