FC2ブログ
岡山大学薬学部さすが
2014/02/13 10:24 | 社会 | C:0 | T: 0
と思ったので勝手に記事にさせていただきます。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140210-00000010-pseven-soci

この記事は、製薬会社と大学医学部の癒着を、岡山大学の薬学部の方が内部告発した事を伝えています。

私は岡山大学の関係者ではありません。
だけど、以前岡山大学薬学部の関係者の方に、少しお世話になったことがあるのです。
その人はすごく誠実で、人間的にも暖かい、すばらしい人で、私はとても尊敬していたし、今でも大好きなんです!

私はいつもぼけーっとしていて、気も利かず、頭も悪かったので、いつも人に迷惑ばかりかけており、その方にもたくさん迷惑をかけすぎるほどかけてしまったのでした。。。

当時のことをいろいろ思い出すと、泣きたくなってきます。

その方のことを思い出しながらこの記事を読むと、やっぱりあの様な方の岡山大学薬学部だな、さすが。。。と思ってしまいました。
医療関係のスキャンダル、特に大学が絡んだ記事を時々読みますが、やっぱり、以前からここは信頼できる、と思っているところは、不正を正すような力が働いているように思います。

医療とか、薬の開発研究は、直に一般の人たちの健康に関わるけど、その薬を作っている大元でデータの改ざんをしていたら、「この薬はあなたの病気に効きますよ」、の、「効きますよ」、の部分が嘘になるわけです!!!

とんでもない話ですよ!!!


医者も薬剤師も信用できなくなっちゃうよ!!!

これは研究者が一番やってはいけないことなんです!!!

すっごく重要な、とんでもない記事だよ、これ!!!
そして、なんと内部告発してくださった方は学部長さんなんですね!!!

国立大学の研究者の方だったら、企業からの寄付や共同研究に支えられる部分もあるし、教え子の就職にもかかわりますから、告発しずらい環境であることも考えられ、それをはねのけて告発してくださったのでしょう。
医療の腐敗を防ぐためにも、善意の告発者の方が、今後も続きますように!
それにしても、岡山大学薬学部、本当にすばらしいと思いました!


上のリンク先より記事内容を転記させてください。

 日本の医薬業界が、製薬大手「ノバルティスファーマ」の薬に関わるデータ改竄事件で揺れている。同社は、血圧を下げる降圧剤「バルサルタン(商品名・ディオバン)」を販売する際、改竄したデータに基づき、「血圧だけでなく脳卒中、狭心症にも効果がある」として販売した事件だ。
 
 こうした事件が発生する背景には、製薬会社が大学医学部の教授を“籠絡”すれば、いとも簡単に現場の医師と患者を騙せ、巨額の利益を得られるという構図がある。今回、現役の国立大学教授が実名で、あまりに生々しい「製薬会社と医学部」の癒着の現場を告発した──。
 
●レポート/伊藤博敏(ジャーナリスト)

 * * *
「大学の研究者が製薬会社にとって都合がいいように研究データを改竄し、それを根拠に執筆された不正論文は、この大学にもヤマのようにあります」

 不正の証拠となる写真や論文を示しながら、岡山大学の森山芳則・薬学部長はこう言い切った。

 岡山大の森山氏と榎本秀一・副薬学部長が本誌に告発した内容は、昨春から医薬業界を揺るがせているノバルティス事件が、日本の医学部において氷山の一角でしかないことを示す重大な証言である。

 昨年12月10日、森山氏は岡山大学長宛てに「告発書」を提出した。大学の規則「研究活動に係る不正行為への対応に関する規定第4条」に基づく、公式の内部告発である。内容は、大学執行部を含む医学部の5人の有力教授と准教授、そしてその研究室スタッフの不正行為を暴くものだ。

「発端は、大学院生の博士論文の不正に気づいたことでした。ある教授の研究室で、実際に実験を行なっていないのに、研究論文を提出している院生が数人いた。論文内容を質問しても、ろくに答えられず、あまりに低レベル。おかしいと思い調べると、他人の論文をコピーして繋ぎ合わせただけだった。そして問題は、不正論文の手引きをしたのはその担当教授だったということです。すぐに私たちはその実態を学長に訴えた。

 しかし、学長は、『この件については騒がないでほしい』という。さらには『こんなこと(不正の暴露)をやったら、ウチの大学はたいへんなことになる』とも話しました。そこで、不正が横行する容易ならざる事態に、大学が陥っていることに気づきました」(森山氏)

 森山氏は榎本氏らとともに、岡山大学医学部が発表してきた論文の精査にとりかかった。学生の論文から有名教授の研究発表までその数は200本以上にのぼる。そこで、とんでもない事態になっていることが判明する。榎本氏が続ける。

「この数年の論文を調べただけで、出るわ出るわ……あまりの多さに声を失いました。当たり前のように研究データの改竄が行なわれ、それをもとに論文が作成されていた。学生の論文というレベルではなく、医学部を代表する著名教授の研究室でも、当然のように不正が行なわれていた。不正論文の数は、現在、判明しているものだけで28本にのぼります」

 その著名教授とは、腎臓病や高血圧など最も薬の需要が高い分野で、学会・製薬業界で知らぬ者はいないというX教授や、泌尿器や先駆的遺伝子治療の権威であるY教授らだ。まずX教授について。

「複数の論文で“細胞映像の使い回し”が確認されました。実験を繰り返すうちに、理想的な結果を示す細胞の状態が現われることがある。偶然に過ぎないのですが、その細胞の映像を光の露出も微妙に変えるなど細工をして何度も使い回すことによって、理想の研究結果が得られたかのように見せかけていた。完全に不正な手法です。

 また、基礎研究、臨床研究を通じて、統計データが非常に杜撰。何度も同じ数値が現われるはずがないような研究にもかかわらず、不自然に数値が一致することも多数確認できました。データの扱い方に、深刻な問題がある」(榎本氏)

 次にY教授である。

「臨床研究につながる複数の論文において、実験結果の画像を不正に操作した疑いが強い。また、複数の学術雑誌に掲載された類似論文を比較すると、同一患者のデータが食い違っていることがある。どちらかのデータが捏造であるのは明らかです」(同前)

 いずれも告発された研究者は、医学部をリードする看板教授とその弟子たちだ。榎本氏らは科学者の立場から「データ改竄などあってはならない」と憤慨するが、薬学の専門家として、その背景は熟知している。

「科学のデータは、思うように取れないのが自然なんです。だから、みんな試行錯誤を繰り返す。ただ、研究者によっては、そんな時間がもったいないと、都合のいいようにデータを改竄したり、あるいは他のデータを流用する人がいる。自分の組み立てたストーリーに、実験結果を当てはめるわけです」

 なぜデータ改竄を止められないのか。榎本氏が続ける。

「論文は、ばらつきのあるデータより、ストーリーに沿った整合性がある美しいデータの方が、高い評価を受け、それによって掲載雑誌のランクが上がります。論文の高評価が、学内の地位にも反映され、研究費や人事面でも優位となる。

 しかも、それに伴い製薬会社がアプローチしてくるようになる。そうすると、寄付講座(製薬会社からの奨学寄付金で行なう研究プロジェクトのこと)など“支援”を受けられるようになります。つまり、データ改竄によって、地位が上がり、カネに恵まれるわけで、科学者の良心を売り渡す人がいてもおかしくない構造があるのです」

 その結果、国内外の有力製薬会社から支援を受け、総額で年間数億円の寄付講座を持つ教授が現われるのである。

※週刊ポスト2014年2月21日号


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
去年、千葉大学医学部でも同じ薬で不正疑惑が出たばかりなのにね、、、。
http://medical-confidential.com/confidential/2014/01/post-652.html


スポンサーサイト



窓にカーテンが付きました << Home >> 自転車で急須を探しに行く
Comment







Trackback
原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.