ミー☆ちゃんへ
2013/06/29 23:10 | 未分類 | C:6 | T: 0
~☆♪~♪☆~ ミー☆ちゃん ~☆♪~♪☆~

昨日はうれしいコメントもらったなー。
いっぱい外国からきているお友達いるんだね。

きっと、ミー☆ちゃんみたいに、外国人のお友達がみんなたくさんいるのが普通になれば、戦争なんていやだって思う人がもっと増えるかも、って思いました。

ハレルヤさんブログを読み進めて、ミー☆ちゃんの朝の一番の書き込み無くてみんな心配してた。
それで、入院がわかって。。。
一番大変な時期に、何も元気づけられなかったよ。

ミー☆ちゃんが頭痛がするって言っていた時期は、なぜか私も今思うと、頭痛がしていたのは、きっと飛行機と時差の影響だと思うけど、なんだか不思議な気がした。

知りあいからピンクは体に良い色なんだよ、って聞いた。
だから、旅先で撮った、ピンクのものが写っている写真を選んでこの記事に載せてみるよ。

見てくれなくてもいいよ。なにかいい影響がありますように、と思って、載せたいの。


heidelbergflower1

この花ね、ドイツのハイデルベルグっていう街を歩いていた時道端の花壇に咲いてたの。
なんか、北海道で見たハマナスにすごく似ているなーって思った。

heidelbergbridge1

この不思議な建物は、町を流れる川に架かる橋の入り口なの。この町は、この肌色っぽいピンクと白を使った建物がたくさんあった。近くの町にもあったよ。
これをくぐって振り向くと、こんな感じ。

michanhe5

近くにはおいしそうなレストランとかカフェがいっぱいあってね、帰りに入るぞって(笑)。

橋の上に、犬を連れたアコーディオン弾きの女性がいたよ。

さて少し街を歩こう。

博物館の建物も、ピンクと白。

michanhe11

入ったカフェの中庭にもピンクのお花ー。

michanhe14

そして、帰りの道端にバラ咲いてたよ。

michanhe18

今日の散歩、これでおしまい。ミー☆ちゃん、みなさん、お付き合いありがとうございました!

ミー☆ちゃん、コメントなど、無理せず、とにもかくにも体第一に。

スポンサーサイト
ハレルヤさんへ
2013/06/29 10:26 | 未分類 | C:4 | T: 0
♪~♪~♪ハレルヤさん♪~♪~♪

おとといからハレルヤさんブログの過去記事から読んでいったよ。
今、自分が読めてなかったところの三分の一くらい読めました。
モチちゃんとハレルヤさんに、捧げようと、昨日、この写真を撮りました。

hareruyasanhe

ハレルヤさんブログじゃなくこっちにお礼を書くことになっちゃったけど、ハレルヤさんブログ、気持ちが助けられました。めちゃくちゃ楽しかったなー。
ほんとにありがとう。
大変な時期だったのに、ほんとにありがとう。

私まで、まるでモチちゃんと逢ったことあるように感じます。
大切な経験、共有させてくれてありがと。
これからもよろしく。

コメントとかは気にしないで。
今、ゆっくりしてね。
なんだか不思議だね、鈍感な私ですが、気持ちが伝わっているような気がするよ。



無事に帰国しました
2013/06/28 15:06 | | C:6 | T: 0
ただいまぁ~

良い旅でした。
かかわってくれた人すべてにありがとう。
ヨーロッパの人たち以外にも、いろんな理由で触れ合ったアジア、他の地域からやってきていた人たちにも。
そのたびにいろんなことを感じたよ。

たくさんたっくさん感じたことはある。
その中の一つが、「私は戦争したくない」っていうこと。
突拍子もない展開?旅行の話じゃないの?って思うかな。

だけど、旅の終わりに感じたことの一つがこれだったんだよ。
たくさんの人に、めちゃくちゃ世話になって、すてきな経験させてもらって、こんなに親切にしてもらっていいのか。。。と思ったり。
日本人以外のアジアから来ている人に、道を聞かれたり、話しかけられたりたくさんした。(ヨーロッパ、アジア以外の人からも)
何語だかわからない言葉で話しかけてくる。
あ、日本人だったのね、って顔されるときあれば、英語で返答するしかない私に、「ごめんわからないの。。。でもあなたと話したかったんだよ」って顔されたり。

いろんなマナー感覚というのがある、ってことも、本当に痛感した。
ヨーロッパの国のマナー、私はとても心地よかった。
女性に優しいからかな? 旅の間中、私はにこにこしていた。だって嬉しい旅なんだもの。
どれだけ親切にしてもらったかわからない。
電車の中で、何度も荷物を上げてもらった。数えきれないほど。
エレベーターで会えば、知らない人でもにっこりすぐ挨拶してくれる。
電車の中で、ちょっと通してもらいたい時など、必ず Excuse me など声をかけられる。

今まで、違う国の人たちと接して、やっぱり、自分が生まれ育った環境と違う考えにぶつかって戸惑ったこともある。
日本の空港に帰ってきて、どういうわけだか、帰りの電車内で、携帯電話で話しながら、私のことをぐいぐい押しのけてきた人に遭遇してしまった。
私の上にあった路線図が見たかったみたいで、どけとばかりに、自分よりはるかに体の小さな私をガンガン押してどかした。
その人はアジア系の言葉をしゃべっていて、私には何語だかよくわからない。
うわ!このマナーの悪さは考えられない、なんていやなやつなんだ!正直思ったよ。
だけど、相手を理解しようと思えば、そんなに腹立つこともない。
その人はそういう環境で育ったんだ、それが普通なんだ。
私は、それくらい我慢できるし、他にたくさん山ほど、いい経験があるんだから、腹も立たない。
単なる一つの事実っていうだけ。
だけどこういうことが積もって対立になったりするんだろうな、って気もしたのよ。

乗り換えた電車の中でも、またどういうわけだか、ここ数年間で、こんなひどいマナーの人いなかった、っていうくらいひどい人に会ってしまい、いったいどういうことなんだろうかね。
「こんなに長い旅で、一番疲れた瞬間が、帰りの日本の電車ってどおいうことよ!」って思ったよ。
多分疲れていたからそう思ったんだろうね。
帰りたくない、もっとこの旅が続けばいい、また行きたい、そう思っていたからかな。

ヨーロッパだって、日本だって、自分にとって、いいところがある、悪いところがある。
それは理屈としては行く前だってわかっていた。

だけど、今はほんの数日前の経験として、温かく湯気の立つ状態で、ある。
怖いことも、ぎょっとすることもあった。

全部の経験にありがとう。
そして、私は戦争したくない。

どんなにひどいマナーだと思った人がいても、ギャー!っと思った人がいたとしても。
なんだかいつの間にか、私は変な悟りをひらいていた。

一人の時も全然びくびくしなくなっており、背筋を伸ばして、なるべく毅然としていようと思っていた。
(きっと私なんて、3%も毅然とした態度なんて取れないんだろうけどね)

その人も、その土地も、その国も、そうあるだけのこと。
戦うことなんてない。
絶対に、絶対に、戦争だけはしたくない。



Let it be さんありがとう
2013/06/01 00:31 | 私の日常
Let it be さん、以下コメントありがとうございました!
うれしかったよ~~うるうるうる

やっぱり管理する時間なさそうなことがわかり、コメント欄なしにしていきます。
帰ったらまたよろしくお願いしまーす!




お気を付けて。
行ってらっしゃーい。

お土産話楽しみにしてます。
(^O^)2013/05/31 13:55 URL |Let it be #-
原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.