FC2ブログ
東電元会長ら3人、強制起訴
2015/08/01 04:03 | 原発 | C:0 | T: 0
おはようござます。
おひさしぶりの、眠れないタラの芽天ぷらです。

「東電元会長ら3人、強制起訴」というニュースが入ってきました。
http://www.asahi.com/articles/ASH7042B5H70UTIL00H.html

(以下引用)
東京電力福島第一原発の事故をめぐり、東京第五検察審査会は31日、東電の勝俣恒久元会長(75)ら3人について、業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴すべきだとする2度目の議決を公表した。今後、裁判所が指定する検察官役の弁護士が3人を起訴し、裁判が始まる。同事故の責任が、刑事裁判で問われるのは初めて。
議決日は7月17日。ほかに強制起訴されるのは、武藤栄(65)、武黒一郎(69)の両元副社長。事故には複雑な要因が絡むため、初公判までには1年以上かかりそうだ。
.(略)
 議決は「原発事故は取り返しがつかない。勝俣元会長らは『万が一』にも備えておかなければならない高度な注意義務を負っていた」と指摘。東電が事故前に15・7メートルの津波を試算していたことを「絶対に無視できないもの」とし、事故は予測できたとした。そのうえで、試算をもとに「原発の運転停止を含めた対策を講じていれば、事故は回避できた」と結論づけた。
(引用ここまで)

東電の元会長と、元副社長二人が強制起訴になったということです。
そして、その理由が、原発事故前に、津波を試算していたのに、対策を講じていなかったこと。

このニュースを読んで思い出したのが、以前読ませて頂いて記憶に残っていた、めげ猫タマさんという秀逸なブログを書いていらっしゃる方のブログの下の記事です。

http://mekenekotama.blog38.fc2.com/blog-entry-1199.html

↑この記事の下の方に、地震学会の会長も務められた地震学者である島崎邦彦氏の発言を書き起こししてくださった文章が載っており、今読んでも相当にショッキングな内容に思います。
ご興味ある方はぜひもう一度読んで頂きたいです。。。

島崎氏は、津波予測で、原子力保安院の人と原子力安全委員会の人から発表に圧力をかけられて、その圧力に負けてしまったこと、それを後悔されていることがわかります。
私は島崎氏はまっとうな学者さんだと思います。
こんな風に、地位のある方が、後悔を言葉に出して表明されることはなかなかできることではないと。
そして、上の記事で、その言葉が、新聞によって、どのように曲げて伝えられたか。。。
私は、新聞の、こういう曲げて伝えるやり方は、読んでいて恥ずかしいと思います。

更に、2011年3月の津波で、この地区では何百人もの方が津波にのまれて亡くなっていることが書いてあります。
津波予測の発表に圧力をかけた方たちは、原発事業への影響などを懸念してでしょう(原子力関係者ですから)。
ですが、結果としてその圧力が、その土地に住まうたくさんの方々の防災(津波への備え、危機意識)に全く影響を与えなかったとは言い切れません。

本当に恐ろしい世の中です。

この裁判が、今後どうなってゆくか、見守っていこうと思います。

電力業界は、反省している様には全く見えません。
九州の方達は、とうとう今月こんな状態で再稼働するのでしょうか?
こんな、未だ裁判も、事故の原因も究明されないで、関係者の中のほんの一部がやっと起訴になった原子力業界のままで、安心して命を預けて再稼働するのでしょうか?

そして、今住んでいる中国地方で、私は近所の方などと話すと、未だにまったく危機意識が無くて、自分の家の近くに原発が無いから安心だと思っている人が多くてぶっ飛びます。
200km、300kmと影響を受けてしまう、という意識がまったく無いのです。。。



関連のあるブログ内記事
http://gosenshitosyukiritsu.blog.fc2.com/blog-entry-181.html

http://gosenshitosyukiritsu.blog.fc2.com/blog-entry-229.html
スポンサーサイト



原爆の犠牲者の方のご冥福をお祈りいたします << Home >> SHELLYさん、かっこいいです!
Comment







Trackback
原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.