FC2ブログ
ドイツで嵐に逢った時の話
2013/07/05 07:05 | | C:3 | T: 0
ちょうど夏至の頃だったので、とても日が長く、夕方の西日の状態から、夜10時くらいまでうっすらと明るい毎日が続いていました。
そういうのが珍しくて、とてもうれしくて。

ある時、ホテルから歩いて30分くらいのレストランで、のんびり一人で夕ご飯を食べていました。
たいていのお店は外にテーブルを出していて、みんな友達や家族と一緒に、楽しそうにご飯を食べていて。
私もそんな様子を眺めながら、さわやかな外気の中、穏やかにおいしいご飯を食べていました。

taranomearashi

8時か9時頃だったと思うのですが、お勘定を済ませて、さあ歩いて帰ろう、まだこんなに人通りも多いし、今からだったらゆっくり歩いて帰っても明るいうちにホテルに帰れるし、道も単純、迷う心配もないし。
バスに乗らず、歩いて帰ることにして、散歩気分で歩いていました。

そしたら、突然、天気が変わったのです。
雨が降ってきて、空が真っ暗になり、稲光、ものすごい風。
風は今までとはびっくりするくらい違う匂いになり、生臭い感じでした。
傘は持っていたけど、させないくらいの強風になったので、傘を壊すだけだと思いもうさすのをやめ、ビショビショ。
早く帰りたくて、足早に歩いていました。
そしたらなんと、行きとは違う通りを歩いていることに気づきました。
暗くなったせいか焦ったせいか、道を間違えていたことに気付いたのです。

うゎ!こんなとこ知らない、ここどこだろう、真っ暗、誰もいない、、、道も聞けない、どうしよう!
嵐の中、見覚えのないビルが並ぶ、人気の無い暗い歩道、横には広い車道に、高速の車がたまに通るだけでした。
あせりました。

方角は間違ってないかもしれないけど、万が一このまま歩いて行って全く分からないところに出るよりは、引き返そう、たぶん、さっきの交差点で道を間違えたんだ。。。冷静に、冷静に、と、自分に呼びかけていました(笑)。すごくあわてながら。

結局、十分ほど戻ると、記憶にある交差点に戻り、ホテルに続く道と一本間違えた道に進んでいたことがわかりました。
よく見ると交差点の形が、とても複雑なんです。。。きれいな十字路じゃなく。何本もにょきにょき違う道が出ていたりして。

そのあとは落ち着いて歩いてホテルに無事戻ることができて、一安心。ホッ!
テレビを付けると、ドイツ国内で洪水になっているニュース。

うぁーこんな風になってたんだ。。。

翌朝は嘘のように風は止んでいました。

それにしても、急に天気が変わったのでびっくりしたのと。

改めて、天気予報も確かめることもなく、のんびり一人で夜まで外出していた自分はもっと気をつけなくちゃいけなかったんだって、反省。




スポンサーサイト



おすすめ資料があります(汚染地での子供の運動、食品関係) << Home >> 旅先で起きたこと感じたこと その2
Comment
タラの芽天ぷらさん、無事で良かったです( TДT)

急に天気が変わってしまったのですね(>_<。)

怖かったでしょう…

でも、冷静に落ち着いて行動する。勉強になりました。
私、すぐ慌てて、パニックになるから( ̄▽ ̄;)

何より、無事に帰れて本当に良かったですね。ホッとしました☆
2013/07/05 10:11 URL | ミー☆ #R0LnhCPw | 編集
ミー☆さん>

あの天気の変わり方は、、、山の天気みたいでした。

旅行のトラブルって、実はいろいろほかにもあるのです。
知人の話でもすごいこわいのがあって。

やっぱり私みたいに抜けたやつは、相当気をつけなきゃいけないようです(よく、周りの人に、もっとしっかりしろと言われるのよ)

ミー☆さん、むしむしする日々が続くけど、どうぞお体を第一優先で、休み休み、のんびり、ゆるりゆるりと。たくさん眠りましょーね!
2013/07/06 07:26 URL | タラの芽天ぷら #- | 編集
無事でよかったですー
私だったら どうしてただろう?
(因みに ドがつく方向音痴)
それと 私 タラの芽さんは、楽団の人達と大勢で演奏遠征しているのかと思ってました  
1人でドイツに行くなんて 凄い
2013/07/10 10:15 URL | ハレルヤ #R0LnhCPw | 編集







Trackback
原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.