FC2ブログ
旅先で起きたこと、感じたこと
2013/07/03 02:27 | | C:0 | T: 0
原発事故の後、私は何度か、家族に、将来は外国に移住しようよ!なんて持ちかけては、やだーなどと言われていたのですが。。。(トホホ)海外旅行さえいやだと。
F1原発事故の後、私は、家族から新興宗教扱い、ノイローゼ扱いされて、国内移住も絶対いやと言われて、この食べ物は、、、とか言った瞬間に、機嫌悪くなられ、一時は原発の話をしただけで嫌われました。
だけど、2年間で少しは家族は変わりました。
「北海道野菜アボカドしかなかったよー」と言って買ってきてくれる。。。「アボカドじゃなくて、これブロッコリーだろ!!!」
という感じになりました。
そして、やっと、たまには保養旅行に行くと言ってくれました。
スポーツ観戦とか、食べ物で釣ったのです。これから計画を立てます。

それにはまたお金もかかってしまうし(節約しなきゃ!)、自分のメモとして、また私と同じようなことを考えていらっしゃる方がいるかもしれないから、今回のドイツ旅行で感じたことを順不同で書いておきます。

☆日本ってやっぱりお母さんに負担がかかりすぎている気がしました。旅行中、いろんなご家族を見てそう感じたのです。うまく言葉にできないのですが、やっぱり男女の役割分担が、その国によって傾向があるのかもなあ、と思ったのです。
どちらがいい悪いではなく、ある場所での常識はほかの場所では全く別なんだなあと。

☆結構原発事故の話題って普通に出ました。
私は自分からはそういう話題は一度も振ったこと無いのです、でも普通にそんな話になるのです。
ドイツ人の女性が、日本のF1原発事故の後に、事故前の日本茶を集めて買った、という話をしていたのには、ああ同じなんだと思いました。
フランス人の若い男性が、自分の家の近くにも原発があるんだ、と、浮かない顔で言っていたり。
ヨーロッパで勉強をしながら仕事もしている日本人の知人は、周りの人に、今福島が大変なことになっているぞ、と言われて、とても不安だったそうです。そして、実家からいつも送ってくれていた日本の食料品が、事故の後送り返されてしまい、届かなくなった。ネットを見ると不安な話ばかり、そんな感じでずいぶん辛い思いをしたそうです。
チェルノブイリ事故の影響もまだあるから、この土地の野生キノコはまだ食べられないとか、そんな話も出ましたし、ほんと、日本と同じだわ、と思いました。
万国共通の話題、って感じましたね。悲しいけど、実際そうでした。

☆海外保養旅行って、経済的に考えた場合、北海道旅行と比べてどれくらいの負担か、考えてみました。(ただし語学の問題は別として)。
飛行機代は、(一人当たり)何万円か大目にかかってしまいましたが、北海道旅行の飛行機代の2倍ちょっとでしょうか。ホテル代、食費などは、場所によってはむしろ日本の観光地の方が高いかもしれないです。
ドイツでは、あるところでは、ホテルをシングルでとってもツインでとっても合計の金額が同じ(一万円くらい)だったりして、家族で行く方が得な場合もあります。もっと安いところもあって、初めてだからとちょっと高いところをとりましたが、もっと安いところでも十分と思いました。今回は使わなかったけど、一戸建て貸別荘みたいなところも手ごろな値段であるようです。
食費も、一皿の量が多いので(日本の1.5~2倍に感じました)、家族で行けば、野菜料理と肉料理、という風にいろいろ頼んで分け合えるし、日本に比べて特に高いという感じはしなかったです。
味も、私は全部食べやすくておいしく感じました。スパゲティーはゆで方がもっと硬くていいと思たけど、お子さん、お年寄りにはむしろいいかもしれません。
費用の面でない問題では、フライト時間が長いので、小さなお子さんが泣いてしまったり、気持ち悪くなってしまったりした場合に大変になってしまうことなど。時間があったらわざとトランジットを入れて2回に分けるのも、場合によってはありかなあ、などとも考えました。機内食が小さいお子さんの口にあうか、という問題もあると思いました。好きなビスケットとか、水分の無いものを持って乗るのがいいと思いました(大人も)。
行く前に、周りの経験者にいろいろ話を聞いておくのも、すごくためになります(特に治安情報)。

☆信号のタイミングとか、横断歩道の模様とか、日本と違うので、小さいお子さんが一緒の場合は、要注意、と思いました。あと、小さな駅、地下鉄なんかはエレベータ、エスカレーターが無かったり止まっていたりする入口もあり、お年寄りや小さな子は大変かも(日本もおんなじでしょうが)。

☆スーパーが楽しかった
主婦目線なんですけど、やっぱりスーパーは楽しかったです。野菜が違ったり、いろんな調味料を見ると使ってみたいと思ったり、地続きのせいか、スイスのヨーグルトとか、安くてクリーミーでめちゃうまで、幸せでした。

☆一番恋しくなった食品は、水でした。
日本食、一度も食べたくなりませんでした。むしろ、何度も日本食屋さんの前を通ったけど、若い女性がおいしそうに巻きずし食べてたりするのを見て、その米どこの?と思ってしまうのです。唯一恋しくなったのは、日本の水(軟水)の味です。探せばあったんだろうけど、割と普通に売っている水は硬水なんです。
日本は水に恵まれている、っていうのは、ほんとにその通りだったんだなと思いました。それがもったいないことになりませんように、と、祈ります。


スポンサーサイト



岡山市への移住に関する記事を見ました << Home >> チダイズム復活おめでとうございます
Comment







Trackback
原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.