FC2ブログ
不安を安心に変えるには移住しかないでしょ
2016/10/19 06:15 | 原発 | T: 0
福島県の人口減少は、震災以降ますます進んでいるそうです。(注1)
原因は 震災以降、県外への転出の増加(社会減の拡大) だそうですから、移住できた方は本当によかったです。
だけど、福島県は、人口の県外流出の抑制を進めているんだそうです(注1)
進めているってことは、県外に移る方が不利になるように、県内に留まる方が有利になるように、補助金だの圧力だの掛けている事なんでしょうね。
税金を使って被ばくを促進するんだから、恐ろしいことです!
本来だったら子供たちを被曝させないために進んで県外移住を促進するはず。
自治体の存続とか公務員の給料とかそういうのを子供の健康より優先しているのか。

そして、「福島・被曝に挑む科学者たち~野生動物の危機」というこちらの動画では(注2)、栃木県那須野ヶ原でオオタカの繁殖率が原発事故後大幅に低下、とか、福島のニホンザルの子供の白血球数低下など、とても正視できないような報告があります。
(本題とずれるけど、映像では外でマスクしていないのでびっくりしました)

よく言われる安心、得るためには西日本などに移住するしかないでしょ。
食品や環境の放射能の測定などは汚染地での不安な生活の中で、より被ばくの少ない生活や食品を選択する助けにはなるでしょうが、「安心」をもらえるものではないと思います。
判断材料ですし、食品会社を牽制するし、放射能測定をしてくださっている方々には感謝しかありません。

でもそれが悪用?されているのか、測定や検査して安心が得られるんだから汚染のある土地に住める、のような書き方はおかしい。
今の風潮はおかしい。
汚染のある土地に人々を返したり、学校を再開したり、あたかも除染すれば住めるのような幻想見せたり、避難者の補助を切ったりするのはおかしい。
とにかく汚染地帯から子供を移住させない福島県はおかしい。

「金目」 (カネメ) で何が悪いんだと言って欲しい。
人の工場の爆発で自分の土地が汚染されたのです。
新しい土地でやり直すためにお金を要求して何が悪いのでしょう。
美談に洗脳されてない?
元の汚染の無い土地に戻すことはできないんだよ。
新しい土地でやり直すのにはお金がかかって当然。
どうして補償を要求することがまるで悪いことみたいに言われるの?
全力で逃げようとしているなら、私は拍手します。

汚染地に住みながらたかだか数日の保養とか、1,2種類の核種の測定とかで「安心」なんて気安く言葉にする社会があったとしたら、おかしい。
数か月の国内留学ならまだしも。
検査したってその時は一時的な安心は得られてもそこに住み続ければ要因は減らず蓄積していくだけ。
まず、避難があってその後に測定や検査がくるべきなのに、まるでもう逃げられないものと考えているようでものすごく気持ち悪く感じる。

福島のお母さんの2人に1人は県内での「子育てが不安」だと感じているそうです(注3)。
相当な数の方が不安を感じていらっしゃるのだからまとまれば相当な力になるはずなのに、なんだか自治体や国や電力会社の都合のいいように誘導されているように感じる。
不安の解消にはまずその土地を離れ、更に継続検査するしかない。

~ ♢♢♢♢♢ ~ ♢♢♢♢♢ ~ ♢♢♢♢♢ ~ ♢♢♢♢♢ ~
ブログ内関連記事
http://gosenshitosyukiritsu.blog.fc2.com/blog-entry-255.html

注1
http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/list281-1040.html

注2
http://www.dailymotion.com/video/x4xmvm6_%E7%A6%8F%E5%B3%B6-%E8%A2%AB%E6%9B%9D%E3%81%AB%E6%8C%91%E3%82%80%E7%A7%91%E5%AD%A6%E8%80%85%E3%81%9F%E3%81%A1-%E9%87%8E%E7%94%9F%E5%8B%95%E7%89%A9%E3%81%AE%E5%8D%B1%E6%A9%9F_tv

注3
https://www.actbeyondtrust.org/campaign/pledge/tarachine/jp/

(時間が無いのでコメントは無しにします)
スポンサーサイト



原子力はひどいなあ << Home >> 路上ライブのどこが悪いんだろう?
Trackback
原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.