FC2ブログ
中国地方の方へ 伊方原発に何かあったら地元農作物が汚染されますよ
2016/06/28 00:00 | 原発 | C:2 | T: 0
今日、伊方原発3号機にモックス燃料を含む核燃料を入れる作業が終わったそうです。
私は5年前の夏のことを想い出していました。
畑の土表層を剥いで、震災前の肥料だけ使って夏野菜を作り、セシウムを測りに行ったら、結構な量のセシウム、それも福島原発事故由来の放射性セシウムが検出されたこと。

その時、福島第一原発からうちまで230~250km位だったんだな。

伊方原発から中国地方の距離は、ほとんどその時の距離よりずっと短い。

下の地図は伊方原発を中心とした250km圏内の地図です。

ikata250kmmap

(http://www.benricho.org/map_energy/250km/20.html より図をキャプチャ―させて頂きました 役に立つ図をありがとうございます)

中国地方のほとんどが距離的には、東京-福島間よりずっと短いんだ。風もよくそちらから来る。

あの、自分の野菜からセシウムが出た検査結果の紙を見た時の、すーっと血の気が引いていく気持ち(予見していたとはいえ)は、経験したものでないとわからないと思う。
農家さんだけじゃないんだ、ここらの人はみんなほとんど家庭菜園やっているけど、全滅になるんだよ。
キノコや山菜、おいしい瀬戸内の果物、柑橘類は被害が多く出た。
ゆずも、竹の子も。

中国地方の人たち、四国の人たち、覚悟は良いですか?

国は何もしてくれないからね。


口の中に金属の味がしたら要注意です。
あの時、東京にいて、家の中にいたのに急に口の中に金属の味が激しくしたので、歯の詰め物がとれたと思った。
歯医者に行かなくっちゃ! と思いながら、鏡を見ても、変だな、どこも取れていないや。 なんだろう、と思った。

↑ こんなことがあったら要注意ですよ!

一度汚染された土地は、何百年、何千年経っても元には戻らない、ということを覚悟してくださいよ。

今住んでいる近所じゃ放射能の事や健康被害や政治の事、話してるので結構もう変な人扱いされている私です… その点ではただの一人も話なんて合う人いませんから。




スポンサーサイト
三宅洋平さん これからも応援しますよ! << Home >> 長寿命核種 テクネチウム99、セレン79
Comment
あら 話す人 私がいるべさ

いつでも そちらに 行きますよ

少し前 鉄の味がしました
歯茎から 血でも出てるのかな?と 思った
でも 原発事故の時を直ぐ思い出した
やべ! なんと 埼玉県から 放射性数値が 上がってた
こちらも 0.14に上昇してた
翌日 口内炎が 4コも
内部被曝 また してしまった
町田や三鷹などの 水道水は 今でも 放射能入り これからも減ることはないですよね
空から 未だに降り積もってるんだもんね

四国は 私の田舎ですよ
愛媛県宇和島 原発は必ず 事故を起こす
そしたら 田舎は 放射能まみれになるんだよね
再稼働 馬鹿げてる!
福島だけじゃない 東京の汚染の凄さも知れ!!
2016/06/28 21:35 URL | ハレルヤ。 #- | 編集
> あら 話す人 私がいるべさ

うぇ~ん、ハレルヤさんありがとうございます!
そうでした、ハレルヤさんがいる。
ありがとうございます。
じゃあまた来てくれると思っていていいんですね!

鉄の味、またしたんですね! うへー
5年前を思い出しますよねー
埼玉からってどういう事なんでしょうね。
福島からまだ出てるのが埼玉通って来たってことでしょうか?

口内炎が4個ってかなりつらいじゃないですか! 大丈夫?

> 四国は 私の田舎ですよ
> 愛媛県宇和島 原発は必ず 事故を起こす

宇和島のジャコ天は美味しいもんな~ぁ
瀬戸内産の練り物もさっぱり買わなくなっちゃったよー、年に1回くらい材料産地まで明記しているのが安くなっていた時だけ買う。
練り物って値段がピンキリなの。
あれって、どういう意味なんでしょうね、なぜ値段が5倍も違うんでしょ。

伊方原発が事故ったらもう日本には北海道しかなくなってしまう。
全国均等に汚染したくてしょうがない圧力がかかっているように見えてしょうがない。
一番大切な、子供の甲状腺がんの話も見事に無関心だもん。

今選挙前で、自公で改憲されたら大変なことになるという話はあっても、伊方の話は恐ろしいほど関心がもたれていないよ。
そりゃ改憲は言語道断だけどさ。
2016/06/28 23:55 URL | タラの芽天ぷら #- | 編集







Trackback
原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.