FC2ブログ
廃棄物問題の一つの元凶はここでは?
2015/03/15 07:00 | 原発 | C:2 | T: 0
ここの所、またいくつか、東日本全体の放射性廃棄物、指定廃棄物の事や、福島県内の除染廃棄物の処理に関することを書きました。
結局私の考えは初めから全然変わらず、原発から飛んできた汚染は事故を起こした福島第一原発(隣接した地域含む)にお返しして、人は被ばくしないように、より汚染がない所に避難してもらうということに尽きると思い続けています。
恐らく多くの方たちがそう思っていると思います。

そして、福島第一原発の近くの用地買収が進んでおらず、地権者の方たちが苦しい思いをなさっていることが、下のブログさん記事を読ませていただくと分かります。
http://fukushima20110311.blog.fc2.com/blog-entry-104.html(※1)

(以下引用)
いやもう、見たら、買い取りの基準がうんと低いんだ。事故前の5割って、私らにとっては半値以下だからね。
 「新たに土地を見つけて、家をつくって、生活して下さいよ」と言われてもね、国の基準では、土地は買えても、家は建たないのよ。いわき市だって原町だって、ずっと高いわけ。なぜ移転先の価格を基準にしないんだって。
(引用ここまで)

原発は絶対事故りませんと騙されていて、起こった事故で意に沿わぬ汚染を受けて、地価が下がり、無理やり住めなくされて出ていかなきゃいけないのに、代替え地や家がちゃんと保証されないなんてひどすぎる。
5割ってなんでしょう? 普通だったら事故前価格丸々プラス慰謝料じゃないでしょうか。

土地を売らない地権者が悪いとか、ごねてるとか、そんなイメージを植え付ける策略。
先祖が苦労して開墾した土地を無理やり追われるのに、価格を5割って。。。こういうところにお金をケチって、放射能は安全ですのプロパガンダなどに無駄にお金を使っている。
だから、廃棄物の問題が解決しないんだと思いました。

川内原発、再稼働しようとする地域は将来自分たちがこういう目に合うかもって考えているんでしょうか!

以前から、原発事故で土地の値段が下がって、その下がった値段で売るようにされそうになっていました!

(以前書いた記事 原発事故で土壌が汚染されて土地の値段が下がっても、補償はされないのか。

とんでもない話だと思います。
そして、その後事故前の値段で買い取る(それだって慰謝料考えたら少ないと思います)話もどこかで読んでほっとしていたのですが、そうじゃなかったらしいですね。

これが元凶と思いました。
地権者の方が納得する価格で、買い上げるべきだと思います。


(これって当たり前のことだと思うんですが、当たり前のことが当たり前じゃなくなっている今の世です。)

そうすれば、将棋倒しのように、いろいろな問題が解決してゆくように思えますが。

例えば、福島県内の除染廃棄物の行き場が無く、仮設住宅の近くに積まれていることや、
(こちらが参考になります↓
田中龍作ジャーナル【福島報告】 除染残土の山と暮らす原発事故避難者

東日本の8000Bq/kg以上の指定廃棄物の行き場がない事などの問題が。
(以前書いた記事 セシウム8000Bq/kg以上の指定廃棄物、12の都県でそれぞれ燃やして最終処分場?
セシウム8000Bq/kg以上の指定廃棄物、12の都県でそれぞれ燃やして最終処分場? その2

また、先日パブコメの記事を書きましたが、廃棄物の管理が今でも不透明で2次汚染の恐れがあるのに、今後もっと悪くなる法律ができそうな事(除染も多次請けができるようになり、今でもドイツの番組などでは暴〇団員の関与が取り上げられているのに、もっと関与しやすくなる恐れがある。)
(以前書いた記事 1/20 1/21期限のパブコメについての前半部分参照)

参考 ドイツZDF「フクシマの嘘 其の参」

この法律改正は、「除染が進まないから作業員確保をしやすくすること」を目的にしていましたが、除染が進まないのは作業員確保の問題じゃなくて、廃棄物の持って行き場がないからじゃないでしょうか。
どうも怪しい所が多すぎます。
この様な問題も、用地買収がスムーズに進めば、作業員さんの雇用条件が悪くなる恐れのある法律改正など必要ないとおもいます。

~~~ ♢ ~~~ ♢ ~~~ ♢ ~~~
(ここから先の文章は、地権者の方たちへの私のお願いを含んでいます。)

そして、私は一番上に引用させていただいたブログさんの記事を読んで更に思ったことがあります。

大熊町、二葉町の地権者の方たちは、一度、原発は絶対事故りませんという言葉に騙されてしまって、恐らく国民のうちほとんどが騙されてしまって、こんなひどいことになってしまいました。

もう、2度騙されてはいけないと思うのです。
次世代以降の人達にこの重い責任を負わせてしまった今の世代の大人として。

一度だました電力会社や国です、そして、誰も逮捕者も出ず責任も取らず済まそうとしている会社、国です。
くれぐれも、福島は安全だという嘘がもしあったなら、騙されないでいただきたいのです。

同じ相手に2度騙されないでいただきたいのです。
一度だました相手が、次は信用できるという根拠が無いものですから。

一番最初に引用させていただいたブログさん記事(※1)の中に、原町、いわき市など、福島県内の地名が出てきました。
この地権者の方たちが、次にお住いになる土地をどこに決定されるのか、私は気になっています。

その土地をまたご子孫に残されていくわけですから、どうか子供たちが被ばくしないで済むような土地を、安全な食べ物が食べられるような土地を残してあげていただきたいのです。

下のブログさん記事では、原発事故当時1,2歳のお子さんを子育て中の方が、未だに福島の子育てに不安を感じていて、保養や移住をかなりの方が希望されていることを取り上げてくださっています。

http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-19515
福島県中通りで震災当時1,2歳の子育てするお母さんへのアンケート結果が、下の結果。(西日本新聞2015年3/12記事による)
(ここから引用)
原発事故補償に不公平感を覚える 70%
出費が増え、経済的負担を感じる 59%
放射能の健康への不安が大きい 58%
放射線量の低い所に保養に行きたい 55%
福島での子育てに不安を感じる 51%
地元産食材は使わない 28%
できるなら避難したい 25%
(引用終わり)
だそうです。
本当なら、「子ども被災者支援法」で子供たちを長期保養させるべきです。
だけど、今の状況は、、、、、、、、

どうか、新しく土地やおうちを手に入れるチャンスのある方は、なるべく汚染のない所に手に入れて、お子さん、お孫さん、お友達などを招いてあげて下さい。

新潟とか、山梨県、長野県、西日本、そんなに行くのが大変ではなくて、きれいな自然があって、汚染の少ない所もたくさんあります。

おじいちゃんおばあちゃんちに夏休みに行くなら、おじさん、おばさんちに行くなら、みんな大喜びで大助かりです。
大好きな人達のところに長く居られて、外で自由に遊べて、元気に過ごせるのですから、最高です。
更に、そのおうちが放射能汚染が少なくて、安全な食べ物を食べさせてもらえる場所であったなら。

どうか、外遊びを制限されているお子さんたちのことを考えてあげて下さい。

どうか、ご子孫の健康を最優先に土地を選んで、残してあげて下さい。お願い申し上げます。

スポンサーサイト



Cs134/Cs137 比率 << Home >> 中国地方 移住情報
Comment
チェルノブイリでは 4年目から
被曝症状が グーーンと上がってる
命あってだよ
逃げられる人は 逃げてほしいよね

空気の綺麗な場所に行って 安全な物を食べてれば 子供なら 1年~1年半で 身体に溜め込んだ
放射能は 抜けるらしいよ

諦めるなー!
2015/03/16 21:09 URL | ハレルヤ #- | 編集
ハレルヤさん>コメントありがとうございます。

> 空気の綺麗な場所に行って 安全な物を食べてれば 子供なら 1年~1年半で 身体に溜め込んだ
> 放射能は 抜けるらしいよ

子供のこと第一に考えてほしいですよね。
それと、子供のために東電と政府はちゃんと事故の責任をとって裁かれないとね。
こんな社会を残してはいけないよ。
2015/03/16 23:20 URL | タラの芽天ぷら #- | 編集







Trackback
原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.