FC2ブログ
「IAEAの福島の小児甲状腺がんに関する報告書」のロイター記事を読んで
2015/09/01 23:05 | 原発 | C:0 | T: 0
もう福島の子供の甲状腺がんは、被ばくの影響を認めざるをえないところまで来ていると思います。
しかし今日、以下のIAEAの公表の記事を見て、喜んでいる人がいるらしく、うーん、ちゃんと読んでいるのだろうかと不安になります。
下の記事は、よく読むとかなり統一感が無く感じられます。

(引用開始)
福島原発事故、子どもの甲状腺がん増加はない見通し=IAEA

[国連 31日 ロイター] - 国際原子力機関(IAEA)は31日、2011年に起きた東京電力<9501.T>福島第1原発メルトダウン事故の影響から、子どもの間で甲状腺がんが増加することはなさそうだとする報告書を公表した。
報告書は「事故に起因すると報告された甲状腺線量は総じて低いため、事故による小児の甲状腺がんが増加することはなさそうだ」と説明した。
「しかし、事故直後の子どもの甲状腺等価線量に関する不確実性は残った」とし、
(続きを読む、を、クリック)

原発周辺の子どもがどの程度被ばくしたのか正確には分からないままだと指摘。事故直後の信頼できる個人の被ばくデータが不足していることが主な原因だとした。
また、「細かな準備が整っていなかったことを主な原因」として、子どもの甲状腺を保護するための「安定ヨウ素」の投与が一律に当時実施されなかったことも不確実性を強めているとした。
報告書はまた、「制御された海洋放出再開の可能性を含め」、高濃度汚染水や原発で出た放射性廃棄物の取り扱いに一段と持続可能な解決策が必要だと指摘。各国は複数の自然災害が重なる最悪ケースに備え詳細なシナリオを練り、作業員を訓練すべきだとしたほか、そうした原発事故時の除染計画を策定すべきだと付け加えた。
さらに、事故時に国際的な連携を強化することも求めた。
(引用終わり)
http://sp.m.reuters.co.jp/news/newsBody.php?urlkey=idJPKCN0R12BA20150901

続きを読む、を、クリックしなければ、下2/3の説明は現れないために、全文読まずに喜んでいるのだろうか?
「事故に起因すると報告された甲状腺線量は総じて低い」ってことを、甲状腺がんが増えないと考えられる根拠としてあげているんだけど、すぐ後に、「原発周辺の子どもがどの程度被ばくしたのか正確には分からないまま」と、その根拠の信頼性を打ち消す事が書いてあり、じゃあ、その甲状腺線量が総じて低いっていう報告、ぜんぜん信じられないじゃん!

それしか書いていないってことは、その一個しか根拠ないのに、その根拠がガタガタってこと?

で、「続きを読む」と、ヨウ素剤飲んでないとか、汚染水、廃棄物ちゃんとしろ、とか作業員訓練、事故時の多国間連携について文句ばっかり言われている様なんですが。
どうして、これを読んで、安心できるんだろう????????
で、8/31の「県民健康調査」検討委員会の衝撃的な結果は加味されているのだろうか?

それで、この記事を読んで大喜びしている人っていったいどんな人達なんだろう。なんだか情けないです。
やっぱり、たまにツイッターで情報集めるけど、表に現れる意見はあまり参考にならないものが多い気がします。

こちらのブログさんの記事の方を私はお勧めします!

福島原発事故後の日本を生きる
http://www.sting-wl.com/fukushima-children6.html


多分、ロイター記者さんは、国連とかIAEA がどんなにいい加減か示してくれて、「ほら、こんなに薄っぺらい根拠しかないんだよ、信じるなよ、避難しろ!」って言っているんだと思いました。
そのための記事だな。
そうとしか思えないです。

(表題、本文の表現が一部不適切だったので翌日9/2 9:00に訂正しました。)


スポンサーサイト



これをモルモットと言わずしてなんと言うか << Home >> 明日は新学期
Comment







Trackback
原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.