FC2ブログ
紫色の白菜の種を蒔いてみた
2015/10/05 06:43 | 植物 | C:2 | T: 0
おはようございます。

去年、普通の白菜の種(買ったもの)を蒔いて、育てたら、その中に一本だけ紫の白菜が混ざっていたのです。
春になって出てきた花茎も、その茎や葉まで紫なのです。
興味があって、その一本だけ、種を収穫してみました。

そして、先日豆腐パックに土を入れ、まいてみました。

20151002 (1

20151002 (2

こんな感じで、普通の緑のものと、茎が赤いものが混ざって出てきました!
そして、写真には写っていないのですが、中に一本だけ、葉まで激しく紫色のものがありました。
ある程度大きくなったら畑に移植して、育ててみます。
もとはと言えば、紫じゃない普通の白菜の種として購入したものなわけですから、面白いなー。


写真は無いのですが、大根も無事に芽を出してくれました。


それと、今しその実が真っ盛りです。
(写真は少し前のものです)
201509shiso

このしそは、種を蒔いたものじゃなくて、勝手に出てきたものなのです。
こちらに引っ越してきてから、シソの種を蒔いたことは一度も無くて、庭にも畑にも、勝手に生えてきます。
今年は赤しそもたくさん生えてきました。
多分、去年お隣の畑で畑主さんが育てていたので、種が飛んできたみたい。
お礼に、先日赤しそのジュースを畑主さんに一本差し入れてきました。

しその実もたくさんとれるのですが、何しろきれいにとるには手間がかかります。。。それでも何とか頑張って、冷凍にして、一年中しその実が食べられるように、、、数日かかってしまいました。
でもとにかく赤しそって良い香なので、手間のかかる作業でもいやな気分にはならないんですね~~~♪
家族も、手伝いを頼んでも、あまり嫌な顔せずやってくれました。
赤しその実は、水に浸してアクを抜いた後、薄切り昆布と一緒に、しょうゆ、みりんと煮て佃煮にしたら絶品でしたー。
(ただし、作った直後はあまりおいしくなくて、翌日からがおいしい。。。不思議)

しその葉も、アトピーに良いので、たくさんフードプロセッサーでオリーブオイルとともにペーストにして、冷凍するつもりです。(そのまま冷凍したのも作ります)
さてこの調子で、冬の食糧確保に向けて、畑の手入れと種まきをがんばります!
あー、もし自分で作った大根で浅漬けとか大根おろしとかたくさんできたらどんなに幸せだろう!!! 夢見てしまいます~♪

去年はたくさん失敗をしましたので、、、去年の秋はちょうどよい時に種まきができずに大抵のものがうまく育たなかったのです。
今年もご近所さんに比べたら相当出遅れていますが。。。何しろご近所さんたちはプロですので。

そして、久しぶりにスーパーに行ったらちょうど手ごろな青森リンゴがあったので早速買ってきて、ケーキに。甘ーいジョナゴールド?風のリンゴでした。皮も入れちゃったー。

20151002 (5

たくさんできたからしばらく持つかなと思ったら一日で半分以上なくなってしまいました。 うーんおいしくて止まらないよ。。。
準強力粉で作ったので、生地が固めになり、牛乳で少し伸ばして焼いてみましたー!!!

作り方は、ハレルヤさんのページを見て作りました。

http://blog.livedoor.jp/minnagenki0518/archives/46399558.html

スポンサーサイト



秋のトマト << Home >> イリコとゴーヤと赤しそのお好み焼き
Comment
あらよーー
作ってくれたのぉぉ
私 うっかりしてて 今 糖質制限してるから お砂糖の量を少なめに 書いてしまったのだよー
すみません

1日たってからが 馴染んで 美味しいんですよねぇ

タラの芽さんも 野菜作りのプロに なって来た感じ~

食料の冬支度
北の国からの 五郎さんを 思い出すぅ
素敵だね~
そちらで ご馳走になった シソの実のちらし寿司 旨かったよなぁ
油揚げの甘さと 良く合ってたね~
2015/10/05 22:03 URL | ハレルヤ #- | 編集
ハレルヤさん>

お砂糖少なめだったのー?
ちょうどよかったですよー。

それに、黒砂糖を小さく割らずに入れたので、焼きあがった時に塊の黒砂糖が蜜のようになっていて、とってもおいしかったよーぉ。

> そちらで ご馳走になった シソの実のちらし寿司 旨かったよなぁ

あら、またこちらにいらしたときには、食べてもらいますよーぉ。
2015/10/06 07:33 URL | タラの芽天ぷら #- | 編集







Trackback
原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.