FC2ブログ
西日本豪雨災害に直面して思う事
2018/08/04 03:25 | 私の日常 | C:0 | T: 0
西日本豪雨災害は広範囲にツメ跡を残し、たくさんの犠牲者の方がおり、いまだほとんどの被害者の方は日常生活に戻れていません。
犠牲者の方々のご冥福を心よりお祈りいたします。
また、被災され大変な思いをされている方達には心よりお見舞い申し上げます。

私の住んでいる地域、知人、友人のいる地域は相当被害が重いところもあり、体力のない自分も何とかお手伝いをしようとできることをしています。
周りの方達の思いやりや実行力はたいしたもので、被災者の方々を確実に元気づけていると思います。

被災って、物質的、金銭的なダメージと、精神的なダメージとあって、「ボランティアや友人知人、地域のネットワークで解決できる問題は後者であることが多い」と感じています。
東日本大震災などの他の災害を思い起こしても感じることですが、被災に占める精神的ダメージってかなり大きくて、生活がめためたになって茫然として冷静に考えられる状態にない被災者の方々を救えるのは、以前よりつながりのある地域の力であると痛感しています。その暖かさ、精神的に支えられることがどんなに大事か、痛感します。

同時に、私が切に今感じていることを書きます。

◆国がだめだってこと。
水害にあったその時に、助けてくれと連絡しても、いろんな事情で救助が来ない(そんな状況でたくさんの方が亡くなりました)、自分は家族とともに死ぬかもしれない、そういうすさまじい状況で、やれあの町、市の防災体制はどうだからなんて、そんな問題をつついても解決なんかできない、そんなときにどうにかできる判断なんて、国、県のレベルじゃなきゃどうにもならない。
国がどれだけだめかってこと。
結局命を救ったのが民間人の自分の命を危険に晒した救助行為で、プロは? 救助のための機材は? 一体その時どうしていたの?
他の所に使うお金はたんまりあるんだから、その水害がある地域に、人材と機材と指示があれば失われないで済んだ人命はたくさんあったと思える状況だ。
こんなの国の怠慢による殺人だと思う。
いったいこんな恐ろしい思いをして人が死んでいっている間に、そういう人たちから税金をむしり取ってきた国の責任ある人達は7/6~7に何していたんだよ!
正に人が溺れ死んでいた時に!!!
水に沈んだら、「2~3日したら助けに行きます」じゃ済まないんだよ!!!
どうか被災地の方々はこんな国じゃこれからも天災から人の命を守れないってことをもっと自覚してほしい!!!
そういう事をしっかりやるために普段税金を払ってきたんじゃないの?


◆ボランティアじゃどうにもならない
被災した知人にお手伝いを申し出ても、「かえって二次災害が危険なのでできることはないです」と言われてしまうことがある。
私は体力もないし、重機も使えないし、あそこまでひどい災害だと素人の出番は無い。
被災者は被災者で、家族の面倒や手続き、仕事や生活の復旧に忙しく、誰に何を頼んだらもっとうまくいくだろうなどと知人の采配を考える余裕も無い。
「ボランティアがもっといたらいい」というボランティアは、相当体力のある人達のことを指す。
そんな人、全人口の中のほんの一部だ。
たいていそういう人たちは普段から忙しいので平日にボラなんて絶対無理、休日に行くのはかなり負担をかける。
ボラの内容も、「重機があったらもっと楽なのでは?」ってこともあり、なんでこれをこんなつらい状況で、重機無しで手作業でやる?って思うこともある。
水の復旧、水圧がある事、それだけでもものすごく復旧は進む。それはボラじゃどうしようもない!!!
水、下水が戻らないと手伝いにも入れない、それがすごく遅い。
国、県の力がたらない分を、重機無しで民間人が補っているという状態に見える。
むしろこんなに「ボランティアがたりません」って宣伝して、元気な人たちを疲れさせ続けたら回っているところさえ疲弊するんじゃないかと思う。


◆この状態で原発(核施設)が事故っていたらどうなったか考えてほしい。東日本大震災では原発が爆発して、下のような問題が並行してあった。

①放射能があって救助に行けない。放射能汚染がひどい地域には救助の人が入れない。福島原発事故では救助に入る人は被ばく覚悟だった。

②飲み水が制約された。(広範囲に放射性ヨウ素が出て水道水が汚染されたので、ペットボドルが売り切れて、乳児のいる家庭では他の災害が無くても給水車) 結果的に、親戚の乳児のいる家庭のためにうちにある水は全部差し出しました。自分たちの飲む分は無くなった。水の汚染は相当長く続いた。

③マスクが売り切れた。マスクする必要があるなんてほとんどアナウンスされていなかった(むしろ要らないと言われていた)、にもかかわらず、しばらく店頭から消えた。

④安全な食べ物がわからない。 災害直後に、地場産の特産品が基準値を超えた放射性物質が検出されて出荷規制を受けた。地震、水害などの被害があって、更に水害などの被害を直接受けていない食べ物まで食べることができなくなった。

⑤国が言っていることが信用できない。 放射能汚染について、原発が爆発した直後に今までは危険とされていたものが急に「大丈夫」になって、子供まで汚染のある地域で運動しても良くなった。とにかく何でも「風評被害」になり、事故ったからと言って人が急に強くなるわけじゃなし、おかしいことの連続!!! 事故ったからといって放射性物質で汚染されたごみを一般ごみと混ぜて焼却したりセメントに混ぜて出荷してみたり、公共工事に使ったり、安全と言い張っていろんなところにばらまこうとする国の態度は全く信用できなかった。

⑥事故っても責任取らないってこと 今の状況を見たらわかること。

⑦環境汚染なんて見向きもしない 今の福島の汚染水放出、計画性の無さを見ればわかること。「風評被害」って言って人のせいにすることしかしない。

原発や核施設の事故は、水害にからめて起こるんだってことをどうか忘れないでもらいたいです!!!水害で電源が喪失したらそれがもとで事故になってしまうんだってこと。
人命救助や復旧で忙しい中、更に放射能漏れがあったら、沢山の人が被曝してしまうんだってこと。
そして、放射性物質は目に見えない、色も無い、匂いも味も無いから、どれだけ被ばくしても気付かない、どれだけ被ばくしたか後で全くわからない、緊急時にそんなことを調べる能力も無いんだってこと。むしろわからなくさせられること。つまり都合よくうやむやにされてしまうってこと。

今回みたいに豪雨の災害があった時に、もし核施設で事故が起こったら、泣き面に蜂どころかその地域がまるまる居住不可能になってしまうんだよ!!! 福島事故を見ていたらそれはわかると思う。
今もまだ帰れない人がたくさんいるってこと、まだたくさんの汚染が残っていてあと何十年、何百年かかるかわからない(恐らくそれでも無理)ってこと。

私は犠牲者の方達には本当に気の毒で言葉も無いけれど。
今回核事故が無かったから不幸中の幸いだったと思っています。
防災の見直しをしてほしい。
もし核関係が事故ったら200~300kmの距離まで充分影響があるってこと。
福島の事故で、千葉県、東京都のあたりまで普通にたくさんの土壌汚染、出荷規制が出たんです。今でも続いている。

絶対に町とか市とかの小さな地域での防災対応だけじゃだめなんです!!!
国を何とかしなきゃだめなんです。


私の周りの方達、防災に一生懸命になって下さっていてすごく素晴らしいけど、ほとんどの方が、「市」に依存しすぎていて怖い!!!
どの市に住んでいるかで防災の対応が違うなんて、命にかかわる事なのにおかしいでしょ!!!
下手をするとそれは、国のだめさ加減を隠す目くらましだよ!
スポンサーサイト
原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.