FC2ブログ
謎だわ!!!
2013/02/20 20:10 | 原発
謎だわ。。。

私はずーっと前、学生だったときに、ご指導いただいた先生に、「放射線管理区域には、入らないように」と、指導されました。
あの黄色に黒のマークありますよねー、あれが貼ってある部屋を指して、あれは中で放射線を使っているというマークだから、入らないように。と。
その施設では、放射線治療の研究もしており、そういったことに携わっていた先生方にも、直接いろいろ貴重なお話を聞くことができました。
覚えているのは、ある先生が、放射線治療の研究をしておられるお医者様方のお子さんの男女比がものすごく偏っているんだよ、と言っていたことです。
その時、明確に、お医者さん達は被曝という体に悪いダメージを受けている、だけど、患者さんのために研究しているのだよ、という意味のことをっしゃられ、私は素直に尊敬した記憶があります。

放射線管理区域の定義は、実効線量にして、3月で1.3mSvとのこと。
あれ~? やっぱり謎だわ。
だって、成人でもこの基準なんですもの。私、この基準で仕切った中に入らないようにと指導されていたわけです。

やっぱり謎よ~~~。

『なんで、年間20mSv未満なら帰還できるのかしら。』

年齢制限も無いみたいだし。

うそでしょぉぉぉぉぉぉぉ~~~~~?????!!!!??? って言って良いよねー。

今更そんなこと、って思うくらい、このことについての議論はネットでされてるんでしょうね、されてるんでしょうかね???
私も、いろいろと、調べてはいるんですよ。
だけど、調べて出てくるのは、低線量でも危険はあるという資料ばかりで。

やっぱりこの謎は私には解けません!

だから、以下に、転記させていただくジュネーブ市長の書簡は、納得がいきます。
この文章は、私が加入している、ある研究会の方から、井戸川前双葉町長が拡散を希望されているというコメントとともに頂いたものです。
以下、転記させて頂きます。

_________________________________________

ジュネーブ市長 レミー・パガーニから、前双葉町長 井戸川克隆への書簡

井戸川克隆様
ジュネーブ 2013年2月13日
拝啓
昨年のジュネーブご訪問に改めて感謝申し上げます。Palais Eynard(市庁舎)に井戸川さんをお迎えでき、大変光栄に存じます。
2011年3月に発生した原発事故後、日本国民の皆さんが直面している問題の理解がより深まりました。
1月23日に双葉町長を辞職されたと伺いました。苦渋の決断だったとお察しいたします。井戸川さんは福島県の首長の中でただ一人住民を県外に避難させ、
原発事故の深刻な状況に対し無策、無責任な態度を取る政府、東電を公然と糾弾されてきました。放射能被害から町民の皆さんを守るために、あらゆる措置を講じられてきました。
辞職されたことは残念に思います。
昨年10月にお会いした際、チェルノブイリと日本の避難基準を比較した表を見せて下さいましたね。日本政府が、直ちに健康への影響はないとの見解から、
年間の放射線許容量を20mSvまで引き上げたと知り驚きました。ご存知の通り、ICRPは一般公衆の年間被曝許容限度を1mSvと勧告しているほか
(原発作業員の被曝許容限度は年間20mSv)、子供は大人よりも放射能に対する感受性がより高いことは周知の事実です。また、放射能が及ぼす健康被害についても幅広く論文化されており、
最近ではニューヨーク・サイエンス・アカデミーが2009年に発行した研究書に詳細が述べられています(脚注にあるA.ヤブロコフ博士、A..ネステレンコ、V.ネステレンコ著の
「チェルノブイリ:事故が人々と環境に与えた影響」が該当する研究書です)。そして、多くの独立した研究者が数十年来の研究結果から、被爆に安全なレベルはないと唱えています
(ICRPも閾値なし直線仮説を認めています)。
ICRPが勧告した年間被曝許容限度の引き上げ正当化の立証責任は、日本政府にあります。
しかし、そんなことを実証できるのでしょうか。実際には、これ(1mSv)以下の低線量被爆による健康被害が認められていることから、許容限度などは意味を持たないのです。
政府に福島県民の皆さんがモルモットにされている事態は許しがたいです。事実、政府はIAEAとWHOの協力のもとに、福島県民の健康実態のデータを集めようとしています。
これは人権侵害であり、即刻阻止されなければなりません。
井戸川さんは、今後も政府当局による非人道的な扱いから市民の皆さんを守るために戦っていかれると伺いました。もっと多くの人々が共闘することを望みます。
人々が高濃度汚染地域での生活を強いられていることは到底受け入れられません。
政府と福島県が、双葉町の皆さんを致死的なレベルに汚染された地域に帰還させようと画策していることは狂気の沙汰としか言いようがありません。
また、福島県の約40%の子供達に甲状腺の異常が認められたことは由々しき事態です。
福島県外でも、甲状腺異常の発生率が増加していると伺いました。このような非常事態の中、医療関係者は真実を隠蔽し、被曝の影響を否定しています。
お会いした時にも井戸川さんが強調なさっていた通り、日本人はチェルノブイリから学ばなければなりません。
福島の状況は、住民の皆さんの健康被害の発生頻度を見る限り、チェルノブイリよりも更に深刻に思えます。
ご存知かと存じますが、チェルノブイリ周辺で甲状腺ガンの発生率は 1990年代に入ってから増加し始めました。
双葉町では約300人の住民の皆さんが、福島第一原発の第1号機爆発により発生した高濃度の放射能の灰を浴びたと仰っていましたね。
にもかかわらず、政府や医療関係者は、被害者の皆さんに対して健康調査を実施しなかったとのこと。会合の際お約束しましたが、ジュネーブ市は、医療関係者やIndependentWHOなどを
はじめとする団体と協同して、適切な健康調査が実施されるよう、最大限サポートしていく所存です。他に何か協力できることがありましたら、遠慮なく仰って下さい。
今後益々のご活躍をお祈りするとともに、正義を勝ち取るための戦いに多くの皆さんが団結することを望んでやみません。
くれぐれも健康に留意され、またジュネーブでお目にかかれることを楽しみにしております。
敬具
ジュネーブ市長
レミー・パガーニ

スポンサーサイト



ありがとう、そしてごめんなさい。 << Home >> 2011年3月以降の音楽活動について
原発事故からのがれ東日本から中国地方へ移住。東電、政府、国は事故の責任を取れ!


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © 五線紙と周期律表 All Rights Reserved.