FC2ブログ
ヨモギととら豆のパンケーキ
2016/05/13 22:43 | 料理 | C:2 | T: 0
こんちはー。
すごくおいしいパンケーキを作ってしまいました!

ヨモギが庭に生えていて、たまたまとら豆の煮豆(キビ砂糖としょうゆで薄く味を付けた後)を作った後だったので、ふと思いついて適当に作ってみたら。
めっちゃうまです!!!

和菓子の様な食感、もっちもちです~ぅぅぅ

20160509 (6

暖かいうちにはちみつかけて食べました~
20160509 (8

ヨモギは私は細かく切るのが苦手なので、割とぶつぶつに切ったままいつもパンなどに入れるのですが、割と大丈夫です!(笑)

材料
ヨモギ 柔らかい葉の部分をざるに1杯くらい。
とら豆ゆでたもの(煮汁ごと) カップ1/2くらい 好みで
薄力粉 2カップ
強力粉 1/2カップ
キビ砂糖 1/4~1/3カップ
ココナツミルク 1/2カップ
ベーキングパウダー 小2
卵 2個

作り方

ヨモギは洗って、さっと湯がいて、冷水で短時間洗い、軽く絞り、包丁で5mmくらいにざっくりと切っておく。
薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖をボールに入れ、泡だて器でよく混ぜておく。(私は計りもせずに目分量です)
そのボールに、卵、ココナツミルク、ヨモギ、とら豆(煮汁も)を加える。
混ぜながら固さを見て固かったら水を加えて、好みの固さの生地にする。
柔らかすぎたら、強力粉をパラパラと加えてよく混ぜ、ぽってりとするくらいの固さにする。
フライパンで両面焼く

結構お腹に溜まります。
あまったら、冷凍しておいて、食べたいときに解凍すれば、素敵なおやつになります。

20160509 (9
お茶は庭に生えているレモンバームとローズマリーです。

畑では初めて挑戦したソラマメが収穫できました。
20160509 (10

ほとんど肥料もやらず、あまり手をかけなかったので収穫はあきらめていましたが、数は少ないもののおいしーい実が付きました!
収穫したてはやわらかくて、皮も食べられちゃいます。

そして、畑のお手入れはなかなか進まず、今年は後れをとってしまい奮闘中なのですが、今日も勝手に出てきた菜の花の蕾や三つ葉をお浸しにして食べたりと、食べる物はいつもどこかしこに生えているという感じです。
ご近所から山椒を頂いたり、茗荷の芽を刻んでおかずにしたりと、お米や小麦粉、乾物さえあれば、あまりスーパーに買い物に行かないでもご飯が食べられる生活です(笑)
こういうのは、ちょっとした災害にも有効かも。

ご近所の方がみなさんやさしくしてくださるので、そのおかげでこうやって畑の恵みで生かされていることを実感します。

スポンサーサイト



ハーブティーレシピ レモンバームなど << Home >> 詩 「8000ベクレル」
Comment
タラの芽さんレシピ あざーす

でも トラ豆ね 自称モデルとか言う人が
毎日食べてるとか言ったらしく こちらでは 売り切れなんですよ~
もうしばらくしたら 飽きっぽい日本人
手に入ると思います
そしたら 作って見よう

お散歩しながら ヨモギが摘めるなんて
羨ましい限りですよー
こちらでは 測定に出さないと 安心して使えないんだものね~
何処に ホットスポットがあるかわからない
気にしない人の方が だんぜん多いですけどね~
きっと 放射能の影響だとしても 証明も出来ずに 静かに死んでいくんだろうなと
最近は そう思ってる
風化の波は 津波ほどの威力ですね~
何を どうすれば 世の中変わるんだろ?

あ!すみません
パンケーキの話しからだいぶ 反れてしまった
2016/05/16 01:14 URL | ハレルヤ。 #- | 編集
ハレルヤさん>
コメントあざーっす!!!

とら豆ね、そんなに人気なの知らなかったー!!!
でも、味は白いんげんとかウズラ豆に比べて、格段に美味しいってわけでもなくて、どの豆も全部おいしいよー!!!
だから、たまたまとら豆だったけど、何の豆でもいいんですよー

私も次回は売っててもとら豆じゃなく別の豆にするつもりでいます。

今年は春に農作業をさぼったので(集中できなくて)、今頃になってとても忙しいですー。

ハレルヤさん、ヨモギはプランター栽培はできるんでしょうか?
なんか強そうな植物だし、摘んですぐゆでると香りもいいよね。
私は、野のヨモギを庭に移植してたまに米のとぎ汁をかけていたんだけど、それだけでも結構新芽が出ました。

近所のヨモギは除草剤無さそうなところを選ばなくちゃいけないです。
2016/05/16 12:56 URL | タラの芽天ぷら #- | 編集







Trackback
原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.