FC2ブログ
川内原発 なんで再稼働できるの?(2)
2014/09/08 20:58 | 原発 | C:0 | T: 0
こんばんは。

相変わらず、怒りが収まりません!
私はおバカな人間ですが、これ以上バカになりたくありません!

昨日、川内原発 なんで再稼働できるの?を書きました。
この記事はそのおまけです。

川内原発の審査書案には、「避難計画」が入っていなくて、「事故が起きたら勝手に逃げてねー、でも再稼働の判断は専門家じゃなくて、政府がするからね」であるわけですよね。
なのに、4日前の報道では、地元の避難計画を政府でも確認しながら進める考えを強調。とあります。
・・・政府でも確認。。。でも、ってなんでしょうね。
地元が作んなきゃなんないんだよ、だけど早く再稼働したいから、こっちでも確認するよ。ってことでしょうか。
めちゃくちゃ嫌な感じですね。
ジャイアンが、スネオに夏休みの宿題をやらせています。
ジャイアンのお母さんが、ジャイアンに言います、「宿題ちゃんとやってるの?」
ジャイアンは、「スネオにやらせるけど、スネオがちゃんとやってるかどうか、俺も確認すっからさー」 ですね。

更に、「まずは地元の要望をしっかりおうかがいする」って、文章がへんです。地元が避難計画を作るんだから、お伺いなんかする必要ないでしょ、何を伺うの???
陣中見舞いみたいなもんですか??? お見舞いの品は何がよろしいですかってお伺いするんですか?

川内原発の避難計画作成を支援 経産相、職員派遣へ
だそうですが、5人(二つの市に2人と3人ずつ)くらいの職員を、しかも、「経産省」の職員を派遣して何の役に立つのかと思っていましたが。
(以下、上の記事引用)
茂木氏は「支援を強化することが主たる目的だ」と述べた。派遣する職員は、地元の要望を把握し、関係省庁との連絡調整を担う。
 鹿児島県に3人、薩摩川内市に2人の職員を、近く派遣する。5人には原子力防災を所管する内閣府の併任を1日付で発令した。
(引用ここまで)
のように、単なる連絡係を置いたわけですね。
もともとの防災の専門家でも、火山や原発や救急医療の専門家でもなく。監視役ですかね。ジャイアンがスネオを監視?
火山の専門家を入れないんですか?
都合の悪い意見を言われるから、入れないんですか? でまた、でっちあげるんですか? 福島の二の舞いをでっちあげるんですか?

中央省庁って、過去の過ちの反省をする姿勢が見えないという点で、ものすごく嫌な感じがしました。
そんなところの言う事を聞いて、ほんとに使えるかどうかもわかんない「避難計画」を、火山の専門家の意見もいれずに作って、また事故でも起こったら、もう誰も日本や日本人に同情なんかしません。
日本人って、福島第一原発の事故の時だって、「今度は日本は自分で原爆落とした」みたいに海外のツイッターで書かれたのに、更に、もう一回。。。バカを通り越して、集団で海に飛び込んで自殺する、ネズミの集団とどこも変わらないよ!!!
発狂しながら死んでいく中毒患者?

一度、福島第一原発事故の前に、原発に関わっていた人、監督する立場だったすべての中央省庁所属の人は、きっちり懺悔してください。
あなたたちが、「自分たちの予測は外れない」みたいな高飛車な姿勢で、真実をないがしろにしたから、事故が起こったともいえるのに。
原子力を監督する立場だったくせに、いざ事故が起こったら、さも東電が全部悪くて自分たちはそれを取り締まる立場だ!!! のような、全く汚れ仕事をしない、人間としての気持ち悪さ、そういう立場の人たちが、まず一番反省しなさいよ!!!!!
税金からお給料もらって、やっていた仕事が、外れたんでしょ、それで事故が起こったんでしょ、なんで反省も無く、普通にしているのかな???

これじゃ、川内原発が再稼働したって、同じようになるでしょうよ、もし事故が起こったって、いつだって、安全なところでしらーーーーっと「監督だけしてるように見せかけてりゃいい立場」 なんだから。

コントロールしているつもりで全部嘘っぱちなのに、一生懸命見栄だけはってる、かかしがたくさん。
まずちゃんと反省しようよ、今までの仕事が間違っていたこと。事故を起こしてしまったこと。
そして、もう嘘つきやめて、正直になろうよ。

ブログ内関連記事
http://gosenshitosyukiritsu.blog.fc2.com/blog-entry-168.html



スポンサーサイト



幼児化? ご当地キャラクター << Home >> 川内原発 なんで再稼働できるの?
Comment







Trackback
原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.