FC2ブログ
中国地方 移住情報
2015/03/14 13:04 | 移住 | C:0 | T: 0
一つ前の記事に中国地方の保養情報を載せてありますが、そこにも移住関係の情報があります。


(岡山県)
おかやま晴れの国ぐらしIJU(いじゅう)アドバイザーのご案内
http://www.okayama-inaka.jp/prefecture/topics/20131118132431.html

岡山市に移住・定住するための情報サイト おかやま生活
https://okayama-life.jp/
仕事 就農支援 のページには、岡山県や岡山市、農業関係団体等が共同で実施する研修制度の紹介があります。
岡山県や岡山市では、新規就農を希望する方のために各種研修制度を設けており、中には研修費が支給されるものもあるようです。

(以下引用)
農業体験・実務研修
岡山県や岡山市、農業関係団体等が共同で実施する研修制度です。
55歳未満の方で、原則、県内に就農しようとする農家出身でない方が対象です。
1ヶ月間農家等で滞在する「農業体験研修」と2年以内の実践的な研修を行う「農業実務研修」がセットになっています。なお、実務研修期間中は、研修費として年間150万円が支給されます。
(引用ここまで)

お試し住宅 格安で借りられる住宅が9戸あるそうです。現在ふさがっているそうですが、空いたら募集とのことです。
https://okayama-life.jp/house/try/

岡山県高梁市 移住・定住情報サイト 住もうよ高梁
http://www.city.takahashi.okayama.jp/site/sumouyo/
体験談
http://www.city.takahashi.okayama.jp/site/sumouyo/iju-taikendan.html

岡山県内の電車の本数が増える計画があります。こちらをご覧ください。
http://www.sanyonews.jp/article/113146/1


(広島県)
広島県 交流移住ポータルサイト 広島暮らし
http://www.city.takahashi.okayama.jp/site/sumouyo/iju-taikendan.html

広島県安芸太田町にはお試し体験住宅があるのですね。
http://www.akiota.jp/kanko/trial_house.html
空き家バンクの情報もあります。見ているだけでほっこりしてしまいます。
http://www.akiota.jp/chiki/akiyabank.html

広島県府中市 移住希望者のお手伝いの情報のあるページ。
http://www.fuchu-albatross.org/

広島県内の可部線の延伸についての情報があります。新駅舎2017年春開業だそうです。
http://response.jp/article/2015/02/10/243973.html

(山口県)
JOINニッポン移住交流ナビ
http://www.iju-join.jp/prefecturepages/yamaguchi
こちらのサイトさんは、日本中の地域で検索ができるようになっているようです。

やまぐちお試し暮らし制度
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a10000/otameshi/otameshigurashi.html

本気に田舎暮らし!!
http://www.mjna50.net/1-yamaguti.html

(島根県)
ふるさと島根定住財団
http://www.teiju.or.jp/

くらしまねっと
http://www.kurashimanet.jp/experience/industry/
余談ですが、こちらのページのイラストで、吉田君(鷹の爪団に出てくるキャラ)を発見して、一人で盛り上がってしまったタラの芽天ぷらです。
私、蛙男商会さんのファンなもので、、、もうそれだけでもこのページ、見る価値があります!(ご興味ない方にはすみませんでした。。。)

(鳥取県)
鳥取県移住定住サポートセンター
http://furusato.tori-info.co.jp/iju
お試し住宅の情報が数多くありますね。
格安で泊まれるものもあれば、中には温泉付きなんていうのも。(ちょっとお高いですが、でも一般のところより安そうです。)


【自分が移住先を探した時に感じた事】

生活に必要な電車バスなどの交通機関は行って確認したり、地元の人に聞くと、確実。うちの近所ではバス路線が廃止になっていたりもしました。(駅が近いので大丈夫でした)

仕事についても、地元で無料の求人誌を集めて見たり、町を歩けばなんとなく傾向がわかったりします。

泊まる場所は、自分の場合は、知人宅、ゲストハウス(2500円/泊)、駅前ホテル(4500円/泊)、外国人観光客用ゲストハウス(3500円/泊)などでした。
(知人がいる方は、頼んでどんどん泊まらせてもらったら助かりますし、情報ももらえます。)

泊まる場所の近くに、すぐ食料が買えるお店がある方がいいと思います。
一度、雨の中を不動産屋めぐりをした後に体調が悪くなってしまい、丸一日ホテルでばてていたことがあります。。。
そんな時も、すぐ近くに食べる物が買える店があれば、心強いものです。

移住先を探す作業は、なかなか時間もかかり大変でしたが、初めて訪れる土地ばかりで珍しさもあり、今思い返すとなかなか楽しかったです!
ゲストハウスやホテルなどのスタッフの方たちはとても感じが良く親切でした。

(情報は、2015年3月上旬現在のものですので、変更もあり得るので再度ご確認をお願いいたします)

スポンサーサイト



廃棄物問題の一つの元凶はここでは? << Home >> 保養支援の団体さんを調べてみました
Comment







Trackback
原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.