お米の産地表示 ○○県産なのに○○県産と書けない。なぜ?
2016/05/30 13:45 | 原発 | C:4 | T: 0
原発が爆発してから、沢山の核種の中のセシウムしか測ることなく安全を宣言されているせいで、私のような消費者はお米を買うのに「産地」というのは安全性を示す重要なファクターなのです。

先日、お米を買った時の話。
袋の表側に貼られたシールには、産地:○○市  (中国地方のとある市)と書いてあったので買いました。
20160530 (2

家に帰って、裏を見たら、裏に貼られたシールには、取扱業者の名前と、内容量、調整年月日とともに、 
産地の欄に 複数原料米 国内産 とありました。

20160530 (1).
いったいどっちなんだ??? まぎらわしい!!!

と思い、取扱業者のお米屋さんに電話して聞いてみました。
そしたら、その回答が、、、

お米は確かに○○市産なんですが、○○市、とか○○県とか書かないように農水省から言われていて書けない。何故なら県の指定銘柄じゃないから。 だから小売店で貼ってもらうシールに 産地:○○市 と書いてもらって対応するしかないのです。」

聞くと銘柄もはっきりしているとのこと。ただ、その銘柄が指定銘柄じゃないから、書けないのだ、、、ってことです。

消費者から言わせれば、安全でおいしい米なら、指定銘柄なんてどうでもいいです!!!

それより産地表示が表と裏で書き方が違うなんて紛らわしいことされる方がよほど困ります。
(何かの手違いで○○市産という表示が間違っているのではないかと思う。表のシールは小売店が、裏のシールは取扱業者が張ったのが一目瞭然で、消費者がどちらを信用するかといえば、裏だと思います。)

電話で、「〇○県産は確かなのに、〇○県産と書けないのはおかしいです。
事実なのに書けないなんて、むしろ、指定銘柄の方を (○○県産 銘柄名) と書けばいいじゃないですか。 消費者は○○県産とはっきりわかる情報を求めているんです。」

と言ったのですが、とにかく農水省の人にうるさく言われているのでできないとのこと。

なんか、おかしいんじゃないですか????????
日本語の使い方が食品表示って、特殊で、それって誰のためなんでしょ???

 消費者は食品表示の専門家じゃないんだから、一般に使われている日本語の表記 ○○県産 が、本来の○○県産 ではなく、何か業界の特別な意味を持つものを示している、というのはおかしいと思います。


スポンサーサイト
右翼、左翼という言葉に感じる、一次元の狭い世界
2016/05/16 23:59 | 原発 | C:0 | T: 0
こんばんは。この記事は雑談です。

よく原発のことを調べていると、右翼が、とか、左翼が、という言い方が聞かれます。
この言葉が、私は昔からとても嫌い。
何故なら、右、左という言葉は一次元のプラスマイナスしか表していないから。右翼左翼の言葉のイメージは1次元

恐らくその言葉を使う人にとって、イメージしているステレオタイプがあるのでしょう。
でもそれは自分にとってはあまり良いものではなく、凝り固まっているものという印象を受けるだけ。
新しいアイディアとか、もっといい、明後日の方向にぴょ~ん、と飛び出ているものは表現できないし。

子供の時好きだった本に「4次元の世界」とかいう本があったな、、、その本に1次元の住人というエッセイが出てきて。
面白かったな。
一本道があるだけで、進むか戻るしかないの。
そのエッセイに出てくる2人の人は、行きあったらぶつかるしかないの。避けることさえできない(笑)。
そういう事を想像すること自体は面白いことだけど、現実だったら狭くてやりきれません。

そして、2次元の住人は(左右、上下がある 図2)、やっと平面で生活して、他人ともぶつからずに避けて通ることができます。
だけど、自分たちは、相手の事が直線でしか見えません。

そして、私の住んでいる3次元空間の世界は図3です。(左右、上下、前後ろがある 図3)

X次元の世界は、空間としては、今の私は想像ができません。
4次元めは時間であるというのを読んだこともあるけど。
でも空間としては自分には3次元より上は想像できません。
話のイメージとして、X次元の図4を書いたけれど、これは数学的には正しくありません。

右翼、左翼とか、右寄り左より、という話に持っていく人は、沢山の因子がある中のたった一つの物差しだけで話をしているという点で、私にとっていつまでも図1なのです。
で、そのものさしは直線とは限らず、曲線かもしれない、円かもしれない(図5)。
同じ円の上を、右回りで回るか、左回りで回るかの違いだけで、永久に円から出ることはできない。

私は原発の話に右左を持ち込むのは、とても狭くなるから避けたいけど(本来ならX次元の話だから)、千葉麗子さんという方が、そういうことの関連の本を書いたらしい。(注1)
この本を今私が読むことはできないと思います。
でも注1の記事が気になったのは、以前東京で脱原発デモに参加させて頂いたときに、千葉麗子さんがコールされているのを何度か見たことがあるからで、その時とてもきれいな方だと思いました。

で、注1の記事に「運動を取り仕切っていた左翼グループ」って書いてある。
私は誰かに薦められて行ったわけじゃないけど、主催者はいたようでした。
単に原発をやめてほしかっただけで私は行っていたのです。
むしろあれを仕切っていたのは「警察」に見えました。
やれあっちの出口は使えないだのロープからはみ出すなだの、ここで止まるなだの、、、

で、デモには行くけど情報収集(チラシもらったりできる)の意味もあって行っていたし、行ってよかったと思っています。
デモだけで世の中が変わるとは初めから思っていなかったので、周りにバカにされても話し続けるということをやっていました。
おかげで相当バカにされて、自分も慣れましたよ。
.
{引用} 「国会前などのデモが、共産党関係者ばかりになるのに気づき、私は『やり方がおかしくない?』と疑問をぶつけました。【引用終わり】


私は共産党とは一切かかわらずにデモに行っていたし、共産党に任せていたら脱原発なんてできるはずないと思っていました。
別に共産党が好きでも嫌いでもありません。単に一つの政党ってことです。
確かに共産党の方で原発に反対されている方はいるし、個人的には信頼できると思っている人もいます。
が、原発が爆発した直後から、地元の共産党の方の対応があまりにひどかったので(心配ないなどと)、初めから党自体をあてにすることはありませんでした。
もし共産党ばかりになったなら、私も嫌だけど、そうでは無かったんじゃない?

そしてびっくりしたのが、下の一文です。
{引用}今回の熊本地震でも、「パヨク」は、被災者支援に参加した在日米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイの活動を批判し、九州電力川内原発(鹿児島県)の停止を求めて運動している。【引用終わり】

オスプレイのこと、パヨクという言葉の定義などはここではは複雑になるので触れないでおきます。

著者の方が「川内原発(鹿児島県)の停止を求めて運動している」人を批判しているようですね。

疑問は、この方は 少し前には原発に反対してデモに行っていたのではなかったの? ってことです。

原発に反対するのはたくさんの方を危険にさらすからですよね。
その危険な原発があの様にたくさん地震が起こっている最中に、しかも今までにないパターンと専門家に言われている状態で稼働を続けている、その恐怖は計り知れないものです。

で、それに反対するのは、原発反対の方なら当然じゃないでしょうか。
そうじゃなくとも、国内で今唯一稼働している原発なのですから反対して当然と思います。

東京の反原発デモに参加した動機が、「原発をやめてほしい」ということであったなら、東京のデモで一緒にやっていた人たちが信頼できないなら付き合いをやめて別々にやればいいだけじゃないでしょうか。
この方は、特定の方達と仲良くし過ぎたようですね。

東京で私もありましたよ。鳴り物を持っていっていたのですが、うるさい音は嫌いなので、少し離れた静かなところで一人でやっていたら、他の人にもっと前の方に行ってください、あなたはここで練習しているんですか?って言われて。
どこでやろうと私の勝手ですから、動きませんでした。
それに、デモで知り合って話した人は、このデモより別の曜日の別の場所のデモの方が共感できるから私はそちらに行く、と言っていた人もいます。
そうやって、共感できる方たちを探しながら、一か所にとどまらないで情報収集する方が自然ですよね。
組織なんて変わっていくものなんだから。

安全かどうかわからないのですから、健康被害の点から考えれば、福島の汚染地帯に子供は住まない方が良いのは当たり前のことじゃありませんか。

もっともこの記事自体がこの本を正しく紹介している保証も無いので、いつか機会を見て読んでみたいです。


で、私といえば、5年前からまったく変わりません。
変わりたいと思っても、被ばくが安全という信用できるデータがまったく出てこないうえに、「数字として」危険であるという私の身の回りの方達から得られるデータのおかげで、まったく立ち位置は変わることができません。

つまり、2011年3月を境に、東日本の知人たちが、亡くなったり病気になったりする数が増えた、というデータです。

しかも最近は、自分にとってまあまあ信用できると思っていた専門家の方まで、反原発の人を「原発が無くなったら飯の種が無くなって困るだろう」などと揶揄しているのを読んで、悲しくなりました。
そういう人がいるかどうかなんて知りません。でも自分の周りにはそんな人いません。

単に、若い人に被ばくしてほしくなくて、今の環境を少しでもましに守ってもらいたくて、後の世の人達にましな環境を残してほしくて、人間以外の生物にも悪い影響を与えたくなくて反対しています。

私は反原発だけれど、一円ももらっていないし、原発のおかげで家庭菜園の畑が汚染されて、飯の種が減りました。
返してほしいです!!!

はやく世界中から原発が無くなって、安心して生活したいです。

そして、こんなひどい汚染をばらまいていまだに1人も逮捕者も出ていない、責任も取っていないひどい状態、、、東電も国も原子力関係者も。恐ろしいです。

~ ♢♢♢♢♢ ~ ♢♢♢♢♢ ~ ♢♢♢♢♢ ~ ♢♢♢♢♢ ~
注1
元祖電脳アイドル千葉麗子さん“パヨク”の実態暴露 反原発デモ痛感した独善的体質
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160422/dms1604221140015-n1.htm
ハーブティーレシピ レモンバームなど
2016/05/14 11:35 | 料理 | C:2 | T: 0
さて、毎年庭に出てきたハーブをそのまま摘んでフレッシュハーブティーにして飲んでいたのですが、今年は乾燥させて冬の間も飲みたい!
いろいろやって、自分でおいしい! と思ったレシピです。

2016051401

ローズマリー 乾燥 1
レモンバーム 乾燥 3
スペアミント 乾燥 1~2

乾燥したものをだいたい上の比率で混ぜます。
今、茎もみずみずしいものは一緒に入れて乾燥してしまっています。

今年はカモミールの花の乾燥が、うまくできそうです!(去年はうまく水分が抜ける前に発酵してしまいました)

今のうちに、一年飲めるくらいのハーブティーを作っておきたいです~♪ こんなことができるのも汚染に対して安心できる環境があってこそです。


おまけ
田んぼのレンゲが今年もとてもきれいでした!

20160508 (77

ヨモギととら豆のパンケーキ
2016/05/13 22:43 | 料理 | C:2 | T: 0
こんちはー。
すごくおいしいパンケーキを作ってしまいました!

ヨモギが庭に生えていて、たまたまとら豆の煮豆(キビ砂糖としょうゆで薄く味を付けた後)を作った後だったので、ふと思いついて適当に作ってみたら。
めっちゃうまです!!!

和菓子の様な食感、もっちもちです~ぅぅぅ

20160509 (6

暖かいうちにはちみつかけて食べました~
20160509 (8

ヨモギは私は細かく切るのが苦手なので、割とぶつぶつに切ったままいつもパンなどに入れるのですが、割と大丈夫です!(笑)

材料
ヨモギ 柔らかい葉の部分をざるに1杯くらい。
とら豆ゆでたもの(煮汁ごと) カップ1/2くらい 好みで
薄力粉 2カップ
強力粉 1/2カップ
キビ砂糖 1/4~1/3カップ
ココナツミルク 1/2カップ
ベーキングパウダー 小2
卵 2個

作り方

ヨモギは洗って、さっと湯がいて、冷水で短時間洗い、軽く絞り、包丁で5mmくらいにざっくりと切っておく。
薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖をボールに入れ、泡だて器でよく混ぜておく。(私は計りもせずに目分量です)
そのボールに、卵、ココナツミルク、ヨモギ、とら豆(煮汁も)を加える。
混ぜながら固さを見て固かったら水を加えて、好みの固さの生地にする。
柔らかすぎたら、強力粉をパラパラと加えてよく混ぜ、ぽってりとするくらいの固さにする。
フライパンで両面焼く

結構お腹に溜まります。
あまったら、冷凍しておいて、食べたいときに解凍すれば、素敵なおやつになります。

20160509 (9
お茶は庭に生えているレモンバームとローズマリーです。

畑では初めて挑戦したソラマメが収穫できました。
20160509 (10

ほとんど肥料もやらず、あまり手をかけなかったので収穫はあきらめていましたが、数は少ないもののおいしーい実が付きました!
収穫したてはやわらかくて、皮も食べられちゃいます。

そして、畑のお手入れはなかなか進まず、今年は後れをとってしまい奮闘中なのですが、今日も勝手に出てきた菜の花の蕾や三つ葉をお浸しにして食べたりと、食べる物はいつもどこかしこに生えているという感じです。
ご近所から山椒を頂いたり、茗荷の芽を刻んでおかずにしたりと、お米や小麦粉、乾物さえあれば、あまりスーパーに買い物に行かないでもご飯が食べられる生活です(笑)
こういうのは、ちょっとした災害にも有効かも。

ご近所の方がみなさんやさしくしてくださるので、そのおかげでこうやって畑の恵みで生かされていることを実感します。

原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.