FC2ブログ
またもや関東に住む親戚が心臓の手術
2014/06/29 02:35 | 私の日常 | C:9 | T: 0
この記事は、近況だけでたいしたこと書いて無い記事です。

ブログ休止中でありますが、今日、親戚から連絡があり、去年心臓の手術をした親戚が、またもや、今年も違う種類の心臓の手術をすることになったと連絡がありました。
去年の手術も、何週間も入院する大手術でした。
今年も相当な入院期間になるようです。

私も、その家族のために家事のお手伝いに行くことになりました。

ちょっと気が重いです。
去年の手術の時には、翌年もまたするなんて言っていませんでした。
何か状況が良くないのだろうかと、もしかしてこのままぽっくり逝ってしまうのではないかと。
その親戚は、自分が体調がよくないのに、親の介護をがんばりすぎなくらい一生懸命やっているのです。
このままじゃ、間違いなく親より先に。
でもそれでもいいと思っているみたいで、親は痴呆もありほぼ寝たきりで多分長くない、ここまで頑張ったのだから最後まで施設に預けないで看たいと思っているよう。
いくら自分の健康に気をつけてねと言っても聞いてくれません。
もちろん食事も、何度言っても気をつけてくれません。

もう、逢えるのはこれが最後かなあなどと考えてしまう。

最近、とても死ということを考えてしまう。
身の回りで亡くなる人が多かったせいもあるけど。

去年までは、訃報に接すると、結構びっくりしたり悲しくなったりそのたびにしどろもどろしていた。
今年に入ってから、あまり気にしなくなった。
からっと、あちら側に行ったのね、くらいに考えるようになった。
大人は好きなようにすればいいということなんだと思う。

半面、子供はそれじゃすまないということなんだと思う。

どうしよう。なにをしようか。

私はまだ、何年か、十何年か、(まさかそれ以上?)よくわかんないけど、生きられるのかな。

どうしよう、なにをしよう。

どういうわけだか貧乏は怖くない(笑)。
健康なら恐くない。
何をしてもぼろくそに怒られてもどこかケロッとしているバカだ。
踏みつぶされても死なない害虫みたいなやつだと思う。

だから、あまりにきれいな景色を見ると泣きたくなる。なんで自分はここにいるのだろうと。
何か間違っていると感じる。
この景色の中に、一人で立っている自分。
若い苗がそよそよ美しい田んぼが広がって、山が連なって、ごみ一つない用水路のわきにアジサイが咲く夕焼けの景色。
私はもっと小汚いごみのおっこっている変な臭いのドブがある裏路地みたいなところが似合うのになあ。
私よりここの景色が似合うのは、絶対友達らの方だし、犬を連れたハレルヤさんとかおしゃれな女王さまとかなのになあ。

小さなホールみたいな建物もこの田舎にはあって、それ見て、もっとたくさんの音楽の友達にも来てほしいと思った。
東京で一緒に音楽をしていた友達の顔が次々と思い出されてしまった。

東京にいるときは、面倒くさいと思っていた友達の顔。
離れて少しだけせいせいすると思っていた(ごめん)友の顔まで。

多分また逢えば、面倒くさいと思うんだろうな。

そして、どういうわけだか、東京にいた時と驚くほど違う心情になっている。
大体周りの人たちにはすごく親切にしてもらっているけど、たまに、うまくいかないこととか、こちららは丁寧に接しているつもりでも、私がすごく失礼な奴と思われて拒否されてしまうこともある。
やはり、場所が違えば初対面での接し方のルールが違うらしい。それは前からあるよと聞いていたけど。私も不注意で。

そういう時、以前だったら、それだけでぐさっと傷もできて、嫌いになっていた。
今は、こうやって生きれている自分が、ありがたくて、もしかして、何年とか十何年とかしたら、こんな人たちと気安く会話できているんじゃないかとか、思ってしまったり。
そうはならなくても、とてもいとおしいものを見る目で見てしまいたい。多分そう見ている。
どうしてか、自分を拒否する人が、逆にかわいくて、ありがたい。
何故か、そういうところも、街によっては似合うんだ。

そして、自分の連なる幸福の波とは裏腹に、最近福島に残っている安全を唱える人たちのブログ(ぶったまげる内容が多い。私にとっては。)をよく見る。
その人たちはいい。だけど子供の将来の危険性については話題に出てこない。恐ろしい。

↑これを最後に持ってくるはずじゃなかったけど、そうなってしまった。

いつか、この違和感がつながりますように。


スポンサーサイト



メロンの収穫 << Home >> ブログしばらく休止のお知らせ
Comment
タラの芽さん。
今、タラの芽さんが住んで居る所が似合わないなんて....

絶対そんな事はありませんよ!

移住して、少しホームシックかしら?
大丈夫ですよ、大丈夫!

タラの芽さんが、自然豊かで素敵な暮らしをしているのを想像するだけで、こちら迄嬉しくなってるんですよ〜(^ ^)

地球の生き物として、大地に混ぜて貰えばいいだけですよ〜

忙しく日々を送っていても、自分を癒す時間は必ず持って、大切にしてね。
共に頑張りましょう。
なるべくのんびりと、、、ねっ!
2014/06/30 20:12 URL | 女王 #- | 編集
私も 同じだよぉ タラの芽さん
何故 私は ここに いるんだろ? 毎日毎日
そう 思いながら 半分の魂を タラの芽農園に 飛ばして 過ごしてるんだよ~
下水処理場の泥の凄い汚染 今日も朝からビックリだ
なのに 何故 ここに居る?
集団的自衛権のデモに 行きたくて行きたくて 1人乗ったバス 四谷まで 直通の電車時刻に合わせて 乗ったのに 四谷までの
電車内で 手が震える たった 40分弱の車内は、私にとって 景色も目に入らない恐怖でしか無かった ここで生きるしかないのね!籠の鳥の気分 救いは 近所の人が とても優しい でも 心は 何をしよう 何かしなきゃ 焦りだけの 日々だよ そしてまた
同じ朝なんだ 自分を 甘えと弱さを 隠すのに必死だよ 情ねぇー
2014/07/02 09:13 URL | ハレルヤ #- | 編集
女王さまありがとうございます。

私、実は二日前から、ダメダメなんです。
すごく落ち込んでるの。

原因はわかってるのです。関東に住んでいる仲の良い若い友達のご家族に不幸があって。
それがショックで。
その友達のご一家は、何にも気にしてない、私がいろいろ言っても笑ってるような。
2014/07/02 17:14 URL | タラの芽天ぷら #- | 編集
ハレルヤさん>

四谷まで頑張ったんですね。。。結構長いよね、電車混むし。
それに、国会議事堂のあたりって、あまり歩いて楽しい雰囲気のところでもなく、行くの辛いところだよ。

なんだかすっかりふぬけ状態の私。ごめんなさい。ハレルヤさんブログにも愚痴をめちゃくちゃたくさん書いてしまうし。
ああ、ほんとうにごめんね。何にもろくなことも書けなくて。いつも気にならないような事まで気になったり。

ハレルヤさん、霞ヶ関の方に行くのは、私は元気な時でも、エネルギーを吸い取られるような、いやーな感じがしたよ。
敏感なハレルヤさんはきっと大変だったと思います。

早く元気になってねーえぇぇ

2014/07/02 17:23 URL | タラの芽天ぷら #- | 編集
やっぱり、大人の話だと平気でも、子供の話はつらい。
ひきずってしまうよ。
2014/07/02 18:14 URL | タラの芽天ぷら #- | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/02 20:03 | # | 編集
タラの芽さん ダメダメだったんだ
不幸があると そりゃ凹むよ
気にしないで食べてる人に 分かって貰えないのも 凹む
きっと 何年かして 大変な事になってからじゃないと 気付かない
タラの芽さんのせいでは 無いよ
子供だけはと思っても 結局 親にはなれないし 他の家庭の思想の領域には 入れないんだ 3年もたつと余計に 幸せの基準も違うんだよね
悪は メディアだ タラの芽さん ドンマイ
この辛さは、放射脳の定めだよね
タラの芽さんは 悪くないよ
2014/07/02 21:10 URL | ハレルヤ #- | 編集
非表示コメントくださった方へ。

励ましてくださって、ありがとうございます。
本当におっしゃる通りです。
その言葉を胸に、冷静になります。

ありがとうございます!
2014/07/03 23:36 URL | タラの芽天ぷら #- | 編集
ハレルヤさん>

いつも良いエネルギーをくれてありがとうございます。
私は結構、友人が重病になったりしただけで、お見舞いに行っても本人以上におろおろしてしまうようなところがあり、だったら見舞いに行くな!って思うんだけど。。。

あー本当に、メディアがもうちょっと良心が多かったらね。

ダメダメな私だったけど、皆様のおかげでやっと平常になりつつあり、もうご迷惑をかけましたーぁぁぁ
2014/07/03 23:41 URL | タラの芽天ぷら #- | 編集







Trackback
原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.