FC2ブログ
パブコメ提出ご苦労様です
2014/08/24 23:57 | 私の日常 | C:4 | T: 0
こにゃにゃちわ
パブコメ提出、まるで夏休みの宿題思い出すね。
あーあ、昔よりは文章書けるようになっているのかな。ダメになっているのかな、もうわからなくなってくる。
これからもこんなシーンはいくらでもあるんだろうな、慣れっこにでもなりたいよ。

気分転換に、外をお散歩。
雨がちで、湿度が高い、田舎道です。

2014081003
小高い丘に少し上ります。町が見えます。(町と言うより、村だね。。。)

貯水池に水が溜まっています。
2014081007
昔から農業のために作った池が、このあたりにはたっくさんあります。

謎のキノコ発見!!! クラゲみたいです、スゲーデカいです!!! 直径12センチくらいかな。迫力。
2014081009

近所のお庭には、こんなすがすがしい、ゆりの花が。
2014081008

帰ってきて、かき氷を食べます!!!
2014082004
シャリシャリシャリ、うまいことうまいこと。苺うまい。

あんこもうまいことうまいこと。。。
2014082005

更に、おまけに、先日作った、おはぎの中身だけ余っていたので、黄粉とからめて。黄粉おはぎ。
2014082006

満腹。

スポンサーサイト
メロンのお料理
2014/08/24 23:39 | 料理 | C:8 | T: 0
さてさて、待ちに待ったこの瞬間がやってまいりました!!!
メロンの収穫です♡♡♡

嬉しいこと嬉しいこと、あ、ちょっとゴーヤ君も交じっています。

2014081010

こんな幸せはありません!
特に今年は、農作物をハレルヤさんや女王さまとも一緒に味わえることができて、もともとハレルヤさんに頂いた種ですし、不思議な嬉しいつながりに、大感謝です、わーい!

ということで、生で、食べます。
2014082002
キュウリスティックと同じ感覚で、まだ甘くなっていないメロンを味噌やディップをつけて。うーん、うまい!!!
キュウリより軽い感じ。ほのかな甘み、たまりません!

そして、メロンのぬか漬け。
2014082003
写真で見ると、あんまり変わりませんね。だけど、ちょっとしんなりしているのがお分かりでしょうか。
ほのかな塩味で、これもいけます、ぽりぽりぽり。。。

そして、メロンのスープです。
2014081002
これは、大ヒット作です! 自分で言うのは何ですが、かなーりうまいです!
鶏ひき肉とメロンを煮て、隠し味に、ニンニク入りバジルソースを入れています。パセリとも合うんですよ。
とろみをつけています。トロトロで、メロンのほのかな甘み。たまりません!

にゅうめんにもしてみました!
2014082001
ゴーヤとトマトも入れてみました! こんなのもいけますよー。

そして、料理の仕方は、ピーラーで、薄く皮をむいてから、半分に切って、大雑把に種をとるだけで、なんとでもなることがわかってきました。皮は薄いので、間違って残っていても、食べても平気なんです。
なんてかわいいメロンなんでしょう。しみじみと、この出会いに感謝です。

そして、近所の畑及びスーパー野菜コーナーを観察してわかったことなのですが、私の住んでいる中国地方では、この様な瓜の種類が、ものすごく豊富だということがわかってきました。
冬瓜、そうめん南瓜、他、見たことも無いような名前の、瓜、瓜、瓜。
畑にも、このメロンと似ているけど、ちょっと形が違う(葉っぱはそっくり)のが、近所にごろごろ。。。黄色かったり縞がはっきりしていたり。
可愛いんですよ。
改めて、瓜文化はすごいなあ。
そして、近所の方におすす分けした時の反応ですが、何も言わなくても、一つあげただけですごく懐かしそうに喜んでくださる方もいて、やっぱり日本人の食生活に根付いている?
更に、お隣に二つあげただけで、お返しに、10倍くらいでかい、巨大冬瓜を頂いてしまい、嬉しさに目を丸くする私です。
これ、、、、、、、ボーリングのボールよりはるかにデカいよ。どうする。。。。。。。
↓あまりにデカくて網からはみ出す冬瓜君。
2014082501

冬瓜の方はあまりのデカさに、まだ包丁を入れられておらず、毎日なでなでしています。

と思ったら、日よけに作ったゴーヤカーテンに、カボチャの苗が混ざっており、カーテンからかぼちゃがなって、落っこちそうになっているのを発見。まだまだウリ科との格闘は続きます。

 
原発事故で土壌が汚染されて土地の値段が下がっても、補償はされないのか。
2014/08/23 11:56 | 原発 | C:0 | T: 0
こんにちは。

あーあ。恐れていたことが、一つまた現実になりそうな、いやーな予感。

今日の毎日新聞のニュース

以下に転記させていただきます。

東日本大震災:福島第1原発事故 県、中間貯蔵を容認へ 2町の土地買収費補填

毎日新聞 2014年08月23日 東京朝刊

 東京電力福島第1原発事故で出た福島県内の汚染土などを保管する中間貯蔵施設を巡り、福島県は建設候補地のある大熊、双葉両町に、土地買い取り価格の補填(ほてん)を提案する。25日にも町側に伝え、政府が提示した総額3010億円の新たな交付金などと合意が得られれば、建設計画を受け入れる。佐藤雄平知事は9月3日の内閣改造前の決着を目指す。
 政府は原発事故で下落した土地の価格を前提に補償額を算定する方針を示しているが、両町は事故前の価格を基にするよう求め、溝は埋まっていない。政府は土地を手放したくない地権者のために「地上権」の設定を認めるなど地元に配慮してきたが、県は用地買収でこれ以上の譲歩を引き出すのは困難と判断。差額分を県が負担することで、解決に道筋をつけたい考えだ。
 26日には両町議会で全員協議会が開かれ、石原伸晃環境相も出席。新たな交付金について説明するほか、県の補填案についても議論される見通しだ。この過程で両町の合意が得られれば県は受け入れに同意する。
 汚染土は仮置き場などに保管されたままで、除染と復興の妨げになってきた。政府は中間貯蔵施設の来年1月の稼働開始を目指している。【岡田英、喜浦遊】
(転記ここまで。赤字、下線は私。)

ひどいでしょ、あまりにひどいよ。
原発が爆発して、放射性物質が飛んできた。
それで、汚染されてしまって土地の値段が下がった、当たり前だよね。
そんな土地を買いたい人は少ないだろう、値段は下がるよ。汚染があるうえに、収束していない原発も近い。
つい先日も、瓦礫解体で、兆単位のベクレル数値の放射性物質が飛んできた。

そもそも、土地の持ち主さんは、原発が爆発しなければ、こんな形で土地を手放さずに済んだはず。土地の値段も下がらずに済んだはず。
なのに、どうして、下がった値段で土地を売らなくちゃいけないの???
東日本のホットスポットに土地を持っている人たちは、他人事ではないと思いますよ。
これから年数がたち、健康被害があからさまになったら、土地価格の下落が起こるでしょう。
汚染が高い土地だからと値段が下がった価格で売却になっても、補償はされないのか?
今すでに、千葉県や東京都などでも一部の不動産が妙に安い状態なんですが。。。

一企業の、電機工場が爆発して、公害物質を周囲に多量にばらまいて、あからさまな汚染をされて、下がった価格で土地を売るように国に求められるとは、ひどすぎる。

探すと、過去の判例で、こんなのありました。
「土壌汚染と企業リスク」について、過去の判例を紹介した文章です。(これの9ページ 東京地裁 H18年9月5日 を見てください)
http://www.irric.co.jp/risk_info/eternal/pdf/new_eternal_no22.pdf

土地の売買についての判例ですが、土地を売る人が、汚染があることを伝えずに、売ってしまった。
あとで汚染がわかり、買主は売主を訴えました。
結局、部分的には汚染がることを買主は事前に報告されていた、ということで、浄化費用のうち4割が損害賠償で認められたそうです。
これの面白いところは、、、
汚染が問題になるのは、健康被害と関係あるからです。
なのに、瑕疵担保責任は、健康被害の問題ではなく、土地の価格の問題だから、たとえ健康被害の問題がまったくなくとも、土地の価格を下げるような問題があれば、賠償を認めるべき。ってしているところです。

土地を買ったら幽霊が出た~! たとえ健康被害が無くとも、土地の価格は下がるよ~ぉ。。。除霊費用を賠償!みたいなものでしょうか、かなり違いますか。違います。

【不動産用語辞典によると、 瑕疵担保責任とは、 売買の対象物に隠れた瑕疵(=外部から容易に発見できない欠陥)がある場合、売主が買主に対してその責任を負うことを「瑕疵担保責任」というそうです。】

過去の判例と矛盾が無い様にしてもらいたいです。
自分から望んでした売り買いについてさえ、汚染を受けて土地の値段が下がったら、補償があったのです。
ましてや、福島の土地主さんは、事故のあとに土地を売り買いしたわけでもなく、単にそこに住んでいたら、東電や政府のせいで汚染をされたのです。
それなのに、下がった値段で売れなんて、しかも売りたくてうるんじゃないのに!!! ひどすぎやしませんか???
県が補填するみたいだけど、これって、すべての県で同じようにしてもらえるわけじゃないと思います。
(福島県の人は、県でその分を補填してもらえば、良いようになるのでしょうが。)
他の人も、明日は我が身と思います。
いったいどこまで、東電を守るように、政府の都合のいいように、正論が捻じ曲げられていくのでしょうか。

私がこれについて、影響があると思っているのは、農家さんの移住です。
東日本の農家さんは、中には、汚染の少ない土地に移住をして農業を続けたいと思っている方もいると思います。
そのためには、今の土地がどれくらいで売れるのかが問題になります。
東日本のホットスポットの農家さんは、土地の値段が汚染で下がっていたら、売りにくくなり、結局移住の妨げになります。
そして、「食べて応援」に寄りかかっていた方が、楽になり、結局移住はあきらめて汚染のある土地で農作物を作り続けるしかなくなってしまうことになるでしょう。
東日本から移住をさせたくない、誰かの思う壺です。

恩師の言葉
2014/08/12 03:15 | 原発 | C:1 | T: 0
こんばんは。
眠れない、タラの芽天ぷらです。

私はここ3年半、ずっとずっと、はらわたが煮えくり返るような気持ちを抱えています。

まったく収まる気配も無く。。。移住したら、自然に癒されて忘れるかと思ったら、ダメでした。
私はやっぱり、責任の無い子供を被曝させたくないのです。
年若い方が大きな影響を被らなければならないのに、大人の自己満足の犠牲になってほしくないのです。

そして、子供を被曝させる正当化のために、自分が「でたらめだ」と思っている理論が、一役も二役も買っており、世間で大手を振っているのが許せないのです。
その「でたらめ理論」が、安全だ、とか吸っても大したことない、食べても大したことない、の、根拠なのですから。

ですが、自分で、そのでたらめ理論をでたらめだと判定した理由は、ここに書くことはとても難しく、とても困ってしまうのです。
書いてしまうと、自分が過去に世話になった研究者さんの名前が、すぐわかってしまう分野なので、その方に迷惑をかけたくないのです。
あまり日本でたくさんやられていない分野なのです。

なので、どうやって説明したらいいか、、、それが誰にでもわかるように説明できたらどんなにいいだろうと思います。
すごく難しいことです。

そんなことを考えていると、前、すごく世話になった、恩師に言われた言葉を思い出します。

私は夜、一人で実験室で実験をしていました。
その時、向かいの部屋から先生がやってきて、突然言いました。

「君はどうしてもっと疑わないんだ」

全くその通りで、私は疑いませんでした。
そっちの方が楽です。
疑ったら、それに自分が押しつぶされそうになるし、疑った責任もあり、時間をかけて考えて結論を出さねばなりません。
それまでずっと、疑うことを放棄してきたのが、私の人生でしたね。

その言葉はずっと、ちゃんと消化しないまま、私の体のどこかにひっかかていました。
そして、何十年もたって、今頃ずきずきと思い出すのです。

世間には、私よりずっと頭も良くて、何でもすぐ考えられる人がたくさんいるのに、どうしてその人たちは疑わないんだろう、とも思っています。
今こそ、これだけは疑った方がいいと思うのですが。
被曝が安全と言っている、たいしたことないと言っている人の言葉を。

命にかかわるものなのですから、一度きちんと疑って、調べてください。
その理論がどこから出てきたもので、その出所は確かなのか。
理論を作り上げていく過程で間違いはないか。
あやふやなものを、いかにも確立された確かなものの様に言っていないか。

見ない方が楽ですし、疑わない方が、楽しく、無垢に、明るく生きていけます。
だけど、過去には戻れないし、汚染を無かったことにもできませんし。

それで、問題は、どこまで時間を費やせるか、というものになりました。

しりきれトンボですが、ここらへんで。


川の中の貝。
20140729 (7
この植物の名前が知りたい
2014/08/11 01:58 | 植物 | C:2 | T: 0
こにゃにゃちわ。
この植物の名前が知りたいです。

20140729 (17

数日前、中国地方の道路っぱたで、元気に咲いていました。
葉っぱはギザギザ。
花は茄子の花に似ています。

20140729 (20
20140729 (18

初めて見た花なので、目が釘づけになってしまいました。
案外小さい花です(アップで写真撮ってます)。

イヌホウズキに似ているけど、葉っぱのぎざぎざ加減とか、花の色が、ちょっと違うみたいだし。
近い種なのかなあ。


と思ったら!!!

もしかして、これ、ワルナスビ???

http://www.azami.sakura.ne.jp/yasou/w/warunasubi.htm

悪そうで、親近感が湧くなあ~~~



福島の子供たち(妊婦さん)は、今からでも移住させてほしいです
2014/08/08 23:21 | 原発 | C:0 | T: 0
こんにちは。
少し前のことです。
知人と電車の中で話していました。
彼女のいとこさんは、福島県の中通りの、放射性物質による汚染の激しいところで、小さなお子さんを育てています。
外で遊べないので、家の中にジャングルジムみたいな遊具を置いて遊んでいるそうだよ。そう聞きました。
私は即座に、「私はそういうところから移住したほうがいいと思っているんだよ。」と言いました。
知人は、そうなの? という、ほわわわ~んとした表情。

最近また、ネットで、福島県で、子供の遊ぶ、屋内の砂場の写真が載っていました。
普通の、「家」みたいなところの、床の部分が掘ってあり、そこに砂が入っているのです。
これは冗談? とも思ってしまうのですが、現実なんですよね。

もし自分が子供の時だったら、もちろんそんな屋内の遊具も屋内の砂場も無く、もし見たら珍しがって喜んだかもしれない。
だけど、雨に濡れた砂にスコップを差し込む楽しさや、落ち葉やドングリで飾りをつける泥遊びも無いんだ。
ありんこを集めたりカエルを追いかけたりもしないんだ。
そういうところには、たまにバスで行くのかな?

私はもう一度言おうと思いますが、ICRPの内部被ばく評価は、あれはギャグですよ。

もう一度言います。

ICRPの内部被ばく評価は、ギャグだ!!!!!!!

福島県の汚染のひどいところに住んでいる方、それ以外の県でも汚染の激しいところに住んでいる方は、もう一度、全力で、ICRPの内部被ばく評価が、どれくらいの信頼を得ているものなのか、調べてください。
たくさんの人が、「こんなのばかみたい」というようなことを言ってます。
原発が爆発した年は、そういうネット上の記事が簡単に探せて、私はよく読み比べて、ICRPの内部被ばく評価を信じている人と、全然信じていない人と、両方の意見をよく比べて、そして参考にしながら自分の考えで判断しました。
私の結論は、どう調べても、「これはギャグ」であり、どうしても変わりません。

そして、こんなものに、子供の健康を預けている、恐ろしい人たち、恐ろしい地域があり、すでに3年半経ってしまった。
放射性物質を含んだ食べ物を食べた時の評価、呼吸で吸い込んだ時の評価、「たいしたことありません」とか、「○○シーベルト以下です」という根拠は、すべて、「ICRPの内部被ばく評価」を拠り所としています。
実際にはたくさんの人が、こんなもの信じれるか! と言っている評価法。私のようなたいしたことない人間でさえ、ちょっと調べただけで「こんなものどうして専門家が信じるんだろう?」と思う様な評価法です。

その評価法を作る側にいた人さえ、「あれ、原発事故なんかが起こった時にはあてにならないからねー、もしかしたら、本当の被害は予測の10倍以上かもしれないからね」って言っている評価法に、子供の命を預けているんだよ、日本という国は。
(資料、英語ですみません ↓)
http://www.euradcom.org/2009/lesvostranscript.htm

最近は、以前は簡単に検索できた、「ICRPの内部被ばく評価が信用できないという学者さんたちの意見」が、前より検索できなくなりました。
興味を持つ人が少なくなったのかもしれません。
はたまた、あきらめてしまった人が多いのかもしれません。
結局私は今でも、時間があるときに、ICRPの内部被ばく評価について調べてみていますが、結局、信じられるという要素は一つもありません。
どこが信じられないの?と聞かれたら、 どこに信じられる要素があるの? と聞き返します。一つも信じられる要素が無いのです。
おそらく、たくさんの専門家が、本気では信じていないと思います。けれど、それを言うと面倒くさいことになるのがわかっているから、言わないでいるのだと思います。


近所の林では、もう秋が来そうです。

20140729 (16



原爆の犠牲者の方のご冥福をお祈りします
2014/08/06 23:28 | 戦争 | C:4 | T: 0
今日は、広島に原爆を落とされてから、69年目の8月6日です。
犠牲者の方の、ご冥福をお祈りいたします。
今頃、犠牲者の方たちは、今の日本を見て、どう思っていらっしゃるでしょうね。
人工的に大地を汚染した放射性物質による被曝って、バナナだとかガラバリ砂漠だとかと一緒にしていいと思っているでしょうか。

日本って、こんなに豊かな自然に恵まれた国で、世界から羨まれるほどのおいしい水、おいしい果物、豊かな四季、たくさんの植物、動物、おいしい伝統のある日本食、文化、和を大切にする人々、何でもあるのに、どうして、こんなにたやすく破壊しようとするのでしょう。

今日は、ハート形の葉っぱの写真を載せます。

20140729 (24

たくさんの自然の愛を感じていたいからです。

20140729 (23

いろんな形の、生きてるハート。

20140729 (26

↓色の違う、ハート2枚。周りの、よれよれした葉っぱもかわいらしい。これ、全国で見かける葉っぱです。名前は忘れてしまった、前調べたのにー。
20140729 (25

↓よれよれ葉っぱだけの写真。
20140729 (21

そして、先日田植えされた苗が、ぐんぐん育つこと。
20140729 (32

川もよく流れること。
20140729 (11

大昔から流れていたんだろうな。人間が生まれる前から。
犠牲者の方の魂が、自然に癒されてくれますように。


原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.