FC2ブログ
恩師の言葉
2014/08/12 03:15 | 原発 | C:1 | T: 0
こんばんは。
眠れない、タラの芽天ぷらです。

私はここ3年半、ずっとずっと、はらわたが煮えくり返るような気持ちを抱えています。

まったく収まる気配も無く。。。移住したら、自然に癒されて忘れるかと思ったら、ダメでした。
私はやっぱり、責任の無い子供を被曝させたくないのです。
年若い方が大きな影響を被らなければならないのに、大人の自己満足の犠牲になってほしくないのです。

そして、子供を被曝させる正当化のために、自分が「でたらめだ」と思っている理論が、一役も二役も買っており、世間で大手を振っているのが許せないのです。
その「でたらめ理論」が、安全だ、とか吸っても大したことない、食べても大したことない、の、根拠なのですから。

ですが、自分で、そのでたらめ理論をでたらめだと判定した理由は、ここに書くことはとても難しく、とても困ってしまうのです。
書いてしまうと、自分が過去に世話になった研究者さんの名前が、すぐわかってしまう分野なので、その方に迷惑をかけたくないのです。
あまり日本でたくさんやられていない分野なのです。

なので、どうやって説明したらいいか、、、それが誰にでもわかるように説明できたらどんなにいいだろうと思います。
すごく難しいことです。

そんなことを考えていると、前、すごく世話になった、恩師に言われた言葉を思い出します。

私は夜、一人で実験室で実験をしていました。
その時、向かいの部屋から先生がやってきて、突然言いました。

「君はどうしてもっと疑わないんだ」

全くその通りで、私は疑いませんでした。
そっちの方が楽です。
疑ったら、それに自分が押しつぶされそうになるし、疑った責任もあり、時間をかけて考えて結論を出さねばなりません。
それまでずっと、疑うことを放棄してきたのが、私の人生でしたね。

その言葉はずっと、ちゃんと消化しないまま、私の体のどこかにひっかかていました。
そして、何十年もたって、今頃ずきずきと思い出すのです。

世間には、私よりずっと頭も良くて、何でもすぐ考えられる人がたくさんいるのに、どうしてその人たちは疑わないんだろう、とも思っています。
今こそ、これだけは疑った方がいいと思うのですが。
被曝が安全と言っている、たいしたことないと言っている人の言葉を。

命にかかわるものなのですから、一度きちんと疑って、調べてください。
その理論がどこから出てきたもので、その出所は確かなのか。
理論を作り上げていく過程で間違いはないか。
あやふやなものを、いかにも確立された確かなものの様に言っていないか。

見ない方が楽ですし、疑わない方が、楽しく、無垢に、明るく生きていけます。
だけど、過去には戻れないし、汚染を無かったことにもできませんし。

それで、問題は、どこまで時間を費やせるか、というものになりました。

しりきれトンボですが、ここらへんで。


川の中の貝。
20140729 (7
スポンサーサイト



原発事故で土壌が汚染されて土地の値段が下がっても、補償はされないのか。 << Home >> この植物の名前が知りたい
Comment
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/08/12 09:08 | # | 編集







Trackback
原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.