FC2ブログ
明日は新学期
2015/08/31 05:22 | 社会 | C:0 | T: 0
私は子供の時に、学校にはいやいや通っていました。
運動会などのイベントが特に嫌いで、運動会の朝に高熱が出て、万歳して喜んだことがあります。

先程何気なく、下にリンクさせていただいた「不登校新聞」さんというサイトを拝見し、明日9/1は、18歳未満の日別自殺者数が断トツ一位であることを知りました。

子どもの自殺、夏休み明けに突出 子どもからのサインは?
http://futoko.publishers.fm/article/9102/


画面を一部コピーさせていただきますと、9/1が本当にすごいのです。
この日が最高で、130人ほどに届きそうな勢いです。(年末年始、ゴールデンウィーク、春休み、夏休みは少ないんですね。)
18歳までの日別自殺者数kito-shin
自分には自殺する度胸も無いけど、9月1日が嫌な気持ちはすごくわかります。
でも多分、好きな子がいて、その子の顔が見れるから行っていたんだと思います。(顔見るだけね。)

記事にはいじめのことに触れていますが、私も未成年の時に数々のいじめ現場を目撃したことがあり、自分も軽いいじめにあったことがあります。
「軽い」と書いたのは、クラスにもっとひどいいじめを受けている子がいて、その子を助けたいと思ったことがあったけど、そうすれば自分ももっとひどい目に合うのではと怖くて助けられなかった、ということがあったのです。
そのいじめられている子は、事情があってご両親と住むことができずにいた子で、高齢のおじいさんと二人暮らし。
小学校でかなりひどいいじめにあっており、それを知っても教師も全く助けることをしませんでした。むしろ一緒にいじめているように見えました。

その子は栄養状態もかなり悪くてやせ細っており、手足ががりがりでした。
その子は、そんな状態でも頑張って毎日学校に来ていたのですが、ある日、何が原因か覚えていませんが、クラス中の子の前で、何かを強く担任教師から叱責され、次の日から学校に来なくなりました。
私はその子のおじいさんが、担任教師に抗議に来ていたのを見たことがあります。
そのおじいさんを、教師はとても冷たい目で見ていたのを今でも思い出します。
でも私や、クラスの友達は、そのおじいさんの、和服で仙人のようないでたちに何か迫力のようなものを感じていましたっけ。

しばらくしてからその子はまた小学校に来るようになり、中学にも進学しました。

その後知り合った人でも、中学でいいじめを受けたことが原因で精神疾患を患ってしまい、10年以上療養生活を送らなくてはならなくなった人もいました。
その子も、中学でクラス中の子からいじめを受け、親にも言えず、誰も相談する人が周囲に居なかったそうです。
その子はととても我慢強く、きっとプライドもあったのでしょう、限界まで我慢して登校して、その後、若い時代のほとんどを病気で過ごすことになってしまった。

高校時代の知り合いにも、とても我慢強く困難に耐えた末に自殺してしまった子がおり、結局そういう事件があった後に、周りはその子がつらかっただろうことを知って、猛烈に悔やむのです。
そして、夢の中に、そういう子たちが出てきて、まだ自殺や病気になる前の段階で、気付いて何とかしようともがく自分が居たり。実際は気づくこともできなかったのに。

そんなに我慢強く耐えないで、逃げ出してくれていたらどんなによかったろう。
家出でも不良になるでもしてくれた方がどんなによかったか、と、今でも思います。

そして、その中でも一番、どうしても忘れられずに、今でも思い出して悔やまれるのは、始めに書いた小学校の時のいじめられていたクラスメートの事なのです。
その子の家は、区画整理で今は無く、どこへ引っ越したかもどうしているかもわかりません。

あんなに小さい時から、かなり苦しい状態に置かれていて、クラスの子も教師も誰も助けようとしなかった。

大人になってからも、何かとひどい状態に置かれることというのはたくさんあるけれど、とにかく子供の時に大きな困難があって、周囲も誰も助けてくれない、そういう時はもう逃げる事しかない。

ずっと時がたって、もう社会人になって相当経った頃、私はある時近所の塾でバイトをしていました。
そこには、不登校になった男の子が来ていて、私はその子の生物をみる係りでした。
その子はすさまじくやる気があって、大検に通って進学するんだとすごい勢いで勉強しているのです。
もう、普通の高校の授業だったら何週間かかかるくらいの内容を、一回の講義でこなしてくるスピードでした。(個別指導だったので)
「なあんだ、学校なんていらないんじゃん」 って思った記憶があります。
塾の宣伝じゃないですけれどね。。。

学校っていったい何のためにあったんだろう。と、よく考えるのです。

クラスメートを作るため? 理不尽な世を知るため? 興味なくともずっとおとなしく座っている訓練? 好きな子の顔を見るため?
部活のため? 結局自分から学ばなきゃしょうがないんだって知るため?

そして、今、ああもう学校なんて行かなくていいし、もう行きたくもない! 縁が切れて良かったー!と思っている自分。
今でも、昔経験した学校みたいな雰囲気の人、団体(大人相手でもそういうのは結構ある)からはひたすら逃げようとしている自分。

そして、もうずっと何十年も、小学校の時にいじめられていたクラスメートのことが忘れられないでいるように、これからもたまに思い出して、あの時はあの子に本当に悪かったなって思い続けているんだと思います。

今日、自殺する子が、一人でも減りますように。


スポンサーサイト



「IAEAの福島の小児甲状腺がんに関する報告書」のロイター記事を読んで << Home >> 福島 空間線量が下がっても元には戻らないもの~ヨウ素129~
Comment







Trackback
原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.