FC2ブログ
畑土汚染シミュレーション 320Bq/kg(Cs137)肥料を使い続けた場合 
2015/10/08 07:37 | セシウム土壌汚染シミュレーション | C:0 | T: 0
おはようございます。
前回(http://gosenshitosyukiritsu.blog.fc2.com/blog-entry-141.html)の続きです。

現在も、農水省ホームページによると、肥料、土壌改良剤、培土の放射性セシウムの基準は、暫定許容値400Bq/kgのままです。
当時より、Cs137比率が上がっていますので、計算しなおしてみました。
現在のCs137:Cs134比は4:1くらいなので、
http://gosenshitosyukiritsu.blog.fc2.com/blog-entry-247.html
現在の暫定規制値である、放射性セシウム400Bq/kg中のCs137量は、320Bq/kg位となると思います。
ということで、野菜を植えるときの元肥としてCs137 320Bq/kgという肥料を使い続けた場合畑の汚染はどうなっていくかを、以前自分の工夫でシミュレーションしていた方法で、再計算してみました。
仮に、今ほとんど汚染が無い畑 (西日本の福島第一原発事故の影響がほとんどない所を想定してCs137 5Bq/kgと仮定)に、野菜を植えるときの元肥として320Bq/kgの肥料を入れただけで、どれくらいの汚染になってしまうか、というのを計算しています。

計算方法などは上にリンクした前回のモデル2に準じています。
その結果、グラフ4の様になりました。

320Bqグラフ4
計算方法は大雑把に、以下のようにやっています。

春、 H(Bq/kg)(1年目春のみHの初期値5Bq/kgを使う)のCs137を含む畑土に、320Bq/kgのCs137を含有した肥料をAkg/m2施用し、上層部15cmが均一になるように混合するとした(AKgの肥料が150リットルに希釈されることになる)。施肥による土の重量増加は無視する。
Cs137の増加量はA×320÷150。→B(Bq/kg)とする。
結果、Cs137濃度は H+Bになるとする。→C(Bq/kg)とする。
ここに野菜苗を植えるとした。
半年間の間に、作物に移行したCs137量は、農林水産省のホームページに掲載されている移行係数を使って算出(前記事参照)
移行係数=農作物中のCs137濃度(生鮮、Bq/kg)/土壌中のCs137濃度(乾土、Bq/kg) と、定義されている。
植え方や、収量は、うちの家庭菜園で実際に行っていた数値。(講談社 野菜づくり大図鑑 藤田智編著 を参考にして栽培している。施肥量もこれに倣っている。)
例えば1年目春はトマトであるから、1m2当たり、作物に移行したCs137量(Bq/m2)は、以下のように計算できる。
C(Bq/kg)× 0.00070(トマト移行係数)×収量11.1(kg/m2) → E(Bq/m2)とする。
Eの数値を畑土1kg当たりに換算するには、
E÷150 →F(Bq/kg)とする。
畑土のCs137量(Bq/kg)から、作物に移行した分(F)を減じたものを算出する。
C-F  →G(Bq/kg)とする。
半年後の、土壌滞留半減時間(全国平均18年)(この数値にCs137の崩壊も考慮されている。)から計算される放射性セシウム量はHとする。
G× {0.5^(0.5/18)}   →H(Bq/kg)とする。
このHの値が、半年後の畑土のCs137含有量と仮定し、これを(5Bq/kgに替わる)新たなCs137初期濃度とし、同様の計算を繰り返した。
(モデル2を使っているのでDの値はゼロとなる)

滞留半減時間については、文献(参考文献 駒村ら 農環研報24.1-21(2006))を参考にさせて頂いています。


作物中のCs137濃度を算出した。
C(Bq/kg)× 0.00070(トマト移行係数) → I(Bq/kg)とする。

以上のような計算の繰り返しを32年分行い、Hの値を表にすると、グラフ4の様になった。

全国平均の土壌滞留半減時間18年の場合のみ、計算データを下に張り付けておきます。
320Bqグラフ4データ 土壌滞留半減時間18年

これを見て、何を大げさなと思われる方もおられると思います。
けれど、昨今放射性物質、廃棄物の管理がどんどんいい加減になっているので、まったく気が抜けません。
先日除染廃棄物が大雨で流出しました。
また、下の福島民友ニュースにある様に除染廃棄物の再利用を検討しています。
「除染土壌で再利用戦略 環境省が10年計画、技術開発へ」
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20151002-017320.php

いったい何に再利用するのでしょうか。

私の願いはとにかく、子供や避難を希望されている方が避難の権利を得てご家族で避難(移住)できて生活が守られること、今ある汚染の無い土地をそのまま汚染せずに守って、人間、植物、動物などの生き物にとっての環境もせめてこれ以上悪くならないように。。。

お知らせ 次の更新は都合で11月に入ってからになります。元気にしていますのでご心配なく。

関連のあるブログ内記事
http://gosenshitosyukiritsu.blog.fc2.com/blog-entry-141.html

スポンサーサイト



岡山大学 津田敏秀教授 ありがとうございます! << Home >> 赤しその実 こんなに美味しいなんて知らなかった!
Comment







Trackback
原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.